2007年08月17日

諏訪大社 -下社秋宮-

諏訪大社 -下社秋宮-

春宮から戻って、今回宿泊した旅館「聴泉閣かめや」そばの諏訪大社下社秋宮に参りましょう。
秋宮は、下諏訪駅の東北約1キロ、春宮からも東へほぼ1キロの地点、旧中山道と甲州街道の分岐点の要所に鎮座しています。

06416e8c.jpg


秋宮の鳥居


温泉街で宿場町、昔はとても栄えていたこの場所にある秋宮には、鬱蒼と緑が茂っていて、神社らしい雰囲気が漂います。

鳥居の手前左手には、千尋池と呼ばれる池があります。
この池には、神社の御手洗川の清流が流れこんでいます。


しばらく進むと、立派な神楽殿が見えてきました。


4982e940.jpg


秋宮の神楽殿


太くて立派なしめ縄がとても印象的です。

こちらの神楽殿は、三方切妻造り。
切妻造(きりづまづくり)とは、屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根を用いた建築様式のことです。


諏訪の工匠で二代目・立川和四郎富昌が天保6年(1835)に建立しました。
諏訪湖の反対側に鎮座する上社本宮も同じく彼の作。


0f7bec72.jpg

e1b09dd8.jpg


大きな狛犬


神楽殿の両脇には、とても大きな狛犬がいます。
青銅製では日本一と言われる狛犬で、身長は1m70もあります。
「忠」と「孝」の文字が彫られた立派な台座に座っているので、下から見上げてしまうほど大きいのです。



48222e8b.jpg


圧巻!大きなしめ縄


しめ縄の太さは、出雲大社と同じなんだそうです。

さらに進み、幣拝殿へと向かいましょう。


81f490ba.jpg


秋宮の幣拝殿


幣拝殿とは、祭祀・拝礼を行なうための拝殿と、祭儀を行い、幣帛(神様への捧物)を奉る幣殿が一体となった場所。

二重楼門造りの拝殿と門を兼ねた形式の幣拝殿には、左右に回廊形式の片拝殿と呼ばれる建物が並んでいて、春宮の社殿構造と同じなのが分かります

これらの建物は、江戸時代中期の諏訪出身の工匠初代・立川和四郎富棟が安永10年(1781)の春に落成させたとされています。
春宮を請け負った柴宮長左衛門矩重と技術を競い合ったのですね。


a3e0a383.jpg


細かで美しく、躍動感のある生き生きとした彫刻がお見事です。
各所に付けられた建築彫刻はどれも素晴らしく、参拝の後にしばらく見入ってしまいました。

同じアングルで、春宮も撮影していますので表情の違いなど、見比べてみてください。
どちらも素敵ですよ。



72836c76.jpg


幣拝殿の奥にうっすら拝見できるのが、御宝殿。

幣拝殿の奥には、神社の最古の形式のひとつである神明造りの御宝殿が二つ並んでいます。
御宝殿は茅葺き・切り妻・平入りの簡素で古風な形式を持ち、申・寅の7年ごとに左右を順番に新築するんだそうです。
新しい方を神殿、古い方を権殿と呼び、寅年と申年ごとに左右の御座祭を行っています。

室町時代の記録では、新築後6年間雨風に晒し清めて御遷座をなし、直ちに旧殿を解体新築という形式だったようですが、いつしかこれが逆になり、祭典の直前に旧殿を立て直して新殿に御遷座するようになりました。

御宝殿の奥は、御神座とも言われ、御神木をお祀りする下社のもっとも重要な場所なのだそうです。
上社の神体山に対して、下社では、御神木を御神体としてお祀りしており、古代祀祭の形式を今に残しているんです。


下社の神事のひとつ、御船祭(おふねまつり)は、毎年8月1日に行われます。
2月1日に春宮にお遷しした御霊代(みたましろ)を、神幸行列を以って再び秋宮に遷す遷座祭に引続き、下社例大祭が行なわれます。
この遷座の行列に次いで、青柴で作った大きな御舟に翁と媼の人形を乗せた柴舟を、当番地区の氏子数百人によって春宮から秋宮へ曳行されます。


おもしろいですね。
下社の主祭神である女神の八坂刀売命は、鎮座場所を季節によって変えるのです。
2月から7月まで春宮に鎮座し、8月1日の御舟祭で 秋宮に遷座し、翌年の2月1日に春宮にまた帰座されるのです。


やっと諏訪の旅一日目が終了です。
次回は下諏訪から上諏訪方面に移って、上社本宮と前宮などを訪れます。





■下社秋宮情報


所在地 長野県諏訪郡下諏訪町上久保5828
     地図
交通 JR下諏訪駅徒歩15分ほど
途中、美味しい信州お蕎麦屋さん、「山猫亭」があります。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の諏訪の旅一覧リンク


信州・石臼挽手打ち蕎麦 山猫亭 @下諏訪

リンゴ園経営の素敵なカフェ ル・ポミエ @上諏訪

諏訪の旅・下諏訪の旅館で宿泊 聴泉閣かめや

下諏訪・秋宮周辺見所スポット-古墳や町並み-

諏訪大社下社秋宮~春宮を結ぶ旧中仙道沿いの風景

信州に鎮座する、諏訪大社とは・・・諏訪大社について

諏訪大社下社春宮

下諏訪の人気者に会いに行こう!-万治の石仏-

諏訪大社下社秋宮

諏訪大社上社本宮

諏訪大社上社前宮

たしかに高すぎです・・・高過庵

諏訪地方の古代ロマン・神長官守矢史料館

諏訪の古代信仰☆ミシャクジ神ワールド

最後に諏訪ネタ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

















at 18:43│Comments(0)TrackBack(0)★長野県・諏訪大社など 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字