2007年05月03日

~江ノ電途中下車~江ノ電を眺めながら甘味 無心庵

江ノ電線路沿いにある甘味屋さん

甘味処 無心庵

江ノ電に乗って鎌倉駅方面へ。
住宅街の中にある鎌倉駅手前の無人駅、和田塚駅で下車します。
で、目の前の線路を左右確認しながら渡りきったところに・・・。


bb99c039.jpg

ae27caef.jpg


線路の前にある甘味屋 無心庵


築80年以上の、鎌倉らしい風情ある佇まい。

和田駅ホームから10秒程で到着です。
休日の5時前到着で、すでに10組ほどの行列ができていました。
目の前が線路なので、あまり並ぶと線路に入ってしまいそうです。


9057fd2c.jpg


お座敷から眺められる綺麗な庭


閉店前の夕方だからか、お客さんの回転は思っていたよりも早く、10分ほどで店内の囲炉裏端に案内されました。
こちらでメニューを見ながら席が空くのを待ちます。

無心庵は18年ほど前に開店し、一度閉店したのですが、常連客の熱望により4年ほど前に再オープンしたんだそうです。


d3ef019f.jpg


お庭が見えるお座敷で


春の花が彩りを添える美しいお庭、その先を江ノ電が走る風景。
他では味わうことができませんね。

お汁粉やあんみつに使われている自家製餡は、北海道産の小豆を使用しているそうです。


a734e75d.jpg


豆かん 500円


ふっくらと炊き上げられた、程よく塩が効いた赤えんどう豆に、黒蜜の程よい甘さがよく合っています。

鎌倉散策の後で、鎌倉ならではの風景を楽しみつつ美味しい甘味を頂く幸せ。
人気の理由が分かりますね。 

お土産として、あんこ玉が販売されています。


・・・
・・

ちなみに、和田塚駅。

塚が付くことからちょっと想像がつきますが、駅から海岸方向へ少し歩くと、駅の名前の由来となった和田塚があります。

明治25年に新道を開く為に付近の工事を行ったところ、大量の人骨が出土したそうです。
鎌倉時代に起こった最も大規模な内戦といわれてる、北条氏と和田氏の戦いで負け、滅亡してしまった和田一族の墳墓の跡なのではないかと想定され、和田一族戦没地の碑が立てられました。


しかし、塚は向原古墳群といわれる古代古墳群の一部という説もあり、本当に和田一族の墓なのかは、謎なんです。

史跡・歴史好きな方、散策ルートに加えてみてはいかがでしょう。






■お店情報


住所 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-2-13
    地図
時間 10:00~17:00
電話 0467-23-0850
定休 水・木曜(祝日の場合は営業)
その他 店内禁煙







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※下に表示される広告はドリコム側が挿入しているもので、
私の記事とは全く関係ありません。


at 11:00│Comments(2)TrackBack(1)★鎌倉・湘南 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 鎌倉の無心庵で贅沢時間  [ 銀座OL&横浜OL ちょっとリュクスな毎日 ]   2007年05月08日 01:33
今日のご紹介は、鎌倉の無心庵。 落ち着いた雰囲気の室内と、美味し?い甘味が、リピーターを増やしている理由。 お店の入り口は、なんと江ノ電和田塚駅の線路の目の前! 線路を横切って、お店に入ります。 靴を脱いで、お店の中へ入ると、レトロな落ち着いた...

この記事へのコメント

1. Posted by yumi(銀座OL)   2007年05月08日 01:36
いつもありがとうございます~♪
無心庵はとても昔の記事なのによく気がついてくださいました(^_^)
あんみつの写真、とても美味しそう~。
お腹が鳴ってしまいます。
2. Posted by ハシビロコウ   2007年05月08日 12:44
yumi さま
コメント&TBありがとうございます。覚えてくださって嬉しいです!
こちらのお店、ずっと気になってたんですよね。
ようやく訪れる事ができました♪
夕方近い時間なのにお客さんの大行列でびっくりしました。
鎌倉散策の一休みにはもってこいですね♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字