2007年08月19日

諏訪大社 -上社本宮-

諏訪大社 -上社本宮-

下社春宮と秋宮のある下諏訪から上諏訪駅に移動です。
JR上諏訪駅から上社本宮までは路線バス「かりんちゃんバス」がでているようですが、本数が少ないので、時間に余裕がない方はタクシーでの移動がおすすめです。
上社の二社(本宮と前宮)は、下諏訪駅よりは茅野駅の方が近いので、そちらからタクシーでも良いですね。

では早速、上社本宮をご紹介


上社本宮は、JR上諏訪駅から東南へ6キロ、神体山である守屋山の山麗で中部地方唯一と言われる原生林に抱かれるように鎮座しています。
また、諏訪大社四社の中で、もっとも多く建造物が残っています。

f3680b84.jpg


東参道の銅鳥居


神社の中から東参道を臨んで撮影しました。

鳥居の前には、御手洗川という小さな川が流れ、神橋が架かっています。

本宮の参道は、東参道、西参道、北参道の3つ。
メインの入り口は北参道で、そちら側にはツアーや団体客でとても賑わっていました。
実は先に、本宮から東方面にある前宮に訪れ、歩いて本宮にたどり着いたので東参道から入った訳です。



c889f075.jpg

5e8dc53d.jpg


長い廊下


東参道側からまっすぐに伸びる廊下は、布橋と呼ばれています。
長さは38間(約70m)で、明治維新までは上社の大祝(おおほうり)のみが通る事のできる廊下でした。
大祝とは、次回の前宮の回で説明しようと思いますが、上社の祭神の後裔で諏訪大神の神格を持つ現人神のことです。
現人神は、いわゆるシャーマンのこと。ワクワクしちゃいますね~!
この廊下には布を敷いたので、布橋のという名がつきました。

布橋を歩いていると、左側にふたつの御宝殿を間近で拝見することができます。
御宝殿の中には御輿が納められていて、一般の神社の本殿に相当する建物で、本宮で一番大切な建物になります。
下社では、幣拝殿の奥にあってなかなか全体を拝見することができませんでしたので、なかなか貴重です。
こちらの御宝殿も、御柱祭のたびに交互に建て替えられます。


この宝殿の屋根からは、どんな干天のときでも最低三滴の水滴が落ちると言われており、「宝殿の天滴」として諏訪大社七不思議の一つに数えられています。
そのことから、諏訪の神さまが水の神として崇敬されるようになったといわれます。
過去にご紹介した「御作田神社の早稲」も七不思議の一つ。


b2597209.jpg


四脚門


二つの御宝殿(左側の東御宝殿、右側の西御宝)の間には、本宮最古の建物である、四脚門があります。
四脚門は慶長13年(1608)に徳川家康が家臣の大久保長安に命じて造営寄進したもので、別名を勅使門といいます。
とても細かな彫刻が特徴で、頭貫木鼻などの細部様式が桃山時代の特徴を示しているそうです。

背後には、神体山である守屋山がどっしりと構えています。


7e5b1f56.jpg


参拝所


この拝所は、一般参拝客が入っていくことができる最後の社殿になっています。
参拝所の奥に幣拝殿があります。
御宝殿は守屋山を臨んでいるのに対し、参拝所と幣拝殿は上社前宮のある東方向に向いているのです。

神体山である守屋山を向かずに、前宮の方角を向く・・・。
その訳は、どうやら諏訪大社の信仰と諏訪地方の古代からの信仰で、拝むものが少し異なることから来ているようです。
前宮のある方向に布橋が架かっていることから考えて、大祝(現人神)が住んでいた前宮の信仰に関わるのでしょうね。


有史以前の、その土地の信仰って歴史は深いし複雑に絡み合ってるし、知れば知るほどほんっとに面白いです。
宇宙人がやってきて、そこに神社を建てた!!
なぁんて言われても、思わず納得しちゃいそうなほど、ロマン満載です。
でも、あまりに深すぎて、私には表面部分しか知れませんし語れません。
間違って解釈しているところも多々あると思いますので、皆様、かるーく流してください・・・。


d6421b2c.jpg


勅願殿


他の建物とは一段高い場所に勅願殿があります。
元禄三年(1960)に諏訪高島藩によって建てられたもの。
昔、朝廷や諸侯の祈願を行ったところだと伝えられています。

勅願殿の奥は、守屋山がそびえています。

本宮の昔の建物には、極彩色が施されていたそうです。
現存するもの以外にも、沢山の建物が並んでいたとか。
しかし、天正十年(一五八二)に織田信長の兵火のため、山中に逃れた神輿の他はすべて焼失してしまいました。


その後まず仮殿が作られ順次再建され社殿は元和三年(一六一七)に完成しました。
さらに約200年を経て諏訪藩主によって社殿の改築が計画され、立川和四郎二代目富昌が地元の宮大工と共に、天保二年から九年(一八三八)まで八年の歳月を要して現在の社殿を落成させました。



次回は、諏訪大社のラスト!
とっても素敵な上社前宮をご紹介します。




■諏訪大社上社本宮情報


所在地 長野県諏訪市中洲宮山1番地
    
アクセス JR中央線上諏訪駅から東南へ約6km
     「かりんちゃんバス」利用で40分
     (便が少ないので時刻表を確認してください) 
     タクシーですと、茅野駅からの方が近いです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の諏訪の旅一覧リンク


信州・石臼挽手打ち蕎麦 山猫亭 @下諏訪

リンゴ園経営の素敵なカフェ ル・ポミエ @上諏訪

諏訪の旅・下諏訪の旅館で宿泊 聴泉閣かめや

下諏訪・秋宮周辺見所スポット-古墳や町並み-

諏訪大社下社秋宮~春宮を結ぶ旧中仙道沿いの風景

信州に鎮座する、諏訪大社とは・・・諏訪大社について

諏訪大社下社春宮

下諏訪の人気者に会いに行こう!-万治の石仏-

諏訪大社下社秋宮

諏訪大社上社本宮

諏訪大社上社前宮

たしかに高すぎです・・・高過庵

諏訪地方の古代ロマン・神長官守矢史料館

諏訪の古代信仰☆ミシャクジ神ワールド

最後に諏訪ネタ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











at 09:23│Comments(5)TrackBack(0)★長野県・諏訪大社など 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ごる   2007年08月20日 10:04
こんにちは。久し振りです。暑いですね!
ハシビロコウさんが諏訪に行ってるとは存じませんでした。
その頃私は上野で本物の?ハシビロコウに会ってました!
ブログにもそのお姿をアップしましたよ。
初めて会いました。楽しみだったんですよ。
いつか行こうと言ってたので叶って良かった。
諏訪大社へは行ったことはありますが、さすがちゃんと見てらっしゃるんで、自分が恥ずかしくなります。
来月中旬には私も8泊9日の西への旅に出ますので、駆け足の旅ですがちゃんと色々見てこようと改めて思いました。
石仏、可愛いっす!
2. Posted by ハシビロコウ   2007年08月20日 16:07
ごる さま
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
ほんと、溶けて蒸発しちゃいそうなぐらい暑いですねー!
なんとなんとっ、ご本家ハシビロコウにお会いになったのですね。
私は、お恥ずかしながらまだ会った事ないんですよ。
諏訪大社の話、読んでいただいてありがとうございます。
もっと簡単に読みやすく書けないものかと苦心中です笑。
自分の興味のあることだけ、くどくどと書き連ねています・・・。
来月は暑さも和らぐし、よい旅日和ですね。
8泊9日、ゆっくり楽しんできてください。
素敵な旅を!
大仏コメントもありがとうございますっ。
3. Posted by RIN   2007年08月22日 03:33
素敵な画像と文章に、まるで諏訪に参拝しているような気分になり、うきうきして今、読ませていただきました。私は大阪に住んでいますが、毎月 長野県諏訪大社に月参りをつづけて4年になります。大好きなんです 諏訪大社が(*μ_μ) 素敵なブログありがとうございました 
4. Posted by ハシビロコウ   2007年08月22日 08:53
RIN さま
コメントありがとうございます。
なんと!大阪から毎月、諏訪大社にお参りされていらっしゃるのですね。
諏訪大社をとても愛している方からそんなお言葉を頂くなんて、
ありがたいやら嬉しいやら、感謝感激の嵐です。
こちらこそ、ありがとうございました!
5. Posted by カミタク(諏訪大社上社本宮訪問記)   2009年09月20日 19:07
はじめまして。カミタクと申します。
 私が運営するホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・コンテンツ「諏訪大社上社本宮訪問記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/NAGANO03.HTM
から、貴記事にリンクを張りましたので、その旨報告申し上げます。
 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字