2007年07月20日

癒しの空間カフェ 横尾 @吉祥寺

居心地の良い、かわいらしい吉祥寺Cafe

お茶とお菓子 横尾

個性的なお店が立ち並ぶ、吉祥寺の東急百貨店裏エリア。
細い道を入ったところに、ひっそりと可愛らしいお店があります。

控えめな看板にワクワクしながら、一歩中に入ると、手作り感のある温かい空間が迎えてくれます。


ec0c4a0d.jpg

f00f0c93.jpg


どこか懐かしい・・・ほっとする癒し空間


真っ白い壁、いい感じに古びた木材、どこか懐かしい感じがするテーブルや椅子・・・。
調和がとれていてとってもお洒落。
ほんわか温かな店内は、恵比寿で古道具屋さん「antiques tamiser」を営む吉田昌太郎さんプロジュースによるものです。


31d62e38.jpg


そんなに広くない店内には、明るい光が差し込む窓際にあるカウンター席に、テーブル席がいくつか。
ゆったりと一人の時間を過ごしたり、二人でわいわい話に花を咲かせたり・・それぞれの楽しみ方ができそうな空間です。

お茶とお菓子・・・とありますが、美味しいお食事も頂けるんです。


730054ca.jpg


比内地鶏のそぼろごはん 850円


お料理はもちろん、器も負けてはいません。

岩のりのすまし汁、いぶりがっこ、小鉢がついています。
横尾のカフェごはん、とても美味しいんですよ。
雰囲気にぴったりの、丁寧にこさえた料理といった感じ。

秋田名物のいぶりがっこ、初めて頂きました。
たくあんが燻製されて、その風味と歯ごたえに感動しちゃいました。

お食事メニューはランチタイムに限らず頂けます。
また、12:00~14:30にお食事の注文をした人は、飲みものが200円引き(ビール、ぶどうジュースを除く) になります。



6e5934ec.jpg


チコリのカフェオレ 650円


チコリって何だろう??と思って注文してみました。

チコリとは、菊科に属する植物、別名キクニガナと呼ばれています。
野菜としてだけではなく、根の部分は「チコリコーヒー」として使われているんだそうです。
第二次世界大戦中、ヨーロッパでコーヒー豆が輸入出来ずにいた頃に代用コーヒーとして広く愛用されていた事がはじまりとか。
タンポポコーヒーなどと同様に、ノンカフェインなのが嬉しいですね。


ちなみに、チコリは「肝臓の友」と呼ばれていて、腸内環境を整えて肝機能を促進させる効果が期待できるそうです。
さらに、鉄分やミネラルが豊富。
近年、チコリオリゴ糖という成分が発見され、このチコリオリゴ糖でカルシウムの吸収が促進されるそうです。

体に良さそうな飲み物ですが、味もとっても美味しいんです。
香りが良くコクがあって、後味に少し野菜の甘みを感じます。
沢山飲んでも胃に負担がかからない気がしました。
コーヒーよりも好みかも。



220443bf.jpg


お抹茶 650円


夜の横尾もなかなかムーディー。
美味しいお抹茶に、酔っちゃいそうです。

メニューには、それぞれいろんな種類の飲み物があって決めるのが大変。
コーヒー、無農薬のスウェーデン紅茶、日本茶にビール、夜のメニューには、焼酎や梅酒、本格的なおつまみも用意されています。


お菓子は、お汁粉に牛乳ゼリー、栗だんご等々、思わずほっこりしちゃう嬉しいラインナップです。


78fcf13f.jpg

452abf01.jpg



隠れ家にしたい、お気に入りのカフェです。

ちなみに、吉祥寺駅の井の頭公園側の井之頭通りそばに、姉妹店の「日本酒と料理 横尾」があります。




■お店情報


住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-7
    地図
時間 12:00~20:00 (L.O. 19:30)
    7~9月までの夏期のみ、
    金・土・日曜は夜10時半まで営業   
電話 0422-20-4034
定休 火曜・第3月曜












at 22:50│Comments(0)TrackBack(1)★吉祥寺エリア 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. チコリのアイスカフェオレ♪【吉祥寺 お茶とお菓子 横尾】  [ 湘 南 く い だ お れ ー ]   2007年08月16日 01:02
■お茶とお菓子 横尾 武蔵野市吉祥寺本町2-18-7 ?:0422-20-4034 OPEN 12:00〜20:00 (7?9月の週末は夜10時半まで営業) 火曜・第3月曜休。★吉祥寺近辺で仕事があったので、東急百貨店そばの【お茶とお菓子 横尾】へ。ここは以前買ったカフェの本で紹介されて...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字