2006年07月22日

韻松亭 上野公園

上野公園内にある、歴史あるお店で豆菜料理に舌鼓

韻松亭
いんしょうてい

明治8年創業。140年もの歴史がある料亭・韻松亭は、上野公園の大噴水から京成上野駅に向かう桜並木の大通りの途中、右手にあります。

当時、明治の文化人たちに愛され、日本画家である横山大観は、ここで心置きなく呑み明かしたいと考え、お店を買い取ってしまった事があるほど。
その頃は、俳句や長唄などの会が多く開かれていたそうです。


韻松亭では、不忍池と緑を眺めながら、食材にこだわった目にも美味しい豆菜料理が頂けます。
こだわりである豆は、100%国産の大豆「タチナガハ」を使用し、自社工房で全て手作りされているそう。
豆から全てが生まれるというだけあって、湯葉・呉汁・豆乳・おから等、余すことなく豆を楽しめるお料理です。


個室に案内されましたので、奮発してお昼の懐石料理「清流」を頂きました。
ちなみにお値段4800円。

最初に出されたのが、「おから茶」。
香ばしくて、ほのかな甘みも感じられます。
おからをフライパン等で炒って水分を飛ばし、お茶と同じ様に入れれば家でも楽しめるそうです!



3a6188e7.jpg


先付は、いろんな種類のお豆さん。
とってもかわいらしいです。
それぞれに食感や味比べもできて、楽しいです。

次に、呉汁。
呉汁とは、豆を裏ごしして味噌と合わせたもので、
湯葉と麩が入っていました。
あぁ美味しい・・・。

美しく盛られた、大豆料理を中心とした美味しいお料理が続きます。



4a631fa3.jpg



ゴマダレのかかった湯葉も最高に美味しい!(湯葉好きゆえ・・・)
歯ごたえもさることながら、大豆の旨みと甘みが生きています。
季節の食材を使ったお料理は、目にも鮮やか。
ほおずきを器に見立てたり、青々としたもみじの葉が添えられていたり・・・。

細かく砕いた氷の真ん中に、くみ上げ湯葉が入った竹筒が登場。
思わず歓声があがります。
取り分ける器も、氷でひんやりと冷やされています。
大好物の湯葉や麩をお腹いっぱい頂けて幸せ ドキドキ小

鮎の塩焼きを頂くときは、無言・・・(ものすごく真剣!笑)



2faec984.jpg



幸せなひと時は、まだまだ続きます。
ぐつぐつと煮え立っている、湯豆腐と湯葉に舌鼓。

最後に、お漬物とお味噌汁。タコの炊き込みご飯。

すっかりお腹いっぱい&幸せいっぱい。
食べきれないご飯は、お持ち帰り用に包んで頂けます 音符



7ab0314f.jpg


そして、別腹の甘味の盛り合わせ。

最中の中には、抹茶アイスと小豆アイス。
食感を楽しめる麩も入っていました。贅沢なお味です~。

夏らしい、ミント味のゼリー。
中にはイチジクやスイカ、桃が入っています。
清涼感た~っぷり!色んな味が楽しめますね~。

竹の葉の香りがさわやかな、麩饅頭。
とってももちもちしていて、これまた美味なり。

店内は広く、和室の個室やカウンター、洋風のテーブル席まで多彩です。
お席によっては、外の美しい風景を愛でながらの食事が楽しめます。


お昼のメニューは・・・(11時~4時)
○茶壷三段弁当 1680円
○花籠膳 3種類 1890円~2940円
○懐石 三種類 3780円~6300円


夜のメニューは・・・(5時~11時・LO10時)
○東叡山会席
 鳥取県の地鶏を使用した鳥すき・鳥つみれ鍋を中心としたコース
 4200円~6300円
○調理長おすすめ会席 6300円~15750円
○ふぐ会席・すっぽん会席 8400円~
夜は一品料理も用意されているそうです



人気のお店ですので、電話で予約をして下さい。

お昼利用の場合、休日でしたので予約の電話をしました。
その時点で予約の枠は埋まっていたのですが、当日来店分の枠も設けているそうで、「少しお待ちいただくかも知れませんが、直接お越しください」との事でした。
少し前までは、全て予約席だったそうですが、当日直接のお客が入れないのは良くないとの事で、当日枠も設けたそうです。
お昼利用のねらい目(予約取れなかった場合)は、11時頃と、12時頃(11時のお客さんの食事が終わる頃)、だそうです。



◎後日、韻松亭で夜のお食事「鳥すき焼きコース」を頂きました。
記事はこちらです





■お店情報


住所 東京都台東区上野公園4-59
電話 03-3821-8126
時間 11:00 - 16:00 / 17:00 - 23:00
定休 年中無休



at 23:49│Comments(3)TrackBack(5)★上野・谷中 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 忘年会@韻松亭  [ kayocino Premium ]   2006年08月28日 12:35
上野公園内にある韻松亭さんで忘年会をしました。 手前の甘味屋さんがかなり気になっていたのですが、こんな由緒正しい料理屋さんでしたとは。 平成15年までは料亭だったそうです。横山大観もオーナーだったことがあるらしく...。2年前ならかなり敷居高いお店だったの...
2. 「韻松亭」上野公園~美術鑑賞後お勧めランチ~  [ みょうがの芯 ]   2006年12月19日 01:28
創業140年の韻松亭は、平成15年リニューアルしました。 古民家風の造りが風情のある建物です。
3. 韻松亭  [ 自称・本物を知る男 ]   2007年01月09日 22:03
台東区上野公園の豆菜料理を中心とした和食の店「韻松亭」。 ハシビロコウさんのブロ
4. 韻松亭  [ ぐるめも。 ]   2008年08月22日 21:58
夏産まれだからかしらないけれど、夏は毎年、素敵な出会いに恵まれる。 人だけじゃなく。 仕事や店、あと、モノ、ね。 来年定年になる上司がいる。 昔からすごく可愛がってもらっている(=ご馳走してもらっている) 定年になるまで、なるべくたくさん、集ろうと思っ...
5. 韻松亭@上野  [ ぐるめも。 ]   2008年08月24日 22:11
夏産まれだからかしらないけれど、夏は毎年、素敵な出会いに恵まれる。 人だけじゃなく。 仕事や店、あと、モノ、ね。 来年定年になる上司がいる。 昔からすごく可愛がってもらっている(=ご馳走してもらっている) 定年になるまで、なるべくたくさん、集ろうと思っ...

この記事へのコメント

1. Posted by 自称・本物を知る男   2007年01月09日 22:00
今日、韻松亭行ってきました。
ハシビロコウさんと同じ清流を頼みましたよ。季節により色々楽しめますね。先付からデザートまでとてもおいしい料理に満足しました。大豆を始め豆のおいしさが感じられる料理ですね。おから茶までとてもおいしかった。ハシビロコウさんのおかげです、ありがとうございました。
2. Posted by ハシビロコウ   2007年01月11日 13:48
自称・本物を知る男 さま
コメントありがとうございます。
参考にしてくださってありがとうございます。
楽しいひと時が過ごせた様で、とっても嬉しいです!
本物さんのブログを拝見すると、季節でかなり内容を変えているんですね。
それぞれの季節で楽しめるのも魅力の一つですね~。
満足して頂いてよかったです!
3. Posted by 絵画好き   2009年03月27日 21:50
かなり前からファンで会う人々に紹介していたが。。先日は最悪!開店時の3500円ランチの厚揚げが、すっぱかった事。そして一品忘れられた事。一品の返金できずと麩饅頭を~荷物になるから、、と言っても無理やり。。用事を済ませ結局夜まで持ち歩く。。。疑問!開店時なのに何故?管理体制に疑問!!もう行きたくないところ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字