2006年08月05日

横浜三塔

横浜には、愛称でキング・クイーン・ジャックと呼ばれ親しまれている古い建物の塔があります。



キングの塔



b0af542a.jpg


神奈川県庁本庁舎


関東大震災で倒壊し1928年(昭和3年)に再建されました。
その際、設計が公募され、当時は東京市の技師であった小尾嘉郎(こび よしろう)の案が採用されました。
国の有形文化財に登録されています。


5階建ての建物の上に、9階までの大きな塔屋が乗っています。
一階の外回りは石張りで、 二階以上はタイル張り。
帝冠様式(洋風の建物に城郭風の屋根を乗せた感じ)の建物と言われています。
この建物の建築様式は、この後の各地の官庁に大きな影響を与えました。

とてもどっしりとした、重厚な感じの建物ですね。
塔のドームの先が、屋根風で、なんともオリエンタル・・・。
キングにふさわしい風格です。


8551bd65.jpg


玄関はこんな感じ。
扉や石の柱には、細かい装飾が施されています。




クイーンの塔


1997bf1d.jpg


横浜税関本館


1934年(昭和9年)に建てられました。
開港時の運上所時代の建物から数えて五代目の建物です。
国会議事堂を設計した大蔵省営繕管財局の技師、吉武東里の設計です。

また、終戦後、1953年(昭和28年)まで米軍の司令部として使われていました。

5階建ての建物の上に5階建ての塔屋があります。
三つの建物の中では、一番高さがあります。
(税関は国なので、県庁より低いのは許せなかったらしい?)

一番上の階の窓が、可愛らしい曲線を描いていますね。
また、モスク風の丸いドーム部分や、屋上のデザインを見ても、なんだか女性的。
クイーンと呼ぶにふさわしいですね。


8fb842a1.jpg


一階の一部は横浜税関資料展示室です。

普段は意識したことがない、税関のお仕事について詳しく知ることができますよ。
分からないことがあったら、親切な係りの人が、質問にどんどん答えてくれます。

どんどん巧妙化していく大麻密輸入や偽造品、輸入禁止のもの等、日本に入ってくるのを未然に防ぐ最後の砦!
その他、戦後、海外から引き揚げられた方々から預かった通貨等の返還・・・幅広い内容で驚きました!!
ちょっとした来関記念品もありますので、是非訪れてみてください♪




ジャックの塔


20e1030a.jpg


横浜港開港記念館


横浜港は1859年(安政6年)に函館、 長崎とともに開港されたのですが、 開港50年を記念して市民の浄財で1917年(大正2年)に建てられました。
設計は、コンペにより当時の東京市技師福田重義の作品を基に、横浜市の技師である山田七五郎が実施設計を行いました。


赤と白のコントラストが美しいですね~!まるで、東京駅赤レンガ駅舎のようにエレガント。
赤レンガと白い花崗岩で造られています。

ネオ・ルネッサンス様式(19世紀における建築様式で、ルネサンス建築の復興を試みた新古典主義的な様式で、荘重厳正な技巧が特徴)なんだそうです。
3つの塔の中で一番古く、関東大震災と戦災に遭いながら残っている数少ない建物の一つ。

横浜市制100年記念に、屋根やドームが復元されて現在の姿になりました。

時計台があって素敵ですね。
内部には、大小のホールがあり、私が訪れた時は音楽の発表会が行われていました。


三つの塔それぞれに、とても個性的だし、人々に愛されているという事が伝わってきました。
そして皆さんバリバリの現役!!
時代の流れで、周りの町並みは変わっても、いつまでもこの街を見守ってくださいね。



■ 情報


キングの塔・神奈川県庁本庁舎
      神奈川県横浜市中区日本大通1
      グーグルマップ 

クイーンの塔・横浜税関本館
      神奈川県横浜市中区海岸通1-1 
      グーグルマップ
(矢印が右に少しずれていますが、左の横浜税関です)

ジャックの塔・横浜港開港記念館
      神奈川県横浜市中区本町1-6
      グーグルマップ


三つとも近くにありますので、散策にもおすすめです。


at 22:33│Comments(0)TrackBack(0)★横浜 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字