2006年11月03日

神楽坂 巴有吾有

神楽坂の素敵な山小屋風喫茶店

巴有吾有
パウワウ


神楽坂を少し登ると、左手に山小屋風のカフェ(というより喫茶店の方がしっくりするかな?)があります。
前を通りがかると、いつも人で賑わっていて気になっていました。

で、先日、飯田橋の「れもん屋」で広島お好み焼きをつっついた後、7時過ぎにふらりと立ち寄ってみました。


2687d8f7.jpg


なぜか扉がふたつ。
テーブル席の見える店内が覗ける方の扉から入ったのですが、カウンター席とテーブル席、それぞれ専用の扉と思っていたら店内で繋がってるそうな。ちなみに二階はギャラリーになっています。


170a24b8.jpg


私が入店した時はまだ席に余裕がありましたが、10分もすると満席になってしまいました。
特に分煙はされていないようです。
気の温もりのする店内で椅子に腰掛けると、心がほーっと落ち着きます。
年代も様々で、20代~60代ぐらいまで、カップルやグループでワイワイと賑わっています。


52f10782.jpg


手前は紅茶、奥はコーヒー・・・の器


器もとっても素敵。
先に温められた器が出てくるんですね。
ロシアンティーのジャムは、ブリキの容器で。
右に見えるのは、なんとシュガーポット。
木・ブリキ・陶器・・・それぞれに味わいがありますね。



7dfeb550.jpg


巴有吾有は、神楽坂の老舗の喫茶店。
やさしくて温かい白熱灯のランプが、今も昔もお客さんを温かく迎えてくれるのですね。

雰囲気はもちろん、とっても美味しい飲み物を楽しみながら素敵な時間を過ごせます。

カウンター席ですと、コーヒーをサイフォンで入れてくれるのを眺められるようなので、次回は是非カウンターでも楽しんでみたいです。


ガガーン!!年内で閉店してしまうんだそうです。
永く愛されてきたお店がなくなってしまうのは、とても悲しい事です。




■お店情報


住所 東京都新宿区神楽坂2-7
時間 平日・土曜 10:30 - 22:30 
   日曜 12:30 - 19:00
電話 03-3267-8324
定休 年末年始







at 23:20│Comments(10)TrackBack(1) ★飯田橋・神楽坂 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 珈琲時間。巴有吾有。  [ がらくたすけっち  ]   2006年11月09日 17:16
神楽坂でランチ後・・・ 看板には4文字の漢字、何て書いてあるのかわからないまま、外観からしていかにも珈琲という雰囲気のカフェに入る。 「ぱうわう」だった。格子窓からこの坂を行き来するサラリーマン達が見える。   

この記事へのコメント

1. Posted by こはる   2006年11月05日 09:21
こんにちは ハシビロコウさん。
はじめてのコメントです!
巴有吾有さんの閉店悲しいです。
壁の色、テーブルの傷、
35年の歴史です。
あと2ヶ月、どうぞごひいきに。
2. Posted by ハシビロコウ   2006年11月05日 19:27
こはる さま
はじめまして!
コメントありがとうございます!
春菊さんのサイトでお目にかかっております。
いやあ本当にショックでした。
やっと初めて入店できたというのに、閉店だなんて・・・。
新しいものは簡単に作れますが、古いものはそうはいきませんものね。
35年の歴史をこうやって閉じてしまうのかと思うと、悲しさがつのります。
せめてあと二ヶ月、出会えた縁を胸に訪れたいと思います。
3. Posted by naoko   2006年11月09日 17:42
ハシビロコウさん、こんばんは。
私も初めてこのお店に入りました。
すべてが珈琲のためにあるような素敵な空間...
あと、2ケ月ですか、ホントに残念ですね。
TBさせていただきます。
4. Posted by ハシビロコウ   2006年11月12日 23:50
naoko さま
トラックバック・コメントありがとうございます!
ほんと、naoko さんがおっしゃるとおり「有」が二つもあるのに、
なくなってしまうなんて・・・ショックです。
でも、閉店する前に出会えて良かった。
5. Posted by dada2   2007年08月17日 11:28
こんにちは。
今頃、こちらの記事に気が付きました。
こちらも良く通った店だったんですよ。
神楽坂にあの空間がもう無いなんて信じられない気持ちでいっぱいです。
6. Posted by ハシビロコウ   2007年08月17日 19:25
dada2 さま
コメントありがとうございます。
そうでしたか・・・悲しいですね・・・。
巴有吾有は、恥ずかしながら最近知ったお気に入り喫茶店なのですが、
その後すぐに閉店の話を聞き、ショックでした。
古きよきお店がなくなってしまうのはとても寂しいですね。
でも、その空間で過ごした大切な思い出は永遠であれ・・・。
7. Posted by ゆば   2007年09月22日 23:30
はじめまして。私もこちらで拝見して、今頃知りました。今年の正月明けに行って閉まっていたのでただのお休みだと思い、全く気づかなかったのです。今は遠くに住んでいて、夏に帰省した時も閉まっていたのでてっきりお盆休みだと思っていました。すてきな喫茶店だったのでほんとうに残念です。もし理由をご存知でしたら教えていただけないでしょうか。
8. Posted by ハシビロコウ   2007年09月23日 20:01
ゆば さま
はじめまして!
コメントありがとうございます。
閉店の理由はですね、
近くにある東京理科大学が新校舎を建てるために
この土地を買ったからだと伺っています。
帰省の度にお店に伺っていただなんて、巴有吾有は、ゆばさんにとってとても大切な思い出の喫茶店なんですね。
なくなってしまってとても残念ですが、思い出は大切に温めていたいですね・・。
9. Posted by ゆば   2007年09月30日 02:18
ハシビロコウさま、お返事どうもありがとうございます!
理科大の買収だったのですね。。
理科大の建築の教授はモダン建築ずきだと聞いたことがあるので、神楽坂の雰囲気が壊れないことを願います。。
吉祥寺のボアも残念ですよね。(実家が吉祥寺なので、ここにもお世話になってました)
ここ数年、たて続けに古いお店が閉店なので世代交代の時期なのでしょうか。。。?
10. Posted by ハシビロコウ   2007年09月30日 11:22
ゆば さま
コメントありがとうございます。
いえいえ、こちらこそ。お役に立てて嬉しいです。
そうですねー、あの町並みに無機質な大学のビルが立ち並ぶことを想像すると
とても恐ろしいですね。
景観も意識した建物になることを祈っています。
なんと!ゆばさんは、吉祥寺ご出身なのですね。
焼き鳥いせや本店(こちらは閉店ではなく改装ですが)に続き、
昭和の味わいボアも吉祥寺から消えてしまいます。
再開発や建物自体の耐震性などの問題なんでしょうか・・・世代交代。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字