2007年05月08日

~江ノ電途中下車~美しい庭園も楽しめる 鎌倉文学館

気品と格調を感じる、鎌倉の洋館

鎌倉文学館

江ノ電の由比ガ浜駅で下車し、住宅地を少し歩いて5分ほど。
新緑の緑が鮮やかな美しい紅葉の木々が出迎えてくれます。


eb29fedd.jpg


招鶴洞


新緑を楽しみながら、さらに進んで石造りのトンネル招鶴洞を通ると、ようやく鎌倉文学館の入り口にたどり着きます。
休日でしたが、人はあまり見かけませんでした。
静かで美しい庭園で、マイナスイオンシャワーをたっぷりと浴びることができます。


430e9eee.jpg


鎌倉文學館


つつじの花が咲く頃は、彩りも豊かになりそうですね。

この洋館は、三島由紀夫さんの作品「春の雪」に登場する別荘のモデルでも知られているそうです。
目の前には広い庭が広がり、バラ園もあります。
春や秋の薔薇の季節は、訪れる人もぐっと増えそうです。
私が訪れたのは4月の下旬頃だったので、バラの花はまだ全てつぼみの状態でした。

鎌倉文学館は、鎌倉にゆかりのある文学者の方々を紹介する施設として開館しました。
モダンな洋館の内部は見学することができ、川端康成、芥川龍之介、与謝野晶子、夏目漱石など鎌倉ゆかりの文学者の自筆原稿や愛用品など貴重な資料を展示しています。



55723042.jpg


玄関からの景色


観覧料は展覧会によって異なります。
通常は300円で、企画展によっては400円になります。

絨毯敷きなので、玄関で靴を脱いでから入館。
文学者の方々の資料はもちろん、洋風のなかにも和のテイストがある美しい館内を見学できるのは幸せです。

内部は、幾何学のアールデコ様式で、外の明るい光が吸い込まれ美しく輝くステンドグラスやアンティーク調の照明器具にうっとり・・・。
窓からお庭を眺めると、緑に囲まれた庭園の先にキラキラと輝く由比ヶ浜の海。
美しい景色に見惚れ、時間を忘れて眺めてしまいます。

鎌倉文学館と広大な敷地は、加賀百万石の大名だった旧前田公爵の鎌倉別邸邸『長楽山荘井』として明治20年に建てられました。
一度焼失してしまったため、現在の建物は昭和11年に建てられたものです。
昭和58年に鎌倉市に寄贈され、2年後に鎌倉文学館として開館。
平成12年には、国の登録有形文化財に指定されました。


休憩室もあるので、ゆっくりと見学できます。


bcadfa22.jpg



5月12日(土)~6月3日(日)まで、「バラまつり2007」が開催されます。

庭園のバラ園では、170種200株のバラを楽しめます。
バラまつりでは、「毎日先着200人にバラのグッズをプレゼント」、「バラ講座」「ローズガーデンコンサート」等、イベントが予定されているそうですよ。


紹介してる自分が、行きたくなってしまいました笑。

秋のバラの見頃は、10月中旬~11月下旬です。





■施設情報


住所 神奈川県鎌倉市長谷1-5-3 
    地図
時間 3月~9月 9:00~17:00
    10月~2月 9:00~16:30
    (入館は閉館30分前まで) 
電話 0467-23-3911
定休 月曜(月曜日が祝日の場合翌火曜休館)
その他 鎌倉駅より路線バスも利用できます。
     駐車場なし







at 13:48│Comments(2)TrackBack(2)★鎌倉・湘南 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ♪澁澤龍彦 カマクラノ日々【鎌倉 鎌倉文学館】  [ 湘 南 く い だ お れ ー ]   2007年05月08日 23:51
■鎌倉文学館  鎌倉市長谷1-5-3  ?:0467-23-3911 OPEN 9:0017:00(入館は16:30まで) 月曜休館 ※「澁澤龍彦 カマクラノ日々」は7/8まで開催中)
2. 鎌倉文学館の躑躅(つつじ)  [ 横浜写真ライフ (yokohama photo life) ]   2007年05月13日 13:56
鎌倉文学館・公式HP 江ノ電 時刻表・所要時間 鎌倉の江ノ電・由比ケ浜駅から徒歩7分のところにある、バラ園で人気の鎌倉文学館(旧前田侯爵鎌倉別邸を改築し、 鎌倉にゆかりの深い文士たちの作品や資料、記念品を、展示している)を訪れてみました。 朝9時、開館直...

この記事へのコメント

1. Posted by 花宵   2007年05月20日 21:13
此処、1度行ってみたいと思ってたのデス。
お邸には目がないので。笑。
駒場公園内の旧前田公爵邸は中も写真OKなので、
一時期は良く行って写真ヲ撮りまくり、
ブログのネタにしたのデスガ。笑。
鎌倉文學館て薔薇でも有名な場所だったんですね。
ただいま其方で、
「澁澤龍彦 カマクラノ日々」
ヲやっているので、近々行ってみようと思いマス。
いつもステキな情報ヲありがとデス♪
2. Posted by ハシビロコウ   2007年05月21日 10:14
花宵 さま
コメントありがとうございます。
こちらの館はですねー
花宵さんのお越しを、首を長くしてお待ちしておりますよっ!
今回初めて訪れたのですが、
花宵さんもこの雰囲気好きだよな~って敷地に入る時から思いましたもん。
館内は展示室なので、写真が撮れないんですよ。
目に焼き付けて下さいね♪
館から眺める庭園とその先に見える海・・・
感動ものです。
駒場公園の旧前田侯爵邸洋館は無料なんですね。
なんと太っ腹!
私も行ってみます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字