2006年05月29日

明治時代にタイムスリップ?風情あるお蕎麦屋さん かんだ やぶそば @神田



情緒たっぷりのお蕎麦屋さんははいかが?



かんだ やぶそば




神田淡路町にあり、メトロ丸の内線淡路町駅、または、
都営新宿線小川町駅近く。
または、JR御茶ノ水駅や秋葉原駅からも近いです。

御茶ノ水駅からの場合、右手にニコライ堂を見ながら
左手の坂道を下っていきます。

神田淡路町付近は、戦火を逃れたため、
昔の古い たたずまいを残した老舗がいくつか残っているんですよ。
古い町名は、連雀町。
この地の由来などは、後日改めて紹介します。



6fe1425c.jpg



風格ある店構え。・・・でも、ご安心を。
一歩中に入ると、店員のおばちゃん達が

「いらっしゃあ~ぁい」

と元気な声で温かく迎えてくれます。

明治13年創業。
東京都の歴史的建造物指定を受けた建物なんです。
現在の建物は関東大震災の後、再建したそう。



7676eb0f.jpg



中は結構広く、テーブル席と、奥にお座敷席があります。

お客さんにはお坊さんもいました。この雰囲気にぴったり!



135a8399.jpg



せいろそばを注文。ほんのり緑色で、つやつやです。
よく見ると、ざるの上に、均等に薄く広がっています。
ざる一枚は5~6口ぐらいの量なので、2枚注文してみました。

つゆは辛口。
蕎麦をちょっとだけ付けるだけなので、
蕎麦の風味を楽しむには、ちょうど良い濃さです。



168cd000.jpg



こちらは 天たね
海老がたくさん入っていて、
サックサクの歯ごたえが楽しめます。

また、蕎麦湯も絶品!
つゆを割ると、つゆの繊細な旨みが感じられました。
あぁー何杯でも飲みたい・・・




味もさることながら、
帳場のおばちゃんが、お客の注文を厨房に呼びかける掛け声が
耳に楽しい。
たとえて言うなら、百人一首を読み上げているような。
独特のイントネーションで、詠うように注文を通す。

・・目を閉じると、江戸にタイムスリップしたような錯覚。
創業した明治時代も、
ここで楽しく蕎麦をすすっていたんだろうな・・・。
きっとその頃も、帳場の流れるような掛け声もあったに違いない。


注文をとりに来るおばちゃん達もすごいんです。
帳場近くにずらりと並んでいて、
こちらがちょっと用事があるときなど、おばちゃんの方を向くと、
飛んできます! 笑顔
てきぱきとした動きが、見ていてとっても気持ち良いです。

帳場で会計を済ませ、
おばちゃんたちの
「ありがとう存じますぅ~」コールを
全身に浴びながら、お店を後にしました。

お料理も美味しかったのですが、
何より情緒あるれる雰囲気が楽しかった~ ハート

このムードに浸ってみるのも一興
五感でノスタルジックな世界にどっぷりと浸かれる事でしょう



■お店情報


住所 千代田区神田淡路町2-10
電話 03-3251-0287
営業時間 11:00~19:00 (ラストオーダー)
定休日 無休ですが、年末年始やお盆などのお休みあり




at 21:04│Comments(4)TrackBack(4)★御茶ノ水・神田 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「かんだやぶそば」  [ 江戸ソバリエ「石臼の会」 ]   2006年08月05日 14:49
ご存知 江戸前の細打ち蕎麦に、辛めのお汁。日本酒は菊正宗。女将の通し言葉がCDにもなっているし、大正12年に建てられた現在の木造2階建店舗は、東京都選定歴史的建造物指定も受けて、(「やぶ」のご近所さん 神田「まつや」も「いせ源」「ぼたん」「竹むら」も選定...
2. 【神田】かんだやぶそば  [ 東京の美味しいグルメ ]   2006年08月15日 21:11
本日は、神田にある蕎麦の有名店。 ”やぶそば”の総本山とも言うべき、”かんだやぶそば”に行ってきました。 神田のオフィス街の一角に佇む、別世界とも言うべき古き風情を残したその店舗はとても魅力的。ゴリ蔵お茶の水に勤務していた時にも、昼時にちょくちょく通...
3. かんだやぶそば(神田藪蕎麦)の「せいろそば」  [ まろまろ記 ]   2008年02月05日 17:39
東京の蕎麦の代表名刺といえば藪蕎麦。その藪蕎麦の中でも御三家と言われる神田のやぶ蕎麦におとずれる。注文したのは迷わずせいろそば。独特の調子で注文を詠み上げられて出て...
4. 神田/淡路町“かんだやぶそば”  [ Fat-Diary ]   2009年10月20日 19:06
藪御三家の一つへ初訪問! 最寄:神田/淡路町 電話:03-3251-0287 住所:東京都千代田区神田淡路町2-10 定休:無 平日:11:30?20:00(LO19:30) 土曜:11:30?20:00(LO19:30) 日曜:11:30?20:00(LO19:30) 神田界隈はお客さんも多くて、平日もウロウロすることが多...

この記事へのコメント

1. Posted by ゴリ蔵   2006年08月15日 21:13
こんばんは。
ゴリ蔵は天タネが大好きなんです。
2. Posted by ハシビロコウ   2006年08月16日 22:01
ゴリ蔵 さま
コメント・トラックバックありがとうございました。
緑色のつやつやとしたお蕎麦はもちろんですが、天たねも美味しいですよね。
あの雰囲気が何より大好きなので、またゆっくり訪れたいと思います。
いつまでも、このままの風情を残してほしいお店です。
3. Posted by きみきみ   2007年11月05日 01:10
いいですねぇ~。近いうちぜひ行ってみたいです。目を閉じると江戸時代にタイムスリップ。。。素敵です。大昔の日本はこんな雰囲気だったのかと思いをはせつつお蕎麦を味わってみたいです。
竹むらのほうもお蕎麦の後に行ってみようと思います。
4. Posted by ハシビロコウ   2007年11月06日 09:24
きみきみ さま
コメントありがとうございます。
行って見たいと感じて頂いて嬉しいです!
神田やぶそばは、私の中ではちょっとした「江戸のアミューズメント」だと思っています笑。
行かれたら是非、感想をお聞かせ下さい。
竹むらも素敵な雰囲気なので、きっと満足していただけるのではないでしょうか。
「やぶそば」は営業時間が短いのと、「竹むら」は日祝が定休日なので気をつけてくださいね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字