2006年07月

2006年07月31日

中国ラーメン揚州商人

西神田にある中国ラーメン

中国ラーメン揚州商人


JR水道橋駅から、東京ドームを背にして都営新宿線の神保町駅に向かって坂道を5分程下ると、右手に見えてくるのがこちら。

関東を中心に展開しているチェーン店です。
経営者の祖父が中国の揚州から日本に渡ってお店をはじめたのが始まりです。



8b9b3528.jpg



平日のランチタイムに伺いました。

外から見ると、席は少なそうなのですが、カウンター席の奥にはテーブル席も4つほどあり、落ち着いて熱々のラーメンを頂けます。

ラーメンのみかと思いきや、シュウマイ・小龍包・中華ちまき等の点心もあります。



bc7c3066.jpg


坦々麺


けっこう大きなどんぶりに、たっぷりの細麺。
深いゴマの味と、辛味の効いた肉味噌が美味しいです。




7eccb6f9.jpg


ワンタンメン

テーブルには、香酢が置いてあります。
点心に使うとよさそうですね。



7f73d43f.jpg


杏仁豆腐

とってもシンプルな杏仁豆腐ですが、
食べてみると口当たりがババロアのような、まったりとした感じです。
杏仁豆腐自体の甘みは強くなく、ココナッツの味もして美味しいです。
汁の方に甘みがあって、一緒に頂くとこれまたいい感じ。
キンキンに冷えているので、
後味がさっぱりとして丁度良いです。



杏仁豆腐付きのランチセットだったのですが、他にも、チャーハンセット等、ランチのお得なセットがありました。

また、中国人のお客さんも2テーブル程いました。
点心をいろいろつつきながら楽しそうにランチタイムを過ごしていました。
店内の装飾も中国チックなので、まわりから中国語が聞こえてくるとムードがありますね。

HPにクーポン券があります。



■お店情報


住所 東京都千代田区西神田2-1-12 
電話 03-3556-3334
時間 11:00~翌4:00
定休 無休



at 18:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★御茶ノ水・神田 

2006年07月29日

パークハイアット東京 散策

ピークラウンジでのアフタヌーンティーついでに、
ホテル内をちょっと散策して参りました 音符

アフタヌーンティーの記事はこちら





2beb265b.jpg


二階にあるホテルエントランス


クロークと、フロント(41階)に向かうエレベーターがあります。
まるで美術館のようですね。
次第とモチベーションも高まっていきます。

ちなみに、このホテルのインテリアデザインは、世界各国で数々のホテルを手掛けた香港在住のアメリカ人デザイナー、ジョン・モーフォードが担当されています。

「エアーフロー」と名づけられた中央のインテリアは、イギリスのアントニー・ドナルドソンによるデザインです。

茶色を中心とした温かい空間に、浮かび上がるような作品。
柔らかい風が、客人を優しく迎えている感じがします。




0d28746c.jpg


そのフロアに窓があり、下の階にあるフロアを覗けます。

1階には、洒落たデリカテッセン(写真右下)。
52階にあるレストラン「ニューヨークグリル」のシーザーサラダやマッシュドポテトなど、パークハイアット東京でしか味わえない美味をテイクアウトする事ができます!

手前には、水が流れており、滝となって一階に流れています。

滝の横の階段を上ると、洋菓子の店、ペストリーブティック
ホテル内のすべてのデザートやパンを担当するペストリーシェフが作り上げる品々が並んでいます。洗練された色調の中で浮かび上がるスイーツ達は、まるで宝石の様に輝いています。
(写真左側に少し見えるかな)

ウッディー調で温かい雰囲気なので、心が落ち着きますね。




7806b468.jpg


仮面のオブジェ


ホテルの入り口であるデリカテッセンやホテルエントランス、
エレベーター内には、個性的な仮面のオブジェが目に留まります。

この仮面は陶器製で、女優兼芸術家である結城美栄子さんによる作品。

エレベーター内の壁はガラスになっており、四方に飾られた仮面オブジェが合わせ鏡になって、遥か彼方まで、ずっとずっと映し出される姿が幻想的です。



eea13ce3.jpg


鏡ばりの美しい壁


41階から、らせん階段を下ったフロアで、日本料理店や宴会場、チャペルがあります。



20c385bd.jpg



レストラン「ジランドール」


ピークラウンジと同じ、41階にあります。
ここを過ぎると、ホテルフロント。

天井が吹き抜けとなっており、大変開放感があります。
さらに、四方の壁面には国際的女性写真家であるベラ・マーサーによるモノクロ写真がたくさん飾られています。
ヨーロッパのカフェでくつろいでいる人々を撮影したものだそう。
実際こちらでお食事をしたら、まるでヨーロッパにいるような錯覚に浸れそうです。
大きなガラス窓に隣接する席もあるので、新宿の絶景も楽しめますね。

ランチコースは2000円より。
ディナーコースは4000円より。
朝7時~夜の11時までの、オールデイダイニング。


いつか泊まってみたい、憧れのホテルです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その他のホテルでのアフタヌーンティー&お食事・お茶の記事はこちら。

コンラッド東京・アフタヌーンティー

パークハイアット東京・アフタヌーンティー

マンダリンオリエンタル東京・ティータイム

マンダリンオリエンタル東京・アフタヌーンティー

マンダリンオリエンタル東京・「センス」でランチ

グランハイアット東京・「旬房」でランチ

横浜 ホテルニューグランド「ザ・カフェ」でランチ

横浜 ホテルニューグランド・アフタヌーンティー

パンパシフィックホテル横浜・アフタヌーンティー

ウェスティンホテル東京・アフタヌーンティー


クリックすると各記事に移ります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






at 14:31|PermalinkComments(2)TrackBack(3)★新宿・高田馬場 

2006年07月28日

パークハイアット東京・アフタヌーンティー @西新宿

西新宿にあるモダンなホテルパークハイアット東京
41Fにある天空のラウンジで、優雅なアフタヌーンティータイム

パークハイアット東京
ピーク ラウンジ


パークハイアット東京は、新宿新都心の超高層ビル「新宿パークタワー」の39階から52階にある、モダンで素敵なホテルです。

またまた泊まってお茶して参りました。

目指すは、41Fにある「ピークラウンジ」。
午後2時?5時までの間で注文できる、アフタヌーンティー 音符
(土日祝日は12時?5時まで)
とても人気があると聞いていたので、かなり早めに電話予約をしました。
梅雨明けを見込んで、景色の良い席をリクエスト!!
(梅雨はまだ明けませんでしたね?)
電話対応は、とてもエレガント。
予約の旨、お話した後、
「何か他にお手伝いできる事はございませんか?」
という、こちら側から要望を伝えやすい状況を作って頂けるので、ちょっと感動しました。


新宿パークタワーには早めに到着して、3?4階の「リビング・デザインセンターOZONE」(←インテリアショップがいくつかあるのです)内にある、「ザ・コンランショップ 新宿本店」をぶらりと見学。

ちなみに、ザ・コンランショップとは、デザイナーであるコンラン卿が世界中から集めたインテリアアイテムや、自らデザインした商品等を販売しているお店。
初めて名前を聞いたときは、混乱??(私だけ・・?)って思ったり。
商品のディスプレイがとっても斬新で、これまた初めて訪れた時は、ひっくり返りそうになりました。いい刺激になります。



エレベーターで41階へ・・・いざ!!


このビルは、高さの異なる三層のブロックからなるこのユニークな建物。
その一つの層の最上階が、ここ、ピークラウンジになります。

エレベーターを降りると、ガラスのトンガリ屋根からの日差しが入り、明るくて開放的な雰囲気。
リクエストしていた窓際の席に案内されます。
ホテルの椅子っていいですよね・・・こちらもフカフカで幸せです。


早速、メニューにあるピーチローズアフタヌーンティーを注文。
サービス料・税込みで、3300円。



f258e509.jpg


英国風アフタヌーンティー

上から、サンドイッチ2種・焼きたてスコーン
季節のスイーツ(桃のタルト・パウンドケーキ・イチゴのチーズケーキ)
写真は二人分です。

それぞれに、美味しい。
スコーンは2つずつあるので、ボリュームもあります。

あいにくのお天気でしたが、晴れていたら富士山が望めるんです。
他にも、新宿駅側の高層ビル群(東側)、北側にも席があります。



b42a06a4.jpg


ベリーベリージャムとクローテッドクリーム

スコーンに付けて頂きます。
それにしてもた?っぷりで、これまた幸せ・・・



729be9a8.jpg


ピーチローズティー 

ピークラウンジのオリジナルティー。ポットサービスです。
ピーチ・アップル・ハイビスカス・ローズヒップ・レモングラス・
サンフラワーのお茶で、ピーチの甘い香りが広がります。

他にもローズディヴァイン・ヴェルサイユ等、
素敵なネーミングのオリジナルティーがあります。
紅茶は7種類、カフェモカなどのコーヒー類も頂けますよ。

飲み物は、何度でもいただけるのですドキドキ小
もちろん、同じ飲み物以外でもOK!
これだけでも、かなりお得な感じがします。

実は、これだけ・・・ではないんです。

↓↓↓




4827fc94.jpg


シェフ特製のフィンガーフード



35718d82.jpg


シェフ特製のプティデザート


楽しくお茶をしていると、フィンガーフードのトレーや
プティデザートのトレーが運ばれてきます。
それぞれの説明を受けた後、「お好きなものをどうぞ」と。

ついつい、全種類頂いてしまいました。
小さいながらも力持ち!・・・ではなく、美味でお見事!
手を抜いていないというか、一つ一つ、大満足のお味です。


アフタヌーンティーの時間が終わる5時前になっても、
運ばれてきて、一声かけて下さいます。
流石ですね!

ホテルならではの優雅で贅沢なひとときが楽しめました。


ホテル内を散策してみました。記事はコチラ




パークハイアット東京は、新宿高層ビル群の中でも随分と西のほうにあります。
新宿駅南口からは、甲州街道を通って徒歩15分ぐらいでしょうか。
人ごみとは無縁の場所にあるため、ゆったりと時を感じられます。

お天気がいいときは、ぶらりと散策しつつ向かうも良し。
迷いそうだったり、悪天候だったりする場合は、新宿駅から新宿パークタワー行きの無料シャトルバスも出ていますよ。

○シャトルバス案内○
・新宿駅西口「エルタワー」1Fの三菱東京UFJ銀行前から、
 10分間隔(水曜日のみ15分間隔)で「新宿パークタワー」
 行きのバスが出ています。
 乗り場がちょっと分かりづらいのでご注意を。
 「新宿パークタワー」HPのシャトルバス案内




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その他のアフタヌーンティー、ホテルでのお食事・お茶の記事はこちら。

コンラッド東京・アフタヌーンティー

パークハイアット東京・アフタヌーンティー

マンダリンオリエンタル東京・ティータイム

マンダリンオリエンタル東京・アフタヌーンティー

マンダリンオリエンタル東京・「センス」でランチ

グランハイアット東京・「旬房」でランチ

横浜 ホテルニューグランド「ザ・カフェ」でランチ

横浜 ホテルニューグランド・アフタヌーンティー

パンパシフィックホテル横浜・アフタヌーンティー

ウェスティンホテル東京・アフタヌーンティー

フォーシーズンズホテル椿山荘・アフタヌーンティー

上高地帝国ホテルでティータイム

A.C.PERCH'S THEHANDEL TEA ROOM アフタヌーンティー @コペンハーゲン


クリックすると各記事に移ります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






■お店情報


住所 東京都新宿区西新宿3-7-1-2 パークハイアット東京41F
電話 03-5322-1234
時間 (平日)11:00 - 23:30
   (土日祝)10:00 - 23:30
定休 無休









at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(2)★新宿・高田馬場 

2006年07月26日

ビオリーブス・シャンプーリンス

新宿タカシマヤをブラブラしていたら、10Fのリビングコーナーにちょっとしたアロマやハーブティー、ボディーケアなどがありました。

コル(kol)のボディーソープ「ベツレヘム」とか、伊勢丹BPQCでお正月に購入したんですが、ココにもありました!

さてさて、そこで、「ビオリーブス」のシャンプーとリンス(ノーマルヘア用)を購入しました。



127652ce.jpg



夏になると湿疹ができてしまう私の頭皮困った
(・・・軽度ですがアトピー持ちなもので。)

そんな私は、
シャンプーは墨シャンプーやオーブリーオーガニクスのハーブシャンプー。
リンスは過去に紹介した、タウトロッフェンのローズマリービネガーローションを使っています。

オーブリーローザモスクエータ ハーブシャンプーは泡立ちが弱いので、少しずつ泡立てながら丹念に頭皮を洗います。頭皮マッサージができて一石二鳥なのですが、減りが早いのと、ゆっくりシャンプーする時間がない時はめんどくさくなっちゃうのですよね。

タウトロッフェンローズマリービネガーローションは、ロングヘアーだとどうしても、髪のきしみが気になります。でも、頭皮にはとってもいい感じ。
ビネガーの効果と、ローズマリーの効果(頭皮の洗浄と毛根に栄養をいきわたらせる効果)がバツグンに効いている感じがしますね。
アップルビネガーの香りは慣れると全く気になりません。それどころか、リンゴの香りが爽やかで気に入りました。
なので、これ一本でリンスとして使わず、リンスの最後に頭皮をこちらで洗うといった役割にしようと考え中。



さてさて、前置きが長くなりましたが、ビオリーブスとは?
HPから抜粋引用

「ビオリーブス社は、イタリアで1973年の創業、アグロナチュラ農業組合の組合員のひとつとして、ハーブ原料の栽培と化粧品・洗剤の研究開発から生産までを一貫して行っています
イタリア・ピエモンテの明るい日差しをいっぱいに浴びて育った、デメター・バイオダイナミック農法による完全無農薬ハーブ。
手間ひまをかけて作られたハーブ原料は、1700年代そのままの農家屋で、最新の技術によって一本一本大切に製品化されています。
それらすべてのプロセスにおいて、厳格な有機認証基準をクリア。イタリアやフランスの数多くのハーブファーマシーとも取引を行い、その品質は高く評価されています。」


また、ビオリーブスのヘアケアシリーズは、天然の界面活性剤を主要洗浄成分として用い、合成ポリマーやシリコンを用いず、また乳化材等も安全性の高いものを最小限で使用しているため、キューティクルの剥がれ、頭皮のあれ、また化学成分や農薬等の皮膚浸透を最小限に抑える安全性があります。

この言葉にぐぐっときましたドキドキ小



シャンプーは確かに少しきしみますが、慣れれば全く気になりません。
ミントの香りがとっても爽やかで、頭皮をすっきりとさせてくれます。
同じシリーズのリンスを毛先中心に少量なじませれば、指どおり滑らかです。でも、一般的なリンスのような、さらさらではなく、あくまでも自然なさらさら感です。
リンスは、独特の甘い爽やかな香りが強めにしますが、髪になじませていると香りは程よく薄くなって、程よくなります。

一週間ほど使っていますが、なかなかいい感じ。
時々オーブリーを使ったり、リンス後にローズマリービネガーローションを使ったり、色々と楽しんでみようと思いますひまわり


・・全成分・・


ビオリーブスシャンプーノーマルヘア用
蒸留水、ヤシ油脂肪酸Na、サボン草エキス*、オリーブオイル*、セイヨウノコギリソウエキス*、月桂樹エキス*、カレンドゥラエキス*、デシルグルコシド、海塩、コミカドプロピルベタイン、ミントエッセンスオイル*、タイムエッセンスオイル*

ビオリーブスコンディショナーノーマルヘア用
蒸留水、ミント蒸留水*、セチルアルコール(植物性)、ラベンダーエキス*、キュウリエキス*、モモエキス*、ノラニンジンエキス*、乳酸イソステアリル、セトリモニウムクロリド、蜂蜜*、クエン酸、ベルガモットエッセンスオイル*

(*マークはDEMETERとQC&Iの有機認定原料です)


at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美容健康・音楽 

2006年07月25日

老辺餃子館

新宿駅南口から程近い場所にある、餃子が名物の揚州料理店


老辺餃子舘
ろうべんぎょうざかん


「中国老舗・餃子名店・門外不出・秘伝の味
老辺餃子を知らずして餃子の事、語る勿れ」
パンフレットには、自信たっぷりの文字が並びます。

さぞかしお堅いお店なのかと思いきや、ご安心あれ~音符
雑居ビルの3階にある、わいわいがやがや庶民的なお店なんですよ。

では、老辺餃子ってどんな餃子??
パンフレットから、一部簡単要約しつつ抜粋
「餃子の本場中国で一番有名な「老辺餃子」は瀋陽にあります。
老辺餃子は、1829年に河北省出身の辺福という老人が苦心の末、造り出したもので、皇帝からも「当代随一」と絶賛された逸品の餃子です。
この老辺餃子は製法が秘伝にして門外不出とされておりましたが特に当店は友好により、技術提携して、すでに20年に及びます。
その美味「老辺餃子」を召し上がれるのは、日本では当店だけであります」



むむっ!
どうやら老辺餃子が日本で食べられるのはココだけみたいですね。



金曜日の夜利用だったため、二週間ほど前に予約(二時間制でした)して、いざ出陣!
JR新宿駅南口京王デパートのルミネ1前から見える「ファーストキッチン」のあるビルの二つ隣のオガワビル3階にあります。

フロアー全て老辺餃子館。かなり広い店内ですが、すでにお客さんがいっぱいで大賑わいです。
女性の店員さんは、皆さんチャイナドレスを着て、「歓迎」の派手なタスキをかけていたりします。(たぶん中国の方だと思います)
店内もなんだか中国風。中国に来ちゃったような感覚になりますよ。

奥の席に案内されるとき、ガラスで中が拝見できる厨房横を通りました。
本場の料理人が、忙しそうに餃子の皮を作っている様子が伺えます。

メニューですが、「水餃子」と「蒸し餃子」がメイン(焼き餃子はありません)で、他には刀削麺やチャーハン等、そのほかの中国料理も充実しています。
こちらでは、「正宗揚州料理」が頂けるんです。


揚州料理(やんしゅう)とは、
中国の四大料理の一つ江蘇料理の流れを汲み、1600年もの歴史を持っているのだそう。
揚州は、長江の中・下流の中国でもっとも肥沃な地であり、揚州料理は、野・山・河・湖・海の豊富な素材を、これが中国料理かと思わせるほどサッパリと味付けされ、舌応えがあり、日本人の味覚にはピッタリの料理なんだそうです。





4952f99d.jpg


さぁ!水餃子鍋(1850円)が運ばれてきました。
5分程したら、お店の方が蓋をあけてくれます・・・




c2e02832.jpg


うはっ!美味しそう~ドキドキ小


こちらの餃子には味付けがされていて、調味料は用意されていません。

干し貝柱・白身魚・セロリ・海老・白菜
それぞれの餃子が二つずつ入っています。

皮がとても肉厚で、つるつる、もちもちっ!!
中からでてくる、熱々ジューシーなスープがたまらないっ!
それぞれ、何の具か当てながら食べるのも楽しいですね。
味付けはしっかりされていますが、
あっさりとした味で、いくでも食べられそうです 笑顔




c92798e5.jpg


蒸し餃子4ヶ入り820円


色んな種類が入っているMIX餃子を注文しました。
餃子の形だけ見ても楽しいですよ~。
具は11種類あります。

こちらも皮がもっちもち!美味しいですよ~!




9964c330.jpg


刀削麺も、こしがあってつるつるといけちゃいました。



一つ気になるのが「皇帝鍋」
注文すると、ドラの音音量とともに、
「ドワーーン!ドワーーン!」と運ばれてくるんですよ。
メニューの説明には、あっさりとした鍋とありますが、
火力は過激炎炎でした笑。
1250円で、二人前より。
お値段は皇帝価格ではないので、次回は是非ドラの音を鳴らしたい!


初めてお店に行ったときは、3時ごろ一人でぶらりと入店。
ランチタイムと夕食の間の時間だったので、お客さんは少なかったのですが、中国の方のお客さんが目立っていました。
わいわいとおしゃべりしながら楽しそうにお食事されていましたよ。
地元の人にも愛されているお店なんですね 譜面

また、姉妹店である「富春のシウマイ」が新宿新南口駅前(タカシマヤ横)にあります。
中国国家認定・特級酒店のシウマイと揚州料理が味わえるそうですよ。



■お店情報


住所 新宿区西新宿1-18-1 小川ビル3F
電話 03-3348-5810
時間 11:30 - 23:30
定休 無休



at 14:20|PermalinkComments(2)TrackBack(1)★新宿・高田馬場