2007年01月

2007年01月29日

上野の杜・韻松亭 鳥すき焼き

上野公園内にある韻松亭で
不忍池を見下ろしながら夜の食事を楽しむ

上野の杜 韻松亭
いんしょうてい

過去、お昼の会席料理を頂いた、上野の杜・韻松亭(←韻松亭の説明等についてはこちらの記事)ですが、夜のお食事も楽しんでまいりましたので、ご報告。

お昼の会席が、とても大満足だったので、夜メニューである「鳥すき焼きコース」も楽しんでみたくて、機会を狙っていました。
1月上旬の土曜日。
夜の部で、5時~の予約が取れました。


1ca600be.jpg


韻松亭


水打ちされた石畳が、訪れるお客さんを温かく出迎えてくれます。

玄関を入り、名前を告げて履物を脱ぎ、案内されながら、趣のある廊下を進んでゆきました。
お店はかなり広く、お座敷やテーブル席、もちろん個室も用意されています。
私が案内されたお席は、カウンター。
畳に腰かけ、掘りごたつ風に足を下ろします。
目の前からお料理が用意されるのですが、席からは一面ガラス貼りの壁があり、テラスや木々、少し横を向くと不忍池も見下ろすことができます。

5時からの食事でしたので、少しずつ日が暮れて、刻一刻と色味が深まってゆく風景を楽しむ事ができました。

今回お願いしたのは、「鳥すき焼きコース 銀杏 6300円」。
夜のおしながきは他にも、6300円~の会席コースや、鉄板焼き、お座敷天麩羅コース等があります。


お料理の一部のみですが、相変わらずの携帯写真を載せつつ・・・

・・・
・・

前菜に、ちょっとしたお鮨などがのった一皿。
茶碗蒸し。
そして・・・


f56c422f.jpg


こんがりと香ばしく焼きあがった手羽先。
まるで、何度も表面を熱い油をかけてパリッと焼き上げたかのような見事な食感。
もちろん、身は申し分なくジューシー!!

お料理に使われるのは、鳥取県、大山(だいせん)高原の大山鶏です。

次に、湯葉か鶏のお刺身が選べるのですが、ここは迷わず「鶏刺身」。
表面が軽くあぶってあって、肉の甘みと食感が楽しめました。


2efe001d.jpg


白味噌仕立ての椀物。
自家製の生麩が入っていて、とても満足の美味しさでした。


b5ff0554.jpg


いよいよ、鳥すき焼き


肉厚に切られた鶏肉と、自生のクレソン、たまねぎ、自家製の湯葉や生麩が美しく盛られたお皿が登場。


af705d2f.jpg


景色も楽しみつつ・・・



お店の方が、丁寧に鍋を作ってくださいます。


0d0538b6.jpg


まずは鶏肉を味わって・・・


肉厚の大山鶏、驚きです!!
柔らかく、でも歯ごたえがあって、もちもちしているんです。
あぁ・・・美味しい。
一口一口、しっかりと味わって頂きました。

次に、他の具と共に頂きます。
自生のクレソンはクセが無く、美味しい大山鶏にとてもよく合います。


849f7454.jpg


つみれ鍋


こちらのコースは、なんと鍋物が二種類。
とても贅沢ですね。

あっさりとしたダシの中に、とろとろふんわりのつみれが、そ~っと投入されます。
柔らかく、口に入れると旨みがじゅわ・・っと上品に広がります。
そして、はかなく口の中でとろけてゆく・・・。

最後にご飯物。

鍋のお汁で「お粥」か、「うどん」。
もしくは、土鍋で炊いた「鶏の炊き込みご飯」の三種類から選べます。
(お料理の最初に、お店の方から聞かれます)


今回は、「鶏の炊き込みご飯」にしました。

上等な鶏の旨みがたっぷりと溶け込んだ出汁でつくる「お粥」も、とっても魅力的だったのですが、お昼の会席もそうであったようにお料理のボリュームがかなりあるので、残してしまうのではないかと心配して、唯一、お持ち帰りできる「鶏の炊き込みご飯」にしました。

大満足のお料理で、やはり量もかなりあったので、炊き込みご飯にして大正解。
土鍋でたっぷりと炊かれた熱々の、鶏の炊き込みご飯。
お茶碗にほんの少しだけ頂いて、残りはお持ち帰りにして頂きました。

そして最後は、デザート。
前回頂いた、お昼の会席「清流」でも楽しめた、自家製の麩饅頭を頂きました。

素敵な空間で、とても美味しいお料理を満喫。
上野の杜・韻松亭は、贅沢な時間を過ごせます。




■お店情報


住所 東京都台東区上野公園4-59
   地図
電話 03-3821-8126
時間 11:00 - 16:00 / 17:00 - 23:00
定休 年中無休

at 23:25|PermalinkComments(2)TrackBack(1)★上野・谷中 

2007年01月27日

甘味処いり江・門前仲町

門前仲町、蒟蒻・寒天の製造から始まった甘味処

甘味処 いり江

地下鉄東西線・門前仲町駅5番出口から歩いて3分程、深川不動尊からは、お土産屋さんの並ぶ大通りから右手に曲がって少し進んだところに、お店があります。


22c38e8e.jpg


お店の外観


昭和初期から蒟蒻・寒天の製造を始め、昭和45年に甘味屋さんを開店しました。
寒天にもこだわりがあるようですよ。
早速入店してみましょう。


994004c4.jpg


店内は比較的新しい感じ。
土曜の2時頃に利用しましたが、3人ほど店内に並んでいました。
人気店らしく、待つためのちょっとした席もあるので寒い冬でも安心です。
待合室でメニューを見ながら待っていると、10分程で案内されました。


5c59fbb4.jpg


ごまきしめん 630円


冬季限定メニューの、温かいごまきしめんです。
ゴマの香りがただよい、シンプルながらも、ほっとする温かみのある味わいです。


176bc139.jpg


クリームあんみつ 820円


蜜は、白と黒で選べます。

こし餡の舌触りの滑らかさが心地よく、口の中でさらっと溶けてゆきます。
程よい甘さで、くどくないのがいいですね。
北海道十勝産の小豆を使用しているそうです。
みはしのあんみつ」の餡を思い出しました。


71aacd50.jpg


写真では分かりづらいのですが、底には寒天がたっぷりと入っています。
寒天製造に携わっていただけあって、ピーンと張った寒天で、口に含むと、ぷりっとした弾力が楽しめます。
神津島産と大島産の天草を7対3の割合で合わせて作っているそうです。

さらに、豆。
いり江さんでは、豆に一番特徴があると感じました。
まるくて、つやつや、ふっくら。
じっくりじっくりと炊き上げたんでしょうね。
そして、豆の塩っけが甘味に丁度良く合っているんです。
ぴりっと効いた塩味で、あんみつ全体が引き締まっているんですね。
北海道富良野産の赤えんどう豆を使用しているそうです。

メニューには、豆かんもあるので、次回は是非こちらも頂いてみたいと思いました。

あん豆かんや杏あんみつ等のお持ち帰りもできますよ音符
帰りには門前仲町の下町風情を味わいながら、深川不動尊にお参りするのも良いですね。





■お店情報


住所 東京都江東区門前仲町2-6-6
    地図
時間 11:00~19:30
    11:00~18:30(土日)
電話 03-3643-1760
定休 月曜




  

at 12:22|PermalinkComments(4)TrackBack(2)★墨田・北・足立・江東区 

2007年01月23日

近江屋洋菓子店 本店・神田淡路町

レトロな雰囲気が素敵!日本メイドの洋菓子店

近江屋洋菓子店

過去の記事でご紹介しました、神田は連雀町。
現在の神田淡路町、外堀通り沿いにたたずむビルの一階に、素敵な老舗洋菓子店があります。

土曜日の1時過ぎに、入店。
ケーキのテイクアウトと、店内でランチ(ドリンクバーとパン)を頂いてきました。


5a063cdb.jpg


ガラス貼りの入り口


お店の歴史は深く、明治17年(1884年)、本郷に近江屋麺麭店として創業しました。

二代目はアメリカに渡り、洋菓子を学び帰国。
昭和22年(1947年)頃、三代目となって、現在の神田に店舗を構え、パンより洋菓子にウェイトを置くようになり、近江屋洋菓子店となりました。

初代の妻が滋賀県の彦根出身で、商人の鑑とされる滋賀の「近江商人」にあやかりたいという想いから、「近江屋」と名付けたそうです。

昭和41年(1966年)に現在の建物に建て替え。
1Fが店舗、2Fが工場になっています。


ガラスの扉を開け、店内に一歩入ると、そこは昭和。
一般的な洋菓子屋さんの雰囲気とは一味違い、ターコイズブルーの高い天井。
広々とした店内の右手には、所狭しと自家製ケーキや焼き菓子が並べられたショーケース、左手にはパンやアイスクリームボックスが並んでいます。

ケーキはもちろん、パンやドリンクを店内奥のイートインスペース(テーブル席とカウンター席あり)で頂けます。

入ったパンを選び、カウンターでお会計。
そこで、ドリンクバーも注文します。
とっても可愛らしいカップを渡されるので、セルフサービスで飲み物を取るのですが・・・。


a8c34b2a.jpg


パンとジュース用の素敵なカップ


なんと!こちらのドリンクバーは、630円で、おかわり自由の飲み放題なんですよ~音符


9cdd5a83.jpg


魅惑のドリンクバー


飲み物は種類が豊富!

よく冷えたフルーツジュースだけでも・・・
メロン・ストロベリー・マンゴスチン・パイナップル・キーウイ・グレープフルーツ

そのほか、温かい飲み物は・・・
珈琲・紅茶・ホットミルク・ホットチョコ

なんと驚き!こちらのドリンクバーには、熱々の具沢山ボルシチまであるんですよ~。
もちろんボルシチも飲み放題です。

(ホットやボルシチ用のカップも置いてあります)

飲み物が少なくなってくると、すぐに店員さんが補充してくれるので、安心です。
フルーツジュース類は、ちゃんとその場でフルーツをミキサーにかけてフレッシュなジュースを作っているんです。

また、イートインの椅子は大振りで背もたれもあり、カウンター席でもゆったりと食事を楽しむことができます。
土曜日の昼下がり、私を含め、一人客も結構いました。


de52eb27.jpg


ボルシチ


大きくカットされた、にんじん、じゃがいも、キャベツに牛肉が入っています。
手作り感のある素朴な味で、心も温まります。


936e6b46.jpg


ケーキが沢山並んだショーケース


横に長いショーケースで、ケーキを選ぶときは思わずウロウロ。
今風の繊細で洒落たケーキではなく、昔ながらの温かみのあるオーソドックスなケーキが、ショーケースいっぱいに並べられ、見ているだけでも楽しくなります。
お客さんもケーキを買い求めにひっきりなしにやって来るので、どんどん売れていきます!

店員さんの制服も、いい味だしているんですよ。
女性は白いブラウスと濃紺のワンピース?に、白いエプロン。
私の知人曰く、「ゴスロリ風」・・・困った
(期待しないで下さいね。あくまでも個人意見ですっ)
少し年配の男性は、蝶ネクタイがとても似合っていました。

アキバのメイド喫茶も良いですが、秋葉原から少し歩いた神田にも、こんな素敵な喫茶がありますよ音符


f0010e6c.jpg


お持ち帰り


袋のデザインも、いい味出していますね。
右から、屋江近。
英語も味わいたっぷり。
本店の住所も、「神田連雀町」と、昔の呼び名になっています。


794deee5.jpg


アップルパイ


近江屋洋菓子店いちおしの、カルピスバターをたっぷりと使ったパイ生地に、りんごのフジを使用したアップルパイです。
シンプルなパイに、程よい酸味と甘さのリンゴがたっぷり。
さっぱりとしていて、美味しいんです。

もちろん、フルーツシャンテなども、フルーツの味わいとスポンジのしっとり具合が良い感じで、美味しいですよ!


お店の最寄駅は、地下鉄メトロ丸の内線の淡路町駅、営団新宿線の小川町駅ですが、御茶ノ水駅からも坂を下って行ける距離ですし、秋葉原電気街からも近く、便利な場所にあります。

あ、支店の本郷店もあります。

お近くに来られた際に、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうドキドキ小



■お店情報


住所 東京都千代田区神田淡路町2-4 
時間 9:00~19:00
    10:00~17:00(日祝)
電話 03-3251-1088
定休 無休



at 22:25|PermalinkComments(4)TrackBack(1)★御茶ノ水・神田 

2007年01月20日

日本橋で、アンモナイト化石を探せ!!

東京は日本橋に、あのアンモナイトの化石?!
と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが・・・

アンモナイト化石を探しに、
いざ!日本橋へ!

アンモナイトを探すため、日本橋をてくてく歩いていると、猛獣に遭遇!!


78d41574.jpg


ガオー!!


飼いならされている様で、幸いにも襲ってはきませんでした。

こちらのライオンが門番をしているのは、おなじみ日本橋三越本店。
ロンドンのトラファルガー広場のライオン像を模した青銅製で、「気品と勇気と度量」の象徴として、1914年(大正3年)、本館正面玄関に設置されました。

このライオン像は「合格祈願の像」として有名らしく、なんとっ、誰にも見られずに背にまたがると願いが叶うと言い伝えられているそうで、特に受験生の間で人気があるそうな。
気になる方、こっそりとどうぞ!!



ライオンは、アンモナイトを咥えている様子もないので、初売りで賑わう日本橋三越本店に入ってみましょう。

・・・
・・

すると、天女がおでましだ!!


626fa023.jpg


ガオー!!


中央ホールの吹き抜けで、優雅に舞う天女。

福島県相馬市出身の彫刻家である佐藤玄々(さとうげんげん←お名前が素敵♪)さんの作品「天女(まごころ)像」です。
佐藤玄々(1888~1963)さんは、仏師の家で生まれ、フランスに留学してロダンの後継者ブルーデルに師事。
独自の作風で、古典彫刻に新風を吹き込んだ方だそうです。


そんな彼が、約10年の歳月をかけて完成された大作です。
株式会社三越創立50周年記念事業の一つとして、1960年(昭和35年)に設立されました。

豪華で華やかな像の裏側を覗いてみると・・・

a9011f4a.jpg


像の背面のほんの一部


それはそれは細かくて繊細で美しくて・・・しばし見とれてしまいました。

こちらにもアンモナイトは隠されていないようです。

中央ホールには、重厚感のある大理石がふんだんに使われていて、歴史を感じさせられます。
婦人靴コーナー側の大理石にふと目をやると・・・。


69837fdc.jpg


発見!アンモナイトの化石


初売りで賑わう人の邪魔にならぬように、こそこそと大理石を眺めてみた。さらに、手すりや地下に下る階段や壁などを見てみると・・・

e0d77242.jpg


これはかなりでっかい!!


3056377c.jpg


渦巻きが分かりやすいですね


写真のほかにも、まだいくつか発見できました。
これは楽しいぞ~ドキドキ小


アンモナイトについて少し・・・

アンモナイトは、古生代(6億年~2億年前)の中頃に出現し、中生代(2億年~6500万年前)の終わり頃に絶滅した、海中に生息していた有殻の頭足類の、軟体動物です。
うーむ、化石なだけに、気が遠くなるほど昔の話ですね。
アンモンガイ、和名では菊石と呼ばれています。

成長するにつれて、外側に部屋をふやしていき、直径数センチのものから、大きいものではなんと、2.5メートルになるものも知られています。
進化の速度が速く、広く分布するため、地層の時代を決めたり、対比(同時性を確かめること)したりするのに、大変重要な化石なんだそうです。



ではなぜ大理石に化石が混じっているんでしょう??


黄褐色や赤褐色の、イタリア産の大理石中によく見られるんだそうです。
イタリア産の大理石中に見られる理由として、アンモナイトが生きていた当時のアルプス山脈やその南側の地域は深い海になっていて、そこに石灰質の泥がたまり、時折アンモナイトの遺骸が紛れ込んだためと考えられているから。



実は日本でもアンモナイトが良く見つかる地域があります。


それは北海道。
(さすが!でっかいどう!←関係ないですな)
北海道は、世界的なアンモナイト産地の1つで、600種類以上のアンモナイトが発見されているそう。
(そんなに種類があるんですね!)
なぜ北海道なのかは、先ほど述べたイタリアと理由が似ています。


北海道でも発掘される地域は限られています。
(浦河から日高山脈~宗谷の中央部の縦のライン地域と、釧路、根室付近)
アンモナイトが生きていた時代、北海道西部はアジア大陸と繋がっており、東側は海でした。
アンモナイトの産地は、ちょうど大陸と海溝の間の盆地状にあたる部分で、この盆地に泥や岩が厚く堆積し、約8000メートルを超す地層となり、アンモナイトなど多くの水中生物の死がいが化石となって封じこめられたという訳。
(サイト:「北海道人」参考)


気が付けば日本橋からイタリア、北海道に話が膨らんでしまいましたね{~ウインク}


日本橋三越本店の建物は、1935年(昭和10年)に建てられました。
この重厚感のあるイタリア製大理石は、アンモナイトの化石だけではなく・・・


cdef3b6f.jpg


ベレムナイトの化石


ベレムナイトとは・・・

古生代(6億年~2億年前)の終わりに出現し、ジュラ紀・白亜紀に栄え、新生代はじめに絶滅した、アンモナイトと同様の頭足類に属する生物です。
その形が矢の先に似ていることから、矢石とも呼ばれています。

体内に、三部分に分かれた殻をもち、化石では普通一番硬い先だけが残ります。
軟体部を持つ化石には4~5対の腕と、スミの入った器官もあり、イカの祖先にあたると考えられています。


すごいですね!
イカの祖先が今とそんなに変わらぬ姿で大昔にゆうゆうと泳いでいたんでしょうね~。


今回は日本橋三越本店に伺いましたが、近くにある日本橋高島屋本店に使われている大理石でも、アンモナイト等の化石を見つけることができます。
どちらも、デパートの案内所にて伺うと、場所を親切に教えて下さいますので、日本橋でのお買い物ついでに是非!恐竜達が暮らしていた時代の、化石ウォッチングも楽しんでみてください。


今、私達人間は、地球温暖化という大きな問題を地球に負荷させています。
恐竜達に怒られないように、小さな事でも出来ることをやっていかなければ・・・。




■場所情報


住所 東京都中央区日本橋室町1-4-1
   日本橋三越本店内 (地図)
電話 03-3241-3311




at 19:30|PermalinkComments(2)TrackBack(1)★日本橋 

2007年01月13日

マンダリンオリエンタル東京・アフタヌーンティー

38階にあるオリエンタルラウンジで、
夜景も楽しみながら優雅にアフタヌーンティー

マンダリンオリエンタル東京
オリエンタルラウンジ

日本橋三井タワーの最上階、38階にあるマンダリンオリエンタル東京のラウンジで、アフタヌーンティーを楽しんでみてはいかがでしょうか。
冬は、日が短くなりますね。
こちらのホテルのシックなラウンジで頂くアフタヌーンティーは12時~17時まで・・・。
そう、この時期ならではのお楽しみ!
サンセットを楽しみつつ・・・きらめく東京の夜景に酔いしれながら・・・アフタヌーンティーが楽しめるんです。

前回、こちらのラウンジでお茶を頂いた際、雰囲気もサービスも良かったので、今回はアフタヌーンティーを頂きに伺いました。
お値段は3500円。


前回の記事はこちら。

お正月、日本橋でアンモナイト探し(後日アップ予定)の後、予約なしでうかがったところ満席で、名前を告げて20分ほどホテル内をのんびりと散策。
4時過ぎに席に着きました。


4f38cab8.jpg


4時半頃


だんだんと日が落ちて、空の色が少しずつ深みを増してゆきます。
窓際ではなくても、広くゆったりとした席から景色を充分に満喫できますよ。


935ec3ab.jpg


一杯目の飲み物


オリエンタルラウンジ、オリジナルのウーロン茶。
ウーロン茶とプアール茶のブレンドに、ライチの香り付け。
まさにオリエンタルなドリンクですねー。
爽やかなライチの香りと、落ち着いた深みのあるプアール茶、ウーロン茶が、胃をすっきりとさせてくれて心地よい美味しさです。

お砂糖は、木製のスティックに可愛らしく絡まっていて、好きな分だけ溶かして甘さを調節します。

こちらのアフタヌーンティーは、メニューに載っている多くの飲み物(珈琲・紅茶だけでも20種類はあります)を好きなだけ選ぶことができます。
今回は、4時過ぎ~6時過ぎまで利用して、3杯(3種類)頂きました。


ホットチョコレートは、とってもクリーミー。
ミルクたっぷり、甘すぎずマイルドなので、スイーツと共に頂いても邪魔になりません。

スイーツを少しずつゆっくり楽しみながらお茶を飲み、飲み物が残りわずかになってくると、オリエンタルムードあふれる制服を素敵に着こなしたスタッフが「次のお飲み物は如何致しましょうか?」と、飲み物メニューを持ってきて下さいます。

気兼ねなく追加の飲み物を頂けるような雰囲気で、スタッフのさりげないサービスには感心させられます。


9ee64d57.jpg


サンドイッチとフォカッチャ


それぞれに手が込んでいて、とても美味しいです。
パンの程よい柔らかさが、ジューシーな具をしっかりと優しく受け止めて、そのバランスが丁度良いんですよ。
もっと食べたいな~!という気持ちを抑えて、スイーツに突入です。


1743100d.jpg


マフィンに付ける、ベリージャム・チョコレートクリーム・クローテッドクリームがたっぷりと用意されます。


426c79c8.jpg


マフィン


プレーンとクランベリーマフィン。
質の良い卵黄をたっぷり使用した感があり、何もつけなくても充分にその味わいを楽しめました!
・・・でも、色々付けて楽しんじゃいますよ~。

1591f053.jpg


ライチゼリーにストロベリーソースを絡ませた、お口直し。
程よく酸味があって、さっぱりとします。


0df4d5ad.jpg


プチフルール


マンダリンホテルのアフタヌーンティーといえば、こちらです!
オリエンタルムードたっぷりの素敵な器にちょこちょこと可愛らしくデザート達が乗っかっています。

ちょこんと折鶴が添えられていて、これまた可愛らしいですねドキドキ小


ca25f101.jpg


マロンのパイ


ひとつひとつ取り出して、お皿の上に乗っけて頂きます。
どれから食べようか、かなり迷ってしまいました。

まずは、マロンのパイ
びっくりする程サックサクのパイ生地に、小さなモンブラン。
栗の上品な甘みと旨みがしっかりと伝わります。

他には、ふかひれ入りマンゴープリン
(中段の真ん中)
面白い組み合わせですね!
ふかひれの食感が面白かったですよ。

ゴマプリン
(下段真ん中)
表面にはカスタードクリームソースがたっぷりとかかっています。
スプーンですくうと、黒ゴマのプリンがお目見え。
ソースと絡めて美味しくいただけます。

抹茶のシフォンケーキ
(下段の右側)
フワフワのおいしいシフォンケーキでした。

シュークリーム
(中段の右側)
たっぷりのクリームには、ふっくらと小豆が沢山!

どれもちょっぴり和テイストで、なかなか他では味わえない個性的なアフタヌーンティーセットでした。

一つ一つ、しっかりとした食べ応えもあるので、お腹も一杯になります。
夕食は、さらっとお茶漬けがベストかとウインク

ホテルならではのサービスとシックな雰囲気に、日本橋38階からのサンセット、さらには美味しいアフタヌーンティーセット・・・。
大満足のひと時が味わえると思います。


アフタヌーンティーは12時~17時までですが、17時までに注文すれば良いみたいですよ。
4時過ぎ~6時過ぎまで、楽しませて頂きました。

あ!こちらの階にあるレストルームも是非利用してくださいね。
ガラス貼りの壁からの眺望は最高ですよ!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その他のアフタヌーンティー、ホテルでのお食事・お茶の記事はこちら。

コンラッド東京・アフタヌーンティー

パークハイアット東京・アフタヌーンティー

マンダリンオリエンタル東京・ティータイム

マンダリンオリエンタル東京・アフタヌーンティー

マンダリンオリエンタル東京・「センス」でランチ

グランハイアット東京・「旬房」でランチ

横浜 ホテルニューグランド「ザ・カフェ」でランチ

横浜 ホテルニューグランド・アフタヌーンティー

パンパシフィックホテル横浜・アフタヌーンティー

ウェスティンホテル東京・アフタヌーンティー

フォーシーズンズホテル椿山荘・アフタヌーンティー

上高地帝国ホテルでティータイム

A.C.PERCH'S THEHANDEL TEA ROOM アフタヌーンティー @コペンハーゲン


クリックすると各記事に移ります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






■お店情報


住所 東京都中央区日本橋室町2-1-1
電話 03-3270-8800
時間 10:00 - 24:00
    アフタヌーンティーは12:00~17:00
定休 無







at 11:44|PermalinkComments(4)TrackBack(5)★日本橋