2007年05月16日

吉祥寺の昭和喫茶 ボア

昭和32年創業、居心地の良い老舗喫茶店

ボア

気にしていないと通り過ぎてしまいそうな場所に、素敵な喫茶店があります。
場所は吉祥寺駅南口(井の頭公園方面口)からすぐ。
京王井の頭線駅ガード下沿いの、井之頭通りに向かう途中にあります。
そうそう、過去にご紹介した「カフェ yucca」の隣です。


今年9月末日をもって閉店が決まってしまいました。
とても寂しいです。
詳しくはこちら


(9月29日追記)
閉店日延長で、10月9日(火曜)3時閉店となりました。



a7854b2f.jpg


平日の3時過ぎに伺いました。

古くてシンプルで・・・でもモダン。
ペパーミントグリーンの木製ドアを開けると、おばちゃんウェイトレスさんがお二人。
店内は、手前のテーブル席と、少し奥まったところにあるソファー席に分かれています。
お客さんは、私を含めて4人程。
皆一人客で、静かに自分の時間を楽しんでいるようでした。


3cfe9f84.jpg


白熱灯の優しい光


ソファー席に案内され席に着くと、お水とビニールに入ったタオル地のオシボリが出されました。
何気ない事ですが、タオル地のオシボリが出されると嬉しいですね。
初めて入ったお店でも、すぐに寛げちゃいます。

とてもいい感じの赤い革張りソファに白いカバー。
建物はだいぶ古びていますが、照明一つとってもレトロモダンなインテリア。
インテリアから小物に至るまで、なんと洋画家の東郷青児が手がけ、プロジュースしたんだそうです。
もちろん、彼の絵も飾ってあります。


東郷青児がプロジュースしたお店は、他にもあるそう。
(京都市下京区の「ソワレ」など)



9a1fb149.jpg


ハーブティーを頂きながら・・・


ハーブティーは5種類で、全て手作りクッキー付き。
私が頂いたのは、オレンジ・スパイサー。
その名の通り、爽やかな柑橘系にちょっとスパイスが効いていて美味しい。
メニューの説明には、「イライラを抑え、胃にやさしい」とありました。
ティーパックの入ったポットでサービスされるので、3~4杯ぐらい頂けます。

そのほかのメニューは・・・

コーヒー・紅茶がそれぞれ10種程、ジュース類も豊富。
なんと、ダイエットペプシとコーラフロートには、ジョッキサイズもあるみたいです。
ダイエットにはなりませんね~ウインク
パフェやあんみつなどの甘味や、ミックスサンド・小倉トーストなどの軽食もあります。


FM横浜のラジオがBGM。
葉山情報なんかを聞きながら、ゆったりとした時間を楽しんでいると、あっという間に夕暮れに。


22551dd5.jpg


ソファー席から、くるっと振り返る


ボアの手作りサンド類は、持ち帰りも可能!
(夏場は持ち帰り時間30分以上はNGですが)
井の頭公園でボアの手作りサンドをほおばるのもいいですね。
東郷青児さんがデザインした素敵な包装紙も販売されています。

次回は小倉トーストを頂いてみたい。
ゆであずきと生クリームが、こんがり食パンにぴったりなんですって。

吉祥寺っ子たちに長年愛され続けてきたであろうボア。
古いものを残していくのはとても大変だと思います。
でも、いつまでも吉祥寺で輝いていて欲しいと願うお店の一つです。




■お店情報


住所 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-2-2
   地図
時間 10:00 - 19:30
電話 0422-44-5111
定休 水曜















at 20:00│Comments(6)TrackBack(0) ★吉祥寺エリア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by naoko   2007年05月17日 09:25
♪東京にもあったんだ~~
あれ、どこかで流れています。。
(京都ばかりでなく、そうだったんだ~ 笑)
ここ、インパクトありますよね、外観!
中に入る勇気はありませんでした。
けれどハシビロコウさんのこの記事を読んだ今は、いつか覗いてみよう!
という気になりました。
このレトロな空気は本物、
簡単に、新しくできるものではありませんね。とても貴重なお店、
ホントずっとこの地で輝いていて欲しいですね。
どこかで東郷青児の絵が印象的なお店に入ったことがあったんだけど・・・
記憶がぁ。。思い出せません。
自由が丘の「モンブラン」だったか。。
2. Posted by 華尉梨   2007年05月17日 17:38
お初です今後ともヨロシクです
  自分も吉祥寺の昭和喫茶いってみたいな{笑い}
3. Posted by ハシビロコウ   2007年05月18日 08:45
華尉梨 さま
はじめまして!
コメントありがとうございます。
とっても寛げますので、吉祥寺にお越しの際は、
是非是非お立ち寄り下さいませ♪
こちらこそ、よろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
naoko さま
コメントありがとうございます。
私にも、福山雅治の甘い歌声が聞えてきますよ~笑。
naokoさん、きっと気に入って頂けると思います!(断言)
naokoさんの視点でボアを感じた記事が見たい~!(希望)
無くすのは簡単ですけど、歴史を築き上げるのは大変ですもんね。
がんばって、生き続けて欲しいです。
自由が丘の「モンブラン」というお店ですね。
今調べてみましたが、素敵ですね!いつか訪れてみたい!
調べてびっくり、東京には他にも・・・
渋谷の「フランセ」、成城「アルプス」も東郷青児がプロデュースし、
彼の作品も展示してあるそうです。
写真について、お返事ありがとうございました。
すっごく心に響きました!!
4. Posted by 某子   2007年05月20日 17:46
この店!
何度も前を通ったことがあって、
気になっているお店だったけど、
入ったことがない店でした。
今度入ってみよ~。
こういう情報があると、すぐ行く気になるから
嬉しいものです。ありがとー!
あ、それから自由が丘の「モンブラン」は
ケーキの定番、モンブラン発祥の地だそうです。
こちらはもちろん?チェック済みです!
ぜひ行ってみて~。
5. Posted by 花宵   2007年05月20日 20:58
嗚呼ッ!!
行ったのですね。笑。
やはり入り口で躊躇してしまいますが、
中は別世界ですよね♪
私は東郷青児の絵が観たかったので、
手前の赤い椅子のあるポップな感じのお部屋でお茶ヲ頂きましたが、
奥はまた雰囲気がクラシカルで◎ですね♪
次回は是非奥でお茶ヲいただいてみます。
オムレツサンド(?)もフワフワで美味しかったデスョ☆
それにしてもお持ち帰りが可能とは吃驚でした。
持ち帰りのバアイは青児の包装紙で包んでくれるのかしら・・
チョット疑問の巻。
6. Posted by ハシビロコウ   2007年05月21日 10:03
花宵 さま
コメントありがとうございます。
そうなのですっ!
花宵さんの記事を読み、行ってまいりましたよ。
一度入店してしまうと、怖いもんはなしです笑。
手前と奥の席で雰囲気が全く違うので、
どちらに座るかだけでも結構楽しめますよね♪
あの奥のボックス席は、時の流れが止まっているようです。
一度味をしめると、何度も通いたくなりますね。
まだお料理は頂いたことないので、次回チャレンジしてみます。
あーっ!ホントだ。
お持ち帰りのサンド、あの包装紙で包んでくれたら飛び上がりますね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
某子 さま
コメントありがとうございます。
良かった良かった!
気になってたんだけど・・・って方に是非利用してもらいたかったんですよ。
某子さん、きっと気に入ってくれると思っています。
お店の方も、お客さんを(良い意味で)放置して下さるので、
自分の世界にどっぷりと浸かれるんですよね。
とても空いているので、経営が心配なのですが・・・。
「モンブラン」、店名にするだけあって、発祥の地だったんですね!
これは足を運ばねばなりませぬなっ♪

コメントする

名前
 
  絵文字