2007年11月

2007年11月19日

上高地2007・9 -美味!嘉門次小屋の岩魚塩焼き-

美味!嘉門次小屋の岩魚塩焼き

今回も、囲炉裏で焼いた美味しい岩魚を食べたくて、明神池の入口近くにある嘉門次小屋(かもんじごや)にやってきました。


137de877.jpg


嘉門次小屋オープンテラス


去年は土曜日に利用したため、お昼ごろには席がほぼ埋まっている状態でしたが、今回は平日。
1時頃の様子ですが、充分席に余裕があります。
席を確保してから正面奥の小屋(こちらにもテーブル席があります)のレジで注文し、席番号を告げて席で待ちます。


ea4359b4.jpg


歴史ある古い看板がいい味だしてます


香ばしい香りのする右の方に進むと・・・


a202b9cd.jpg


囲炉裏の間


脇には小川が流れていて、柵で囲った場所で養殖の岩魚を一時放流しています。
今回もお邪魔して囲炉裏の写真を撮らせてもらいました。


586c7fed.jpg


岩魚の囲炉裏焼き・・・・



c80e6132.jpg


こうやって常に焼き加減等を調節されています。
囲炉裏の上には、狩猟の道具などが飾られていました。
明治13年(1880)に建てられた時のままの雰囲気を保っている嘉門次小屋では、宿泊も出来、夜は団欒の場として楽しめるそうです。

おとなしく席に戻って、焼きあがるのを待ちましょう。


c2a58e56.jpg


イワナの塩焼き 900円


当然、熱々を両手で掴んでガブッと頂きます。

あぁ・・・・幸せ~!


頭から尻尾まで、美味しく頂きました。

メニューは他にも、蕎麦や定食など。
お酒やおつまみ、チーズの燻製もあります。
お酒飲めませんが、チーズの燻製、気になります。


375f36d1.jpg



時折吹く風が、段々強くなってきました。
台風を思わせる怪しい風です。
そろそろ明神橋を渡って桂川左岸コースで河童橋まで戻りましょう。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2006年上高地の旅記事



2006上高地 東京からの道のり編

2006上高地 河童橋~大正池 編

2006上高地 五千尺ホテル宿泊 編

2006上高地 河童橋→明神池(右岸コース散策)編

2006上高地 嘉門治小屋で焼き魚に舌鼓 編

2006上高地 明神池 編

2006上高地 明神池→河童橋(左岸コース散策)編

上高地 マガモ 編



2007年上高地の旅記事


1上高地2007・9 -上高地到着まで-

2上高地2007・9 -河童橋から大正池への風景-

3上高地2007・9 -上高地2007・9 -上高地帝国ホテルで一休み-

4上高地2007・9 -上高地2007・9 -明神池へ・・右岸コース-

5上高地2007・9 -上高地2007・9 -明神池の風景-

6上高地2007・9 -上高地2007・9 -美味!嘉門次小屋の岩魚塩焼き-

7上高地2007・9 -上高地2007・9 -桂川左岸コース・・河童橋・・帰宅の途-


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










at 21:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)★長野県・上高地 

2007年11月18日

上高地2007・9 -明神池の風景-

上高地2007・9 -明神池の風景-


世の中は11月ですが、このブログはまだ9月上旬・・・。
のろのろ更新でございます。
では、上高地散策続きます。


ゆっくりと右岸コースを楽しんで、2時間ほどで明神池に到着です。
ここは、穂高神社奥宮。
海陸交通守護、北アルプスの総鎮守です。
受付で、見学料300円を支払い、早速明神池を見物しましょう。


71bfda09.jpg


去年はなかったのですが、可愛らしい舟が浮かんでいました。
お舟祭りに使われる舟かな?

「お舟祭り」とは、毎年10月8日に、二艘のお舟を池に浮かべて山の安全を神に祈る穂高神社奥宮例大祭のこと。
平安装束の神官が雅楽の調べとともに2艘の舟で池を周遊するのだそうです。



f1490eae.jpg


静かで、透明で・・・



011baad7.jpg


目の前には、雄大な明神岳



aec1b9d0.jpg


明神岳から流れ出た宮川谷の伏流水が湧き出し、美しい明神池を創っています。


1598493a.jpg


去年も被写体になってもらった魚


てっきり岩魚だと思っていたのですが、模様が違いました。
岩魚は黒肌に白の点々。
こちらは黒の点々ですね。
私が思うに、多分サケ目サケ科の「ブラウントラウト」かと。

ブラウントラウトはヨーロッパ原産種で、アメリカからカワマスが移入された際に混入した外来種なんです。


66ed41dd.jpg


神秘的な一之池



e9590e49.jpg


風が吹くと、見事な波が現れます。
真ん中には、おなじみマガモ。


225c8179.jpg


岩や小さな島が点在する二之池


まるで、自然が創りだした日本庭園のよう。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2006年上高地の旅記事



2006上高地 東京からの道のり編

2006上高地 河童橋~大正池 編

2006上高地 五千尺ホテル宿泊 編

2006上高地 河童橋→明神池(右岸コース散策)編

2006上高地 嘉門治小屋で焼き魚に舌鼓 編

2006上高地 明神池 編

2006上高地 明神池→河童橋(左岸コース散策)編

上高地 マガモ 編



2007年上高地の旅記事


1上高地2007・9 -上高地到着まで-

2上高地2007・9 -河童橋から大正池への風景-

3上高地2007・9 -上高地2007・9 -上高地帝国ホテルで一休み-

4上高地2007・9 -上高地2007・9 -明神池へ・・右岸コース-

5上高地2007・9 -上高地2007・9 -明神池の風景-

6上高地2007・9 -上高地2007・9 -美味!嘉門次小屋の岩魚塩焼き-

7上高地2007・9 -上高地2007・9 -桂川左岸コース・・河童橋・・帰宅の途-


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★長野県・上高地 

2007年11月11日

上高地2007・9 -明神池へ・・右岸コース- 

at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★長野県・上高地 

2007年11月04日

上高地2007・9 -お気に入りのお宿・五千尺ホテルに泊まる-

今回の旅のお宿は・・・

上高地五千尺ホテル

前回の宿泊でとても好印象だったので、今回も迷わず五千尺ホテルにしました。

e6509dc7.jpg


時期によるかもしれませんが、静かでゆったりと過ごせる快適な宿です。

ちょっとしたサービスも心に響きます。
冷蔵庫に入っている飲み物は無料なのですよ。
前回は、小さいサイズの瓶入りリンゴジュースが入っていたのですが、今回は無くて、かわりに「なっちゃん」が入っていました。
他に、ペットボトルのお茶数本とビール二本。
リンゴジュースがなくなっていたのは残念でしたが、その分、ラウンジで美味しいケーキと共にリンゴジュースを堪能しました。

散策用の熊避けのためのカウベルや、虫除け、ポンチョや傘も貸してくれます。

そして、お食事もとても美味しいんです。
去年も書きましたが、チェックイン時に食べ物のアレルギーや嫌いなものを聞かれます。
細かい配慮が嬉しいですね。
さらにお皿に盛られる美味しいお料理たちは、上高地の半径90km以内のエリアを独自の食材圏とし、そこで採れた素材なんですよ。
旅に出て、その土地のものを頂く・・・。
当たり前の事かもしれませんが、それがなによりのご馳走。

お料理に使われるお水も、上高地六百山の天然水を使用。
お部屋にもその冷たいお水が用意されています。


なので、五千尺ホテルでのお食事も今回の旅のお楽しみの一つでした。
フランス料理のフルコースですが、ちょっと和テイストもあって、なじみ易い味です。
そして気取らずまったりゆっくりと楽しめるのがいいですね。
コースにデザート盛り合わせがあるにも関わらず、食後の飲み物が出された時に、「好きなだけおとりください」と、五千尺ホテル特製のクッキーがトレーに沢山のって運ばれてきます。
お腹もいっぱいになったので、遠慮がちに二枚ほど頂くと、お部屋に持って帰って構わないので、どうぞどうぞ~と薦められ、遠慮なくもう少し頂きました。

身も心もお腹一杯のひとときでした。


食後、外にでてみると河童橋周辺の宿の明かりのみで空は真っ黒。
夜空をさえぎる光はほとんどありません。
曇り空でしたが、雲の隙間から美しく輝く星達がたくさん!
ほんのひと空間でしたが、星だらけ!
星の瞬きがはっきりと分かります。
これだけの星々を眺めていると、美しい・・・を通り越して、古代から人間が抱く自然に対する敬意の念、「おそれ」というものを感じました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



23d5aff9.jpg


おはようございます!


翌朝。
しゃきっと冷えた空気に、身がひきしまります。
朝食前のホテル周辺の散策です。


bda85330.jpg


そばを流れる小さな川も、キーンと冷えています。


3598ccb3.jpg


美味しそうな実・・・



9317188a.jpg


美味しそうな花・・・


おっと危ない!
世界最強といわれる有毒植物である、ヤマトリカブト(山鳥兜)です。
ヤマトリカブトは特に毒性が強く、花粉がハチミツに混ざると、食べて中毒をおこす恐れもあります。

毒の成分であるアルカロイドの一種の「アコニチン」は、全草(特に根)に含まれています。
食べると嘔吐や下痢・呼吸困難などから死に至ることもあるので、ご注意を!
漢方薬としても使われています。


去年と同じ場所を探してみたら、沢山咲き誇っていました。
ちなみに、花言葉は「人間嫌い」。


dc80d0d5.jpg


マガモさん、朝食中。


私も朝食をとりましょう。

五千尺ホテルの朝食も、とても美味。


食前の安曇野産フレッシュジュース

朝とり健康卵料理 信州高原野菜のソテー添え

ホテルオリジナル焼きたてパン

さつまいもの甘みをたっぷりいかした五千尺伝統の豚汁

シェフこだわりのモーニングデザート&フルーツ

コーヒー又は紅茶



一部、写真でご紹介です。

卵料理は、スクランブルエッグかオムレツか選べます。
画像はありませんが、信州産の美味しいお野菜ソテーと共に、とても美味しく頂きました。


0104fda7.jpg


焼きたてパン


リンゴジュースとともに頂きました。
そのままでも香ばしくてとっても美味しいのですが・・・


46c7aa90.jpg


こちらの五千尺ホテルオリジナルのジャムがまたとっても美味しい。
信州特産のサンフジ種の、リンゴの実が入ったリンゴジャム・長野県特産の杏ジャム・はちみつ。

どれも、甘さ控えめで、素材の味が引き立っていました。


bbc249d0.jpg


五千尺伝統の豚汁


今回も楽しみにしていました!豚汁です。
大きな鍋に、たっぷりと煮込まれた豚汁を好きなだけいただけます。
すりおろしたサツマイモが入った具沢山の熱々豚汁は、寝ぼけた体にとっても優しく浸透していく感じがします。

胃袋が許す限り、何杯でも頂きたい・・・。


f037e5d9.jpg


モーニングデザート


なんとも幸せな、朝っぱらデザート。
ヨーグルトにも、ジャムを加えて味の変化を楽しみました。

美味しくて、ついつい食べすぎ。
チェックアウトの準備をして、荷物を宿に預けて本日の散策と参りましょう。
お天気は曇り時々晴れ。
どうやら関東地方には台風が接近しているらしい・・・??。
ま、帰りの便がどうなるかは運にまかせて、上高地を楽しみましょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2006年上高地の旅記事



2006上高地 東京からの道のり編

2006上高地 河童橋~大正池 編

2006上高地 五千尺ホテル宿泊 編

2006上高地 河童橋→明神池(右岸コース散策)編

2006上高地 嘉門治小屋で焼き魚に舌鼓 編

2006上高地 明神池 編

2006上高地 明神池→河童橋(左岸コース散策)編

上高地 マガモ 編



2007年上高地の旅記事


1上高地2007・9 -上高地到着まで-

2上高地2007・9 -河童橋から大正池への風景-

3上高地2007・9 -上高地2007・9 -上高地帝国ホテルで一休み-

4上高地2007・9 -上高地2007・9 -明神池へ・・右岸コース-

5上高地2007・9 -上高地2007・9 -明神池の風景-

6上高地2007・9 -上高地2007・9 -美味!嘉門次小屋の岩魚塩焼き-

7上高地2007・9 -上高地2007・9 -桂川左岸コース・・河童橋・・帰宅の途-


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



記事の更新が遅れて、すっかり二ヶ月前の内容になってしまいました。
きっと今頃の上高地は紅葉(黄葉?)が美しいのでしょうね。
そして、今、雪化粧の穂高が望めます。
今シーズンは、11月15日(木)の上高地閉山祭ぐらいまでですのでご注意を。







at 10:43|PermalinkComments(5)TrackBack(0)★長野県・上高地