2006年05月

2006年05月31日

今は昔の神田連雀町



・神田連雀町・




それは、現在の神田淡路町・須田町界隈
(神田須和町一丁目と神田淡路町あたりかな)
の、昔の地名です。


この地に立つ、千代田区町名由来板の説明を
簡単にまとめつつ、意見を述べてみます・・・


江戸時代、連尺をつくる職人が多く住んでいたことから、
連尺町(れんじゃくちょう)の名前が付けられました。
連尺町はやがて連雀町の字があてられ、
広く用いられるようになりました。
ちなみに、連尺とは、物を背負うときに用いる荷縄の事です。

明暦三年(1657年)の大火「振袖(ふりそで)火事」の後、
連雀町は延焼防止の火除地として土地を召し上げられ、
筋違橋の南方へ移転させられました。
その際、連尺を商う二十五世帯は、
遠く武蔵野に代地を与えられ、移住しました。

その地は、現在の三鷹市上連雀・下連雀にあたります。

そして、大正十二年(1923年)の関東大震災後、
区画整理がなされて現在の地名に改称されました。

連雀町の人々が、江戸から下ったから、下連雀。
後に、上連雀ができたとも言われています。

今まで紹介した、かんだやぶそば竹むら等、
歴史ある情緒溢れる建築物が、今でも残っているのは、
戦火を免れたからなんです。


では、その辺りを散策してみましょうか・・・




c5d1b7a4.jpg


近代的なビルの間にひっそりと佇む・・・
ノスタルジーだにゃー。




709e5074.jpg


いせ源
都内唯一のあんこう鍋専門店です
保元年(1820年)創業




6e8d9b58.jpg


右から読んで・・・
山本歯科医院




a21e2288.jpg


神田まつや
明治17年創業です




0c6b9105.jpg


旧交通博物館
万世橋からの眺め



明治45年(1912年)、ここに万世橋駅が開業しました。
その跡地が、(旧)交通博物館になりました。
多くの市電の発着地として、
東京でも屈指の交通の要衝として栄えたそうです。



他にも、
明治30年頃より創業している老舗の鶏すき焼きのお店
ぼたんなどがあります。






at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★御茶ノ水・神田 

2006年05月30日

竹むら 神田



神田須田町にある、甘味処


竹むら



前回紹介した、かんだやぶそばの近くにあります。
お蕎麦の後に、甘いものはいかがですか?



19f6d508.jpg



昭和5年創業の、竹むら。
日本情緒があふれていますね。
こちらも、東京都の歴史的建造物に指定されています。

期待通りの、風情ある店内。
場所柄なのか、学生さんが多かったかな。
その後、続々とご年配の紳士が入店されていました。
甘味処とはいえ、女性ばかりではなく、男性も結構多く、
男一人で甘いもの食べてても浮く様な事はありません。


662d0588.jpg


あげまんじゅう430円



席に着くと、桜茶が出されます。
甘いものを頂く前に、程よい塩味で口がすっきりしますね。


熱々のあげまんじゅうはお皿に2つ盛られます。
ハフハフしながら、頂きました。
ごま油の風味があって、油っこさはそんなに感じません。
餡もたっぷりなので、2つでお腹いっぱい!
(さっき蕎麦食べたからねっ)

一緒に出される、何気ないお茶も美味しいんです。


二階は会合に使われるようです。
甘いものを頂きながらの会合って素敵だなあ~ 笑顔
難しい話も、和んじゃいますよね。

あげまんじゅうは、2つからお土産に持ち帰りできます。
期間限定で水ようかんのお土産もありました。
今度は粟ぜんざいにもチャレンジだー 力こぶ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



20df8fc2.jpg


夜の竹むらにもお邪魔しました。
夜の明かりも味わいがあって、素敵ですね


f540a8e9.jpg


さらっとところてんでも・・


と思い注文しましたら、器いっぱいの量!
ナカナカのボリュームなり。


■お店情報


住所 東京都千代田区神田須田町1-19
電話 03-3251-2328
営業時間 11:00-20:00
定休日  日・祝祭日



at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★御茶ノ水・神田 

2006年05月29日

明治時代にタイムスリップ?風情あるお蕎麦屋さん かんだ やぶそば @神田



情緒たっぷりのお蕎麦屋さんははいかが?



かんだ やぶそば




神田淡路町にあり、メトロ丸の内線淡路町駅、または、
都営新宿線小川町駅近く。
または、JR御茶ノ水駅や秋葉原駅からも近いです。

御茶ノ水駅からの場合、右手にニコライ堂を見ながら
左手の坂道を下っていきます。

神田淡路町付近は、戦火を逃れたため、
昔の古い たたずまいを残した老舗がいくつか残っているんですよ。
古い町名は、連雀町。
この地の由来などは、後日改めて紹介します。



6fe1425c.jpg



風格ある店構え。・・・でも、ご安心を。
一歩中に入ると、店員のおばちゃん達が

「いらっしゃあ~ぁい」

と元気な声で温かく迎えてくれます。

明治13年創業。
東京都の歴史的建造物指定を受けた建物なんです。
現在の建物は関東大震災の後、再建したそう。



7676eb0f.jpg



中は結構広く、テーブル席と、奥にお座敷席があります。

お客さんにはお坊さんもいました。この雰囲気にぴったり!



135a8399.jpg



せいろそばを注文。ほんのり緑色で、つやつやです。
よく見ると、ざるの上に、均等に薄く広がっています。
ざる一枚は5~6口ぐらいの量なので、2枚注文してみました。

つゆは辛口。
蕎麦をちょっとだけ付けるだけなので、
蕎麦の風味を楽しむには、ちょうど良い濃さです。



168cd000.jpg



こちらは 天たね
海老がたくさん入っていて、
サックサクの歯ごたえが楽しめます。

また、蕎麦湯も絶品!
つゆを割ると、つゆの繊細な旨みが感じられました。
あぁー何杯でも飲みたい・・・




味もさることながら、
帳場のおばちゃんが、お客の注文を厨房に呼びかける掛け声が
耳に楽しい。
たとえて言うなら、百人一首を読み上げているような。
独特のイントネーションで、詠うように注文を通す。

・・目を閉じると、江戸にタイムスリップしたような錯覚。
創業した明治時代も、
ここで楽しく蕎麦をすすっていたんだろうな・・・。
きっとその頃も、帳場の流れるような掛け声もあったに違いない。


注文をとりに来るおばちゃん達もすごいんです。
帳場近くにずらりと並んでいて、
こちらがちょっと用事があるときなど、おばちゃんの方を向くと、
飛んできます! 笑顔
てきぱきとした動きが、見ていてとっても気持ち良いです。

帳場で会計を済ませ、
おばちゃんたちの
「ありがとう存じますぅ~」コールを
全身に浴びながら、お店を後にしました。

お料理も美味しかったのですが、
何より情緒あるれる雰囲気が楽しかった~ ハート

このムードに浸ってみるのも一興
五感でノスタルジックな世界にどっぷりと浸かれる事でしょう



■お店情報


住所 千代田区神田淡路町2-10
電話 03-3251-0287
営業時間 11:00~19:00 (ラストオーダー)
定休日 無休ですが、年末年始やお盆などのお休みあり




at 21:04|PermalinkComments(4)TrackBack(4)★御茶ノ水・神田 

2006年05月28日

美味新選・新宿タカシマヤ



5月24日(金)~30日(火)まで、
新宿タカシマヤ 10階催会場にて、美味新選
開催されています。



話題のショップや有名店が一堂に終結ということだけあって、
気になっていたお店や、新発見のお店もあり、大満足。

また、時間限定品なんてのは、とっくに売り切れてました。
事前にチェックが必要ですね。

では、私の戦利品などを強引に紹介しましょ! ウインク





ポール・バセットのカフェオレ 650円


4152d22d.jpg


イートインで頂きました。

今年1月に銀座に誕生したバリスタ(コーヒー職人)のお店です。
店名にもなっているポール・バセットさんは、
バリスタの世界チャンピオン!

カフェオレの泡がフワフワで、弾力があります。
とってもクリーミーなカフェオレを最後まで熱々で頂けました。

ポール・バセット銀座店は、
パティシエの辻口博啓さんと
コンビを組んで実現したカフェなんですと!
ポール・バセットさんの絶品コーヒーと共に、
辻口さんが考案したエスプレッソに合うスイーツを頂けるカフェ。
行って見たくなりますね~♪


銀座外堀通りに面したお店ですが、
なななんと、夜の早い銀座で、平日は3:00まで営業!
遅い時間に、美味しいコーヒーと洒落込みたい人には朗報!





かずや 煉カップ 960円


ccfed850.jpg



紫芋・南瓜・抹茶の三種類です。
各日200点限りですが、購入できました。

かずやの煉りが欲しかったのですが、
各日20点で、開店時には行列ができており、
すぐに売り切れちゃったそうです。
すごい人気ですね!

「煉」は、
じっくりと手作業で練りあげて作った新感覚の和菓子です。
煉カップを頂きましたが、口に入れたとたん、
ふわっとやさしい口溶けで、すっきりとした甘さ。
それぞれの素材の味が十分に生かされていました。
とっても上品で美味しい。もっと食べたい~!

銀座かずやで購入できます。
「かずやの煉」は手作りで、長時間練り上げてつくるため
一日192個しかつくることができないそうですよ。


店主は古関一哉さん。
なぁるほど、名前を店名にしたのですね。
やずやとは違うわなっ
日本食の板前の経験を持つ方で、写真を拝見したらば、若い!
20代じゃあなかろうか?


後日、銀座かずやにて、念願のかずやの煉を購入しました。
記事はこちら





オークスハートのデザートビネガー



ed3f2b46.jpg



デザートビネガーとは、
薄めて飲んだり、デザートや料理にかけたりして
気軽に酢を楽しめる商品です。

こちらは、果物をはじめとする原料を発酵させてできた
酢に、その原料と同じ素材を合わせることで、
酸味をソフトにして甘く飲みやすくなっているそうです。

私が購入したのは、飲むレモン&パッションの酢
とっても、さわやか~な酸っぱさが特徴。
そのままでも、ちびちびと飲めそうなぐらい。グラス

色々と試食したのですが、色んな酢がありました。
カシスとか、ブルーベリーとか、ラズベリーなどなど・・・。
びっくりしたのが、牛乳とのブレンド。
まるで、フルーツヨーグルトのような味になりました。

レモン&パッションは、すっきりさっぱりな味で、
酸味も強めなので、
焼鮭にちょっとかけてみても美味しそう。
塩コショウをして、しゃかしゃか混ぜたら、
ちょっとしたドレッシングにもなりますね。

ビネガー専門店、オークスハートは、
高島屋の名古屋・仙台・日本橋・玉川・横浜・大阪・柏
に、入店しているそうなので、覗いてみてもいいかもよ。








at 21:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)徒然 

2006年05月27日

うどん 竹や@湯島



文京区湯島、カレーうどんで有名な・・・



うどん 竹や





場所は、JR御茶ノ水駅の聖橋口改札を降りて、
右手に見える大通り(本郷通)を左に進み、
神田川を眺めつつ、聖橋(ひじりばし)を渡ります。
さらに東京医科歯科大学を過ぎ、交差点を渡って
もう少しまっすぐ進むと、左手に見えてきます。



262ecb90.jpg



店内は広く、奥の方には大きなテーブルもあり、
混んでいても一人客が安心して座れる配置になっています。

7時前に利用したのですが、店内はとても賑わっていました。
何組かのサラリーマンが、ビールとつまみで盛り上がってます。
と、思いきや、一人客も見かけます。
場所柄、学生も多いですし、ご年配もいらっしゃる・・・
そこはもう老若男女が集う、うどんパラダイスです。

メニューに、お酒のツマミも充実。
ランチタイムには、お得なうどんセットもあるようです。

鴨南蛮や冷やしうどん等、惹かれるメニューがずら~り。


「とりあえず、全部お願い!!押忍!!」


・・・という気持ちを押し殺し、
看板メニュー?である、カレーうどんを注文。



03123203.jpg



マイルドな、カレーの香りと共に、登場!
刻まれた長ネギがたっぷりと乗っています。

まずはスープを実食。
・・・美味しい!
そんなに辛くはないです。日本人が好む味。
野菜の甘さが程よく効いて、辛さとのバランスがGOOD。

次に、麺を実食。
・・・旨い!
細めんですが、程よいコシがあって、
スイスイと食が進みます。

もう理性を吹き飛ばして、本能のまま、ガツガツっと。
・・・あぁ美味しかった!

うどんは太麺が好きでしたが、竹やの麺を食べて、
細麺もイイ!笑と思ってしまった。

カレーうどんの美味しさに、
ますます他のうどんメニューも食べてみたい!!
と思ってしまった私。


カレーうどんだけでも、程よくお腹いっぱいになります。

ランチタイムは分かりませんが、
夜はプチ居酒屋と化しているので、回転は悪いかもしれません。

お持ち帰りのうどんもありますよん♪
お家でも、美味しい細麺うどんを召し上がれます ハート




■お店情報


住所 :文京区湯島1-9-15茶洲ビル
電話 :03-5684-0159 
定休日:日曜・祝日 
時間 :[月~金] 11:00~15:00 17:00~23:30
     [土] 11:00~15:00 17:00~21:00 






at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(1)★御茶ノ水・神田