2007年12月

2007年12月12日

お酢もいちおし!和食カフェ・まるさんフーズmarusan@下北沢

スタイリッシュなカフェで、酢の美味しさ再発見!

和風レストラン&カフェ marusan
まるさんフーズ

こちらも下北沢のヘルシーな和定食が頂ける素敵なカフェです。
場所は下北沢駅の南口を出て、数分。
お店が入っているビルが改装工事中?で、ちょっと迷いそうになりましたが、ビルの入り口に案内を発見しました。


cd549f01.jpg


ちょっと古い感じのビルの階段をのぼり、三階に向かいます。


cb12cd65.jpg


あともう一息で三階へ・・・。


2時頃に入店。
お店は少し薄暗い照明で、古いビルながらもとてもスタイリッシュな雰囲気。
ソファー席とテーブル席、カウンター席があり、分煙はされていません。
お客さんは、カウンターに男性一人、奥のソファー席に2組のグループ客。
みなさん、思い思いに楽しい時間を過ごしていました。

ありがたいことに、ランチタイムは6時まで。
かなり遅めのランチ、早めの夕食としても使えますね。


窓際のテーブル席に着いて、メニューを拝見。
ランチタイムは、日替わりで二種類。
どちらも読むだけでお腹が鳴りそうな和食メニューです。
「本日のごはん、本日のみそ汁、おかず、小鉢、お漬物」で構成されていて、料金は共に800円。
ほかには、じゃこ山椒のオムライスや石焼き和風ナシゴレン。
うーん、こちらも頂いてみたい。
また、飲み物は200円、スイーツは300円で追加することができます。

一冊の立派なドリンクメニューがあり、なんと自家製の酢。
ほんとに色んな種類のお酢の、サイダー割り・牛乳割り・豆乳割り・・・などがあり、是非試してみたくなりました。
単品では通常600円ぐらいですが、流石はランチタイム!300円の追加料金で、好きなお酢ドリンクが楽しめます。


また、リンゴ酢のガトーショコラなど、酢を使ったスイーツも楽しめます。


0a93ec0c.jpg


ラズベリー酢の豆乳割り


とても感じの良い女性の店員さんに、豆乳割りのおススメお酢を伺いつつラズベリーに決定。
なんと、コーヒー豆酢なんてのもあるんですよ。
こちらも今度試してみたいですね。

見た目もとっても美味しそうなのですが、味も絶品!
ラズベリーの甘酸っぱさと酢の酸っぱさが、豆乳でグッとまろやかになり、とっても飲みやすくて美味しいんです。
お酢なのに何杯でもいけそうです。



b422791f.jpg


ランチの和定食


きのこがたっぷりと入ったヘルシーな雑炊にしてみました。


b5fd17bd.jpg


カフェご飯と言えども、お料理にもしっかりと力を入れています。
一つ一つ丁寧に作られていて、とっても美味しい。


e1519d41.jpg


カウンター


カウンターにはずらりと自家製の果実酒が並んでいます。
今回、気付かなかったのですが、奥のほうにはちゃぶ台のある個室風の席もあるようです。

また、オリジナル「酢ジャム」の瓶詰めを店頭で販売しています。
りんご黒酢・パイナップル酢&生姜酢・トマト酢・焼き芋酢・黒豆酢&プルーン酢などなど、季節によってさまざまな酢ジャムが登場するようです。
こちらも是非頂いてみたいですね。


同じ下北沢に、旬のフルーツを漬け込んだ「フルーツ酢」を使ったカクテルが楽しめるBAR「まるさんドリンク」もあります。
ちなみに、場所はこちらのフタバビル203。
20:00~早朝5:00まで楽しめるそうです。


居心地よくて、お料理にも大満足。
下北沢に来たら、また訪れたくなる・・・そんなカフェです。








■お店情報


住所 東京都世田谷区北沢2-8-5 ANビル3階
    地図
時間 12:00 - 27:00(月-土)
    12:00 - 24:00(日祝)
    ランチタイム 12:00 - 18:00
電話 03-3485-3838
定休 第2・第4・第5水曜日








at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1)★下北沢 

2007年12月11日

和定食も充実・おじやカフェ bio sweets @下北沢

下北沢で、洒落た洋風オジヤランチを頂く

bio sweets 
ビオ スイーツ

オヤジランチではありませんよっ、オジヤランチ。
先月の下北沢でのひとりランチ、和食系がいいな~と探していたところ、気になるカフェを見つけました。
場所は、下北沢駅の西口から徒歩1分ほど。
下北沢の賑わいと離れ、静かな住宅街にさしかかるあたり。
広々とした素敵なカフェbio sweetsがあります。


cf50bc85.jpg


原宿にある「bio ojiyan cafe」というオジヤカフェの二号店なんだそうです。

コンクリートの壁に、温もりのある木のインテリアの落ち着きあるお洒落なカフェ。
店内はなかなか広くて、きちんと分煙もされています。
ちなみに、犬ペットもOK!です。
平日の一時過ぎに入店、一人客が多く見受けられました。
早速、温かい陽のあたる窓際の席に座り、メニューをチェック。


メニューは、オジヤン(bio風おじや)をはじめ、カリカリジャコとツナの香味野菜丼などの丼物や、単品のサラダやパスタ、豚の生姜焼きや鯖の文化干し、焼き魚などの和食も充実していて嬉しい限り。
ほとんどのメニューが1000円前後です。

+300円で、定食(五穀米ごはん・本日のお椀・小鉢・納豆付き)になるのも魅力です。
ランチタイムは、追加料金なしで和定食になっていたと思います(多分・・)。


定番のオジヤンをオーダーしました。


62375725.jpg


ウーロン茶


追加料金(いくらか失念・・)で、選べるランチドリンク。
この急須、懐かし可愛いですね。
たしか、ランチデザートもお得な追加料金で頂けたと思います。


bbab8974.jpg


Mサイズ オジヤン


取っ手の付いた、お鍋のようなフライパンのような器に、熱々たっぷりのおじや!
自家製練り梅をトッピングしました。


39df0b8f.jpg



特製のダシで、しっかりと煮込んまれたオジヤは美味。
懐かしのタコさんウインナーと揚げパンがポイントですね。
並サイズでしたが、かなりお腹一杯になりました。

オジヤンは、Mサイズ(一人前 550円)とLサイズ(大盛り 650円)から選べます。
さらに、「チャーシューとねぎ」、「まぐろとキムチ」、「納豆のきざみ沢庵和え」等、追加料金でトッピングができます。



素敵なカフェに充実の和食メニューは、なかなか貴重ですね。
次回は美味しいと評判の豚の生姜焼き定食を頂いてみたいです。





■お店情報


住所 東京都世田谷区代田5-35-25
    地図
時間 11:30 - 23:00
    ランチタイムは平日16時まで
    ケーキセットは16時 -19時まで
電話 03-5486-6997
定休 なし 










at 12:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)★下北沢 

2007年12月07日

ミートスパ専門店 ミート屋 @阿佐ヶ谷

吉祥寺ハモニカ横丁にあるスパ吉のミートパスタ専門店

熟成太麺パスタゆであげ生パスタ
 ミート屋 


過去にご紹介した吉祥寺にある茹で上げ生麺パスタ屋さん 「スパ吉」の、姉妹店。
こちらは、ミートスパゲティーの専門店になります。

場所は、阿佐ヶ谷駅南口から伸びる商店街「パールセンター」の一角。


2daec5c3.jpg


阿佐ヶ谷パールセンター入り口


駅のホームから撮影しました。
こちらのアーケードをしばらくまっすぐ進むと左手にお店があります。
手前の右手には、過去にご紹介したケーキ屋さん「シュガーローゼ」があります。


cdcb797e.jpg


ミート屋店構え


商店街沿いに面している扉は出口。
椅子が並んでいる方の奥の扉が入口になります。

店内はカウンターのみ。
入口の券売機で食券を購入してお店の方に渡し、席に着きます。
雰囲気は、清潔感あふれるラーメン屋さん。
メニューは、ミートソースパスタのみ。
普通盛りと大盛りを選びます。
あとはトッピングで、揚げナスや温泉卵、納豆などが選べます。


平日の午後1時過ぎに訪れました。
先客は私を含め3人。
皆、一人客でした。
しばらくすると続々とお客さんが入店し、いつのまにか外の椅子にまで行列ができていました。
ですが、回転が早いので待ち時間はそんなにかからないと思います。


1f83ec74.jpg


サラダ


ベーコンビッツの香ばしさが、食欲をそそります。


182755e2.jpg


普通盛り 850円


大盛りは1000円です。

目の前には、イラスト付きの食べ方の説明プレートが貼ってあります。
まずはパスタとミートソースをよく混ぜて、その後カウンターテーブルに置いてある粉チーズやタバスコをお好みで。

スパ吉と違うのは、器。
ラーメンどんぶりのような器なので、心置きなく混ぜることができますね。
黙々と美味しくいただいて、ごちそうさまでした。




■お店情報


住所 東京都杉並区阿佐谷南1丁目36−7
    地図
時間 12:00 - 15:00 / 18:00 - 21:00
    日祝: 12:00 - 21:00
電話 03-3315-3104
定休 火曜日










at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(1)★荻窪・阿佐ヶ谷-中野 

2007年12月06日

カレンダーも残すところあと一枚・・・

すっかり更新が遅くなってしまいました。
ようやく9月上旬に訪れた上高地ネタが終わり、これからは、貯まりに貯まったネタ達をどう紹介していくかが悩みどころです。
でもそれが楽しかったり。

さて、カレンダーも残すところあと一枚となってしまいました。
時が経つのは本当に早い。
毎日の時間を大切にしていきたいですね。
あぁ、うかうかしていられない。


先日、吉祥寺のお花屋さんで、単発のクリスマス講習会を受けてきました。
初心者オッケーなので安心。
なかなか楽しかったです。
自分の記録用に、貼っちゃおう。


c9374359.jpg


グリーンリース


ドライとプリザーブドの葉をたっぷり使って。
土台の木の枝をぐるぐる丸くしたものに、葉などをバランスよくあしらっていきました。

二時間ぐらいかかってしまいましたが、最初の一時間は誰とも話す余裕がなく、もくもくと。
出来上がった作品は、本当に十人十色。
リボンの結び方や小枝のあしらい方、サークルの形に至るまで、雰囲気が皆それぞれ違っていて、とっても参考になりました。
私の場合、与えられた素材を全て使用したため、ちょっと華やかに。
グリーンの濃淡のみのシックなグリーンリースにも憧れます。


b5ccbb11.jpg


ドイツトウヒの壁飾り


ドイツトウヒの実をメインに、ラフィアを大胆に使って作りました。
シダがあるので、お正月まで充分楽しめますね。

グリーンリースと同じく、同系色がメインなのですが、デザインやボリュームのバランスを取るのが大変。
これがカラフルだと色合いのバランスも考えていくのだから凄いですね。
先生の見本では、ラフィア(私は、いつも間違えてケフィアと言ってしまいます)を二重にぐるぐると巻いていたのですが、私は三重にチャレンジ。
すると、ものすごく上部にボリュームが偏ってしまい、下部の麦が垂れ下がっている部分が貧相に。
先生のアドバイスがなかったら完成できませんでした。
他の生徒さんの作品は、スラッとラフィアが流れていてとってもおしゃれに仕上がっていました。



c0ac5eeb.jpg


話は変わって、こちらは六本木ヒルズ高層階からの眺め。

六本木ヒルズで行われている「アカデミーヒルズ アーテリジェントスクール」ってご存知ですか?
週末に、色んな分野のワンデースクール(一回完結型1dayスクール)が開催されているんです。
受講料は3000円、レッスンによっては材料費が追加で必要なものもあります。


私は、まだ三回ほどしか利用したことがないのですが、こちらのスクール、わたしの一押しおすすめポイントがあるんです。

アーテリジェントスクールの講座開催会場階は、49階もしくは40階の高層階。
レッスンを予約したら当日は、2階にある「アカデミーヒルズ受付カウンター」脇にあるエレベーターを利用して49階の受付に行きます。
どうやら、スクール開始時間30分程前になると、混雑防止に2階でも受付をするようですが、早く到着した場合は直接49階でよさそうです。


かなり早めに到着しても、受付のあるフロアーには先ほどの景色を満喫しながら寛げる「ライブラリーカフェ」があります。
受講者へのサービスとして、カフェメニューが2割引♪(11月現在)
ただ受講するだけでも良いのですが、せっかくなので早めに到着して、カフェでゆっくりと静かな時間を過ごすのも楽しいんですよ。
ちなみに、カフェの営業時間は8:00-23:00。
ドリンクはもちろん、ちょっとした軽食(サンドイッチやワッフル、パニーニ)もあります。

「六本木ライブラリー」メンバーのみ利用できるマイライブラリーゾーンがありますが、受講者でも利用できるライブラリーブックストアやグレートブックスライブラリーもあるので、ゆっくり読書にふけることもできますね。

受講者の特典としては、1講座受講毎にポイントが貯まるポイントカードや、当日の受講券の半券を提示すると六本木ヒルズの指定施設で割引等のサービスが受けられる「チケ得」もあります。

なんだか回し者みたいになっちゃいましたが、立地と特典を利用して楽しまない手は無い?!







at 00:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)徒然 

2007年12月05日

上高地2007・9 -桂川左岸コース・・河童橋・・帰宅の途- 

囲炉裏で焼いた美味しい岩魚も満喫したし、今度は桂川の左岸を通って河童橋に戻りましょう・・・


273477e8.jpg


明神橋


この橋を渡って、桂川の左岸に渡ります。


91573f6f.jpg


吊り橋なので、歩くと少し揺れます。


a6bc5105.jpg


渡り終えて後ろを振り返ると、標高2,931mの明神岳。
明神館という山宿の前を通り、右に曲がって河童橋へ・・・と、その前に、左に曲がって少し進んだ白沢へ。


0a8f3363.jpg


去年の旅でも、ここから写真を撮りました。
さらに桂川の上流に進むと徳沢方面へ。
すぐそばに右に折れる道もありますが、こちらを進めば2時間ほどで徳本峠(とくごうとうげ)です。

徳本峠は標高2,135m。
自動車道のなかった昭和初期までは、上高地いける唯一のルートでした。
今は、寂しい峠道です。
昔、多くの登山家や、高村光太郎や智恵子も、島々宿から徳本峠を越えて上高地に下ったのだそうです。


今日の天気は下り坂。
時折、強い風も吹いてきました。
・・・そう、今頃東京には台風が迫ってきているんでした。
雨が本格的に降らないうちに、出発地である河童橋へ向かいましょう。

途中、河童橋手前にある「ビジターセンター」で、小休止。
こちらでは、自然に関する展示がされており、自然関係の書籍などが購入できます。
カウンターでの上高地についての案内や、野外でのガイドウォークも行っています。



51159d52.jpg


上高地周辺の立体地図


左下の赤いピンが射してあるところが、現在地のビジターセンター。
写真真ん中あたりの水色の紙があるところが、明神池です。
目の前にはこんなに高い山々がそびえ立っているのですね。

いつか、もう少し桂川の上流にある徳沢や横尾、さらには穂高連峰に登る手前の中継地点である絶景ポイント「涸沢カール」にも訪れてみたいです。

・・・河童橋に到着し、五千尺ホテルに戻りました。
今回もまたツアーの特典で五千尺ホテルのラウンジ「ファイブホルン」で、ケーキセットが頂けるのです。
ホテルのラウンジは、平日の3時前ぐらいにも関わらず大賑わいで、行列ができていました。

しかし、心配はご無用。
宿泊客専用の予約席が用意されているんです。
すんなり席に着いて、ケーキを頂くころにはすっかり天気も悪くなって、雨が降り出しました。



b576dc6a.jpg


いちごのキルシュ 750円


チェリーのお酒「キルシュワッサー」を使用したイチゴのトルテです。
イチゴの酸味のバランスが絶妙の美味しさでした。


6b812ed0.jpg


レアチーズケーキ 630円


ファイブホルン上高地店限定の人気No.1ケーキだそうです。
朝取りの卵と程よい酸味の利いたクリームチーズを使ったムースのケーキ。
ブルーベリーのソースも美味しかったです。


ae6d3133.jpg


ホテルの売店でお土産も購入し、帰りのバスに乗車する頃には、雨風が強まってきました。
バスで下界まで降り、新島々駅に到着。
すると駅員さんが、東京方面に向かう「あずさ」は昼から運休していると教えて下さいました。
どうやら、時間が間に合えば松本駅から長野駅に行き、そこから長野新幹線に乗って帰ることが出来るかもしれないようです。

まあ、無理だったら松本で宿をとりましょう。
台風が来ているということから、ある程度は覚悟していました。


松本駅に到着し、改札のJR係員に確認すると、まもなく出発する長野駅行きの電車に乗るよう教えてくれました。
「あずさが運休してしまって申し訳ございません!」と謝っていらっしゃいました。
大変ですね・・・JRや駅員さんは、ちっとも悪くありません。

なんだかよく分からないまま、長野駅行きの電車に乗車。
どうやら1時間ほどで長野駅に着くらしい。
思いもかけず、ちょっぴりミステリーツアー風になっちゃいました。


すっかりお腹が空いていたのですが、お土産には手を出さず、昨日の夕食で頂いたクッキーの残り(お持ち帰りして良かった!)と、朝食で食べ残してしまったパン(お持ち帰りして良かった!)を頂いて、空腹をしのぎました。
長野駅に到着し、新幹線出発まで少し時間があったので、売店をまわり食料を探します。
・・・がっ、すべて売り切れていました。

長野新幹線に乗り込み、東京駅へ向かいます。
新幹線に乗ることが出来て、ちょっと嬉しい。
幸いなことに、車内販売で最後一つのお弁当を購入することができました。
その名も、「峠の釜めし」。
とてもとても美味しく感じました。
途中、軽井沢ではものすごい強風で少し冷や冷やしました。


徐行をしながらも、11時ごろ東京駅に到着。
長野新幹線、ありがとう!
幸い、先ほどまで運転を見合わせていた中央線が動き出したところです。
殆ど人のいない東京駅。
不思議な光景を堪能しながら、無事に帰宅することができました。
上高地から6時間ほどの岐路。
これにておしまい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2006年上高地の旅記事



2006上高地 東京からの道のり編

2006上高地 河童橋~大正池 編

2006上高地 五千尺ホテル宿泊 編

2006上高地 河童橋→明神池(右岸コース散策)編

2006上高地 嘉門治小屋で焼き魚に舌鼓 編

2006上高地 明神池 編

2006上高地 明神池→河童橋(左岸コース散策)編

上高地 マガモ 編



2007年上高地の旅記事


1上高地2007・9 -上高地到着まで-

2上高地2007・9 -河童橋から大正池への風景-

3上高地2007・9 -上高地2007・9 -上高地帝国ホテルで一休み-

4上高地2007・9 -上高地2007・9 -明神池へ・・右岸コース-

5上高地2007・9 -上高地2007・9 -明神池の風景-

6上高地2007・9 -上高地2007・9 -美味!嘉門次小屋の岩魚塩焼き-

7上高地2007・9 -上高地2007・9 -桂川左岸コース・・河童橋・・帰宅の途-


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★長野県・上高地