2008年01月

2008年01月31日

Durrants Hotel @London

3泊4日のロンドン滞在中にお世話になったお宿

Durrants Hotel - デュランツ・ホテル -

どこに行くにも便利な地下鉄駅の「Bond Street」に程近い、オックスフォードストリートから少し奥まったところにあるホテルDurrants。
今回宿泊したお宿のご紹介です。


7d776d87.jpg


ホテルの外観


英国らしい趣の素敵なホテルです。
道路を挟んで向かい側には、博物館ウォレス・コレクションがあります。
1921年にジョージアン様式のテラスハウスとしてオープンしました。
チェーン展開しておらず、希少な個人経営のホテルです。

ジョージアン様式とは、ジョージ王朝時代(18世紀~19世紀中頃)のイギリス人によってに広められた、ルネッサンス様式に基づいた左右対称(シンメトリー)、寄棟屋根と上げ下げ窓による幾何学的な建築様式の事です。
きっちりとした印象をうけますね。



96bffee9.jpg


重厚な扉がお出迎え


チェックインをしようとドキドキしながらフロントへ向かうと、なんと日本人スタッフが!!とっても安心しました。
こちらのホテルには合計3人の日本人スタッフがいらっしゃるそうです。
滞在中は英国人?やフランス人?をよく見かけましたが、時々ビジネスで利用している風の日本人一人客も目にしました。


7a2f9f65.jpg


日本で言うならクラシックホテルのような、古くて味わいあるホテル。
エレベーター(英国ではリフトと言います)で、3階へ向かいます。


d938988d.jpg


目的のフロアは3階なのですが、押すのは「2」。
英国では、一階のことを「グランドフロアー(Ground Floor)」といい、二階がファーストフロアーとなるんです。
所変われば言い方も違いますね。


4d75a852.jpg


客室の雰囲気


デジカメ機能を使って、セピア色で撮って見ました。


0eb30b67.jpg


内装のインテリアの配置なども、左右対称。

古き良き英国の香りがしそうな、温かみあるインテリア。
英国産のファブリックを用いていて、お部屋の調度品も素敵。
インターネットの回線の利用もできます。
日本人にとっては広いバスタブもあり、疲れが癒せますね。


b96f554a.jpg


客室キーを、Durrants Hotelの絵葉書とともに


なんとレトロな鍵でしょう。
とても重いかざりのついた鍵です。
客室の扉の大きな鍵穴に通して、ゆっくりまわして開けます。


1cd38724.jpg


「起こさないで下さい」カード


イラストが可愛いですね。
みんなで部屋を覗いてます。
とってもお掃除したそう。
ん・・?でも少年は違うものを見ようとしているようです。


e272d589.jpg


ロビー近くにある公衆電話


懐かしい黒電話。
ダイヤル式ってもうお見かけしませんね。


bad6c06b.jpg


夜の Durrants Hotel


ロンドンの夜は静かで美しい。
繁華街は違うと思いますが、白熱灯の淡く黄色い光が、雨にぬれた街を照らします。

Durrants Hotel は、イギリスらしい雰囲気を味わうにはもってこいのホテルだと思います。
ただし、良い意味でも悪い意味でも古い建物なので、上の階や廊下、お隣の部屋の音はとてもよく響きますし、お部屋の設備に冷蔵庫やポットなどはありません。
でも、どこをとっても英国にどっぷりと浸かれる事間違いなしですよ。


次回は、Durrants Hotel で頂いた traditional English breakfast(イングリッシュ ブレックファースト)をご紹介します。

 


■ホテル情報


住所 George Street, London, W1H 5BJ,United Kingdom
    地図
電話 44 (0) 20 7935 8131
ウェブサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イギリス・ロンドン旅行記


1、日本出国~ヒースロー空港到着 (BA機・機内食)

2、ロンドン・美味しいレストラン 「ビストロ ガルビン」 GALVIN bistrot de luxe

3、ロンドン Marylebone High street 街並み

4、ロンドン Marylebone High street ウィンドーショッピング

5、宿泊したお宿 Durrants Hotel - デュランツ・ホテル -

6、Durrants Hotel  イングリッシュ・ブレックファースト

7、ロンドンの夜

8、旅行中の体調不良話・・・

9、さようなら London  イギリス出国













at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★イギリス・ロンドン 

2008年01月30日

London Marylebone High street 付近のそそられたモノたち


引き続き、Marylebone High street 付近

そそられたモノたちの一部をご紹介。


0b0022c0.jpg


街にたたずむポストも絵になります



3ffc8c8e.jpg


モダンなお花屋さんを発見


「JANE PACKER」(ジェーン・パッカー)というお花屋さん。
チューリップのロゴマークが可愛いですね。
コチラのお店で、ワンデーなどのフラワーレッスンも体験できるそうです。


b92c2632.jpg


白を基調にした店内には、シンプルかつ新鮮なアレンジのお花でいっぱいでした。
調べてみたらば、日本の銀座や汐留にも支店があるそうで。


5862ee47.jpg


Daunt Books


とても美しい旅行本専門店で、奥に広い店内の天窓からは柔らかく明るい日差しが・・・思わず長居してしまいそうです。

国別に分かれており、アジアとアフリカコーナーは地下へ。
JAPANコーナーはかなり広く場所を取っていました。
日本に興味があるのでしょうか。
日本の紹介本をめくると、英国人は日本についてどう感じているのかが、ほんの少し判る気がします。


一階奥の両脇には階段があって、中二階の壁一面にも本がずらり。
とても味わい深い本屋さんです。



・・・お次はコチラ↓
さて、何屋さんでしょう??



e5d2303a.jpg


インパクトがありますね。
子供は怖くて逃げてしまいそうですが。

答えは・・・歯医者さんです。


0025c8db.jpg


レストランの看板



2c28b06e.jpg


ロンドン初お買い物


日本のニールズヤードレメディーズでも販売されているホメオパシーレメディーのお店、「 Ainsworths(エインズワース)」の本店。
いわゆる、英国の自然療法薬局です。
1980年より、英国女王陛下、同皇太后陛下、プリンス・オブ・ウェールズ皇太子殿下への御用達ホメオパシーレメディ薬局となりました。

日本のニールズヤードレメディーズでは2万円以上する「セルフメディケーション・レメディーキット」ですが、本場では日本円で一万円弱で購入できました。
また、VATの払い戻し(免税制度)は行いませんでした。
レメディーはX線に当てない方が良いので、英国などの出国時に行われる検査の度に、その旨伝えて中身のチェックと金属探知を行うので、なかなか面倒でした。
しかしながら、さすがは英国。
これはホメオパシーなので・・・と告げると「??」とはならずに理解してくれたので楽でした。


Ainsworthsは他にも、日本でもおなじみドイツの化粧品ブランド「タウトロッフェン」や、「ヴェレダ」がありました。
フラワーエッセンスの種類も豊富でしたが、なんと、岩由来のロックエッセンス?!なるものもあり、ちょっと驚きました。

なんだかマニアックな話になっちゃいました・・・。


b123b20f.jpg


ショーウィンドウからもフルーツの香りが漂ってきそう。



a7923eca.jpg


美味しそうなものオンパレード!


ショーウィンドウからの誘惑が多くて大変です。


8bb4d7ee.jpg



見るもの全てが初めての風景で、街を歩くだけでも充分に楽しめました。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イギリス・ロンドン旅行記


1、日本出国~ヒースロー空港到着 (BA機・機内食)

2、ロンドン・美味しいレストラン 「ビストロ ガルビン」 GALVIN bistrot de luxe

3、ロンドン Marylebone High street 街並み

4、ロンドン Marylebone High street ウィンドーショッピング

5、宿泊したお宿 Durrants Hotel - デュランツ・ホテル -

6、Durrants Hotel  イングリッシュ・ブレックファースト

7、ロンドンの夜

8、旅行中の体調不良話・・・

9、さようなら London  イギリス出国







at 23:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)★イギリス・ロンドン 

2008年01月29日

London Marylebone High street 付近の街並み・風景


Marylebone High street 付近の街並み


ロンドンのお宿の近くに、Marylebone High St. - マリルボーン(メリルボン?)ハイストリート - という洒落たオフィス街があり、素敵な雑貨屋さんやカフェが立ち並んでいます。

ロンドン到着翌日、美しい街並みをゆっくりと歩いて、ようやくココはイギリスなんだと実感できました。


84a1db0c.jpg


St James's Roman Catholic Church


お宿の隣にありました。
レンガ色の街並みに、ひときわ目立つ白い石造りの立派なローマカトリック教会です。


f9af18ed.jpg


ウォレス・コレクション


お宿の向かいにある博物館で、ハートフォード侯爵家が5代に渡って集めた絵画、武器、冬季、家具などの豪華絢爛で貴重な珍しいコレクションが展示されているそうです。
入館料は無料。

こちらの中庭には、「ザ・ウォレス」という吹き抜けのガラス天井から光が差し込む開放的なカフェがあり、お茶だけでなく、朝食やランチ、ディナーやアフタヌーンティーも楽しめます。

ロンドン滞在中こちらに行く予定でしたが、叶いませんで・・・
行きたかったよう!


09335f4c.jpg


曇り空が似合う街並みです。
気温は東京より寒くなく、12度ぐらいありました。
初めてのヨーロッパですが、重厚なレンガ造りの建物が美しくて感動。
建物の高さや色調が見事に調和した景観が素晴らしいですね。

聞えてくるのは車の音、鳥の鳴き声、信号機の電子音のみ。
放送や呼び込みの声などはありません。



094a5f8d.jpg

be7c72ac.jpg


わき道に入ってうろうろ・・・。
迷子になるのが楽しい。


3365e96f.jpg


豹柄がしっくりと・・・??



f9b0916a.jpg


取っ手がとっても



8863f93a.jpg


寿司プラス!!



2adde57f.jpg


メインストリートを少し外れたところにある、チーズ屋さん。
お客さんがどんどん吸い込まれていきます。


6254883d.jpg


マンションのようです。
扉の色がまた素敵。

雨上がりの、しっとりとしたMaryleboneの街並み。
次は、この付近の、そそられるモノをご紹介します。














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イギリス・ロンドン旅行記


1、日本出国~ヒースロー空港到着 (BA機・機内食)

2、ロンドン・美味しいレストラン 「ビストロ ガルビン」 GALVIN bistrot de luxe

3、ロンドン Marylebone High street 街並み

4、ロンドン Marylebone High street ウィンドーショッピング

5、宿泊したお宿 Durrants Hotel - デュランツ・ホテル -

6、Durrants Hotel  イングリッシュ・ブレックファースト

7、ロンドンの夜

8、旅行中の体調不良話・・・

9、さようなら London  イギリス出国








at 22:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)★イギリス・ロンドン 

2008年01月28日

美味しいビストロ GALVIN bistrot de luxe @ London

イギリス料理とフレンチの出会いを素敵なビストロで堪能

GALVIN bistrot de luxe  -ビストロ ガルビン-

ヒースロー空港からタクシーに乗り、ロンドン滞在中にお世話になるお宿「Durrants Hotel」に到着したのは夕刻6時ごろ。
日本時間で深夜3時!
時差ぼけを起こさないためには、このまま現地時間の夜まで寝ない事らしい。
出発前日から寝れなかった私、果たして、どれくらい起きたままなんでしょう・・・考えないことにしておきます。

ホテルの近くにあるビストロで夕食をとりました。


cc85e4dc.jpg


お店の外観


6時過ぎに伺いました。
入店時はまだ席に余裕がありましたが、7時ごろには広くてゆったりとした店内は満席に。
お洒落で落ち着いた内装ですが、ドレスコードはそれほど気にしなくても良さそうな明るく気軽な雰囲気です。


8915d9cf.jpg


本日のアラカルトメニュー


お食事メニューは、前菜・メイン・デザートに分かれており、好きなものをそれぞれ選ぶ形式です。
よーく見てみると、英語とフランス語が混じっています。
お仕事がらみの関係者さんとのちょっとした会食でしたので、私以外は英語が堪能な方。
店員さんにメニューの説明を求めると、笑顔で詳しく教えてくださいました。
それを他の方が私に日本語で説明してくださいました・・・。


4e90adc3.jpg


名物!?牛肉のステーキタルタル 7.5£


サイズが選べるようなので、少ない量を選択。
でも、このボリュームです。
しかしながら、程よいスパイスの具合で、くどくなく美味しく頂けるのにびっくり!
お肉の美味しさが引き立っていました。
卵黄を混ぜていただくとまたクリーミーさが増して食が進みます。


31265829.jpg


生ガキ


真ん中の酢を付けていただきます。
パンも添えられており、生ガキを乗せて、そのまま頂いても美味。


76ad8bdb.jpg


白身魚のメインディッシュ


香ばしく焼かれたポテトとジューシーな白身魚の組み合わせに舌鼓。
メイン料理は、子山羊の脳みそ料理というものもあるそうです。
脳みそがそのままお皿に乗って出てくるらしいですよ!


b6eb099a.jpg


クレームブリュレ



79dd2052.jpg


ブルーベリーのスフレ


バニラアイスクリームが添えられています。
このようなレストランで、手間のかかるスフレが頂けるとは驚きです!
細かくて繊細な生地がしぼんでしまわないうちに、急いで撮影して頂きました。
生地はほんのりブルーベリーの紫色。
口の中で優しく甘酸っぱく、ふわわっ~と溶けてゆきます・・・。
美味しくて感動。

最後の飲み物では、人数分のチョコレートトリュフが付いてきました。
こちらも上品で繊細な甘さ。



22cd8d82.jpg


店内の雰囲気


周りは外国人。
あっ!私が外国人でした。
皆さん、美味しいお料理とおしゃべりを楽しんでらっしゃいます。
まだ海外に、ロンドンに来たという実感が湧きません。
東京のこじゃれたお店にいるような・・・不思議な感じです。

こちらのお店は、それぞれにミシュランで星を獲得したお店を持っているクリス・ガルビンとジェフ・ガルビンという凄腕ご兄弟が一緒にタックを組んで出店したのだそうです。

お料理の分野はフレンチになるのかイギリス料理になるのか分かりませんが、美味しいお料理に出会えて幸せです。
次回、ホテル周辺(Marylebone マリルボン)の街並みをご紹介します。




■お店情報


住所 66 Baker Street London W1U 7DH ,United Kingdom
     地図
時間 ランチ12:00-14:30 (月-金)
    ディナー 18:00-23:00(月-金)
      12:00-21:30(日曜)
電話 +44(0)20 7935 4007











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イギリス・ロンドン旅行記


1、日本出国~ヒースロー空港到着 (BA機・機内食)

2、ロンドン・美味しいレストラン 「ビストロ ガルビン」 GALVIN bistrot de luxe

3、ロンドン Marylebone High street 街並み

4、ロンドン Marylebone High street ウィンドーショッピング

5、宿泊したお宿 Durrants Hotel - デュランツ・ホテル -

6、Durrants Hotel  イングリッシュ・ブレックファースト

7、ロンドンの夜

8、旅行中の体調不良話・・・

9、さようなら London  イギリス出国









at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★イギリス・ロンドン 

2008年01月27日

日本出国!英国ヒースロー空港へ

先日、旅から帰ってまいりました。

行ってきたのは海の向こう。
ほぼ初めての海外旅行。
飛行機が苦手で英語が苦手で・・・不安も沢山ありましたが、楽しみも沢山。

無事に帰国できたことに感謝しつつ、ぽちぽちとレポしていきます。

今回の旅のためにデジカメ「Caplio R7」を購入しました。
海外の記事のみ、まだまだちっとも慣れていないデジカメバージョンの画像でご紹介します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



日本出国!英国ロンドンヒースロー空港へ



初めてづくしの旅の始まりは、初めての成田空港。
30分前に駅のホームに到着していたにもかかわらず、成田エキスプレスに乗り遅れてしまうというハプニングもありましたが、無事に成田空港に到着。

British Airways -ブリティッシュエアウェイズ-(BA)のジャンボ機で、時差マイナス9時間のイギリス、ロンドンのヒースロー空港へ・・・。

日本時間、午前11時過ぎに飛び立ち、イギリス時間、午後2時過ぎに到着予定。
12時間の空の旅でしたが、緊張のため一睡もできず。
しかし、飛行機はまったく揺れず、とても快適でした。
機内では、日本人3割ぐらい。
日本発なので、機内放送も英語と日本語で説明して下さり、とても助かりました。



561d0670.jpg


エコノミー機内食 お昼ごはん?


魚料理か肉料理かを選べます。
いつもの携帯画像と違い、綺麗に写りますね。
でも、どうもデジカメは使い慣れません。


084301c1.jpg


意外と?!美味しかったですよ



0938f068.jpg


ヒースロー空港到着前のごはん


パスタを選択しました。
ゼリーのような容器に入っているミネラルウォーターが新鮮に感じました。

サンドイッチの間食もでました。
喉が渇いた時などは、フライトアテンダントさんのいらしゃるデッキ?に行くと、飲み物が用意されています。
長時間のフライトだと席を立つことも多いので、通路側の席が便利ですね。
BAの場合、ウェブサイトで、出発の24時間前からチェックインできるので希望の座席指定も早めにできてとても便利。



地球の自転に逆らって移動するフライトは、ずっと太陽を追いかけている上体なので夜にはならないんですね。
とっても不思議な体験でした。


着陸予定一時間ほど前に、機内放送で・・・

「到着予定のヒースロー空港にある滑走路二つのうち一つは、ただ今閉鎖されています。空港の上空を30分ほど旋回し、着陸の許可を待ちますが、許可が下りなかった場合は別の空港へ着陸する予定です」

とありました。


しばらくして無事に着陸許可が下り、ほっとしたのですが、閉鎖された滑走路にはバーストした飛行機が・・・!!!
隣の席のイギリス人のご夫人が、私に身振り手振りで教えてくれました。
後で詳しく分かりましたが、中国からのBA機が、着陸直前にエンジンが突然ストップし不時着事故になったのですね。
実際に目にして、とても恐ろしかったです。
でも、死者がでなくて本当に良かった・・・。


dee5b18f.jpg


無事に入国審査を終えて、荷物の受け取り


初めての入国審査とあってかなり緊張しましたが、英語が下手な分、笑顔と挨拶を心がけ、落ち着いて答えて終了!
聞かれた内容は・・・
   ・どこから来たの?
   ・何日間滞在するの?
   ・旅行の目的は?
   ・次はどこに行くの?
の四つでした。

今回の飛行機事故の影響で、トランジットの人も一旦入国し預け荷物を受け取ってからまた出国という手続きをとらなければいけなくなり、観光シーズンではないのに入国審査には長蛇の列ができていました。
日本からのツアー客の団体もいましたが、乗り継ぎの飛行機が飛ばないかも知れないらしく、ロンドンで一泊するかもしれないとガイドさんからの説明が聞えてきました。


ヒースロー空港はヨーロッパでも激混みの空港なので、滑走路が一本閉鎖されると影響はかなり大きいですね。
どうやら、イギリスではやはりBA機が一番強いらしいので、優先的に着陸できたのではないかな。
無事に到着して本当に良かった。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イギリス・ロンドン旅行記


1、日本出国~ヒースロー空港到着 (BA機・機内食)

2、ロンドン・美味しいレストラン 「ビストロ ガルビン」 GALVIN bistrot de luxe

3、ロンドン Marylebone High street 街並み

4、ロンドン Marylebone High street ウィンドーショッピング

5、宿泊したお宿 Durrants Hotel - デュランツ・ホテル -

6、Durrants Hotel  イングリッシュ・ブレックファースト

7、ロンドンの夜

8、旅行中の体調不良話・・・

9、さようなら London  イギリス出国








at 23:34|PermalinkComments(9)TrackBack(0)★イギリス・ロンドン