2007年11月04日

上高地2007・9 -お気に入りのお宿・五千尺ホテルに泊まる-

今回の旅のお宿は・・・

上高地五千尺ホテル

前回の宿泊でとても好印象だったので、今回も迷わず五千尺ホテルにしました。

e6509dc7.jpg


時期によるかもしれませんが、静かでゆったりと過ごせる快適な宿です。

ちょっとしたサービスも心に響きます。
冷蔵庫に入っている飲み物は無料なのですよ。
前回は、小さいサイズの瓶入りリンゴジュースが入っていたのですが、今回は無くて、かわりに「なっちゃん」が入っていました。
他に、ペットボトルのお茶数本とビール二本。
リンゴジュースがなくなっていたのは残念でしたが、その分、ラウンジで美味しいケーキと共にリンゴジュースを堪能しました。

散策用の熊避けのためのカウベルや、虫除け、ポンチョや傘も貸してくれます。

そして、お食事もとても美味しいんです。
去年も書きましたが、チェックイン時に食べ物のアレルギーや嫌いなものを聞かれます。
細かい配慮が嬉しいですね。
さらにお皿に盛られる美味しいお料理たちは、上高地の半径90km以内のエリアを独自の食材圏とし、そこで採れた素材なんですよ。
旅に出て、その土地のものを頂く・・・。
当たり前の事かもしれませんが、それがなによりのご馳走。

お料理に使われるお水も、上高地六百山の天然水を使用。
お部屋にもその冷たいお水が用意されています。


なので、五千尺ホテルでのお食事も今回の旅のお楽しみの一つでした。
フランス料理のフルコースですが、ちょっと和テイストもあって、なじみ易い味です。
そして気取らずまったりゆっくりと楽しめるのがいいですね。
コースにデザート盛り合わせがあるにも関わらず、食後の飲み物が出された時に、「好きなだけおとりください」と、五千尺ホテル特製のクッキーがトレーに沢山のって運ばれてきます。
お腹もいっぱいになったので、遠慮がちに二枚ほど頂くと、お部屋に持って帰って構わないので、どうぞどうぞ~と薦められ、遠慮なくもう少し頂きました。

身も心もお腹一杯のひとときでした。


食後、外にでてみると河童橋周辺の宿の明かりのみで空は真っ黒。
夜空をさえぎる光はほとんどありません。
曇り空でしたが、雲の隙間から美しく輝く星達がたくさん!
ほんのひと空間でしたが、星だらけ!
星の瞬きがはっきりと分かります。
これだけの星々を眺めていると、美しい・・・を通り越して、古代から人間が抱く自然に対する敬意の念、「おそれ」というものを感じました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



23d5aff9.jpg


おはようございます!


翌朝。
しゃきっと冷えた空気に、身がひきしまります。
朝食前のホテル周辺の散策です。


bda85330.jpg


そばを流れる小さな川も、キーンと冷えています。


3598ccb3.jpg


美味しそうな実・・・



9317188a.jpg


美味しそうな花・・・


おっと危ない!
世界最強といわれる有毒植物である、ヤマトリカブト(山鳥兜)です。
ヤマトリカブトは特に毒性が強く、花粉がハチミツに混ざると、食べて中毒をおこす恐れもあります。

毒の成分であるアルカロイドの一種の「アコニチン」は、全草(特に根)に含まれています。
食べると嘔吐や下痢・呼吸困難などから死に至ることもあるので、ご注意を!
漢方薬としても使われています。


去年と同じ場所を探してみたら、沢山咲き誇っていました。
ちなみに、花言葉は「人間嫌い」。


dc80d0d5.jpg


マガモさん、朝食中。


私も朝食をとりましょう。

五千尺ホテルの朝食も、とても美味。


食前の安曇野産フレッシュジュース

朝とり健康卵料理 信州高原野菜のソテー添え

ホテルオリジナル焼きたてパン

さつまいもの甘みをたっぷりいかした五千尺伝統の豚汁

シェフこだわりのモーニングデザート&フルーツ

コーヒー又は紅茶



一部、写真でご紹介です。

卵料理は、スクランブルエッグかオムレツか選べます。
画像はありませんが、信州産の美味しいお野菜ソテーと共に、とても美味しく頂きました。


0104fda7.jpg


焼きたてパン


リンゴジュースとともに頂きました。
そのままでも香ばしくてとっても美味しいのですが・・・


46c7aa90.jpg


こちらの五千尺ホテルオリジナルのジャムがまたとっても美味しい。
信州特産のサンフジ種の、リンゴの実が入ったリンゴジャム・長野県特産の杏ジャム・はちみつ。

どれも、甘さ控えめで、素材の味が引き立っていました。


bbc249d0.jpg


五千尺伝統の豚汁


今回も楽しみにしていました!豚汁です。
大きな鍋に、たっぷりと煮込まれた豚汁を好きなだけいただけます。
すりおろしたサツマイモが入った具沢山の熱々豚汁は、寝ぼけた体にとっても優しく浸透していく感じがします。

胃袋が許す限り、何杯でも頂きたい・・・。


f037e5d9.jpg


モーニングデザート


なんとも幸せな、朝っぱらデザート。
ヨーグルトにも、ジャムを加えて味の変化を楽しみました。

美味しくて、ついつい食べすぎ。
チェックアウトの準備をして、荷物を宿に預けて本日の散策と参りましょう。
お天気は曇り時々晴れ。
どうやら関東地方には台風が接近しているらしい・・・??。
ま、帰りの便がどうなるかは運にまかせて、上高地を楽しみましょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2006年上高地の旅記事



2006上高地 東京からの道のり編

2006上高地 河童橋~大正池 編

2006上高地 五千尺ホテル宿泊 編

2006上高地 河童橋→明神池(右岸コース散策)編

2006上高地 嘉門治小屋で焼き魚に舌鼓 編

2006上高地 明神池 編

2006上高地 明神池→河童橋(左岸コース散策)編

上高地 マガモ 編



2007年上高地の旅記事


1上高地2007・9 -上高地到着まで-

2上高地2007・9 -河童橋から大正池への風景-

3上高地2007・9 -上高地2007・9 -上高地帝国ホテルで一休み-

4上高地2007・9 -上高地2007・9 -明神池へ・・右岸コース-

5上高地2007・9 -上高地2007・9 -明神池の風景-

6上高地2007・9 -上高地2007・9 -美味!嘉門次小屋の岩魚塩焼き-

7上高地2007・9 -上高地2007・9 -桂川左岸コース・・河童橋・・帰宅の途-


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



記事の更新が遅れて、すっかり二ヶ月前の内容になってしまいました。
きっと今頃の上高地は紅葉(黄葉?)が美しいのでしょうね。
そして、今、雪化粧の穂高が望めます。
今シーズンは、11月15日(木)の上高地閉山祭ぐらいまでですのでご注意を。







at 10:43│Comments(5)TrackBack(0)★長野県・上高地 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 風見鶏   2007年11月04日 13:35
和テイストのフランス料理フルコース、おいしかったようで何よりです。
地元の食材を使って作られるお料理は旅人には本当に嬉しいですよね。
朝食のパンもとってもおいしそう。
伝統の豚汁もとても気になります。
ヤマトリカブトの花言葉、笑えます。
妙に納得してしまいました。
2. Posted by ハシビロコウ   2007年11月06日 09:15
風見鶏 さま
コメントありがとうございます。
そうですねー、その土地の恵みを美味しく頂くのは、
旅の醍醐味の一つですよね♪
あの豚汁は、朝の冷え切った空気で冷やされた体を優しく温めてくれる御ご馳走なんです。
夕食も美味しいのですが、五千尺ホテルは朝食もとっても大好き。
トリカブトは人にプレゼントできませんねー笑。
それにしても、花言葉って誰がつけたんでしょう??
3. Posted by naoko   2007年11月06日 23:34
いいですね~
何と言っても冷蔵庫の中、無料ってとこ。
しかも、ビールまで入っているってとこ。(笑)
お料理って地元の食材とその土地のお水、
そして、その地の空気の中でいただくのが何より、
最高のご馳走ですよねっ。
熱々豚汁にもそそられますねー。
すりおろしたサツマイモってどんなでしょう。
目も体も目覚めていきますね。
しかも好きなだけって、いいなぁ!(しつこく)
4. Posted by moimoi   2007年11月08日 09:48
上高地の五千尺ホテル!ハシビロコウさんのおかげで物覚えの悪い自分でもしっかと覚えられそうです♪
そういえば昨年もコメントさせて頂いたような気がします(^^)v
さつまいもをすりおろした豚汁・・目が覚めそうだし(笑)からだがあったまりそうだし何よりヘルシーだし美味しそうだなぁ~、しみじみしそう・・
パンやジャム、デザートなどどれもおなかが喜びそうですね。
トリカブト・・・こんなに綺麗にこのあたりでは普通?に咲いてるんですね、色も好きな色ですが、これはちょっと油断出来ない花ですね^^;
5. Posted by ハシビロコウ   2007年11月11日 20:48
moimoi さま
コメントありがとうございます。
はいっ、五千尺ホテル、覚えていて損はありませんぞ~笑。
こちらのホテルのお土産屋さん二階にある河童食堂でも、この豚汁がいただけるらしいのですが、最終日、散策後に立ち寄ろうとするとすでに本日の営業が終了になっていました。
一日二回食べてもいい!と思える美味しい豚汁なんですよっ♪
そうそう、トリカブトは普通に川のほとりに綺麗に咲いていて、知らないと思わず触ってしまいそうなほどです。
油断禁物ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
naoko さま
コメントありがとうございます。
そうなんですよ。心置きなく、冷蔵庫の中を空っぽにしちゃっていいんです。
個人的にはお酒が飲めないので、「ビールなくていいから、リンゴジュース置いて~!!願」という心境なのですが、また次回予約するさいに、ちょこっと相談してみようかな・・・笑。
五千尺ホテルの名物豚汁。
さつまいもの優しい甘みが、豚汁の旨味に加わった感じで、とっても美味しいんですよ~。
すっきなだけ、た~ぷり食べれます。
全部食べてしまいたくなるほどです笑。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字