2008年01月07日

裏路地にひっそり佇む昭和・・画廊喫茶ミロ@御茶ノ水

まるでそこだけ時が止まっているかのようです・・

画廊喫茶ミロ -coffee&wineミロ-

JR御茶ノ水駅の改札を出て目の前にある賑やかな茗渓通りから、目立たない細い細い路地に入った場所に、なかなかレトロな喫茶店があります。


4fd1c4b4.jpg


ミロの外観


慣れていないと、ちょっと入りづらそうな雰囲気ですが、いざ入ってしまえば何て事ありませんでした。
利用したのは去年の秋、平日の1時過ぎです。


97132596.jpg


店内の雰囲気


入り口から見て一番奥の端の席から撮影。
入り口側にもテーブル席が6席ほどあります。
ミロという店名は、店内に飾られているミロのリトグラフ作品からきているのでしょうか。

経営者と思われるご年配の女性がカウンターでなじみのお客さんと談笑しており、オーダーが入ると調理を始めます。
アルバイトと思しき若い女性一名が給仕していました。
店内は、時代を少しタイムスリップしたかと思うような・・・そこに漂う空気や匂いが昭和の純喫茶店そのもの。



0d00ac7b.jpg


ミートスパゲティーセット 


ちょっと懐かし太めで柔らかい麺に、甘めのミートソース。
とろけるチーズが乗っかっているのが面白いですね。
ワンプレートに、付け合せのジャガイモサラダとフルーツが添えられています。
手作り感のある、懐かしい味がしました。

フードメニューは他にも人気のナポリタンスパゲティーやオープンサンドがあります。
ランチタイムは12時~1時までの一時間のみで、食事と飲み物のセットが1000円。
それ以降の時間は、1200円になります。



6a00d9a0.jpg


ご年配の方だけでなく、学生さんなどの若い方もよく利用しているようです。
この建物は戦前に建てられたもの。
なんと昭和29年から、ずっとこの場所で人々に憩いの場を提供してきたのだそうです。
また、開店当初は三島由紀夫もよく利用していたんだとか。

ミロに行ってみようという方は、下の地図を拡大して、どの路地を入るのか確認することをおススメします。
どの路地か分からなくて迷う人が多いそうです。


朝から営業しているので、お得なモーニングセットもあるようですよ。





■お店情報


住所 東京都千代田区神田駿河台2-4-6
    地図
時間 08:00 - 23:00
電話 03-3291-3088
定休 日曜・祝日








at 19:10│Comments(3)TrackBack(0)★御茶ノ水・神田 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 花宵   2008年01月07日 23:42
御無沙汰しておりマス。
今年もよろしゅうお願い申し上げまする。
三島センセイも通っていらっしゃった喫茶店・・
すっごく興味がありマス。
居心地がとっても良さそうですね。
あえて迷子になって、
楽しんで見つけようと思いマス。笑。
ステキな情報に感謝デス。
2. Posted by 某子   2008年01月09日 16:29
今年、というより去年の後半から火がつきかかっているのが、
レトロ喫茶店めぐり。ここで「ボア」をご紹介いただいたのが
きっかけになっているかも・・・。
「ミロ」も行ってみたい喫茶店です。
あの界隈にはレトロな喫茶店が多いですよね。
またいい情報を期待しています!
3. Posted by ハシビロコウ   2008年01月11日 00:43
某子 さま
コメントありがとうございます。
おおーマイブームなんですねっ♪
ちょっぴりお手伝いができて、嬉しいです!
御茶ノ水~神田あたりは味のあるお店多いですよねー。
「ボア」や「巴有吾有」のように閉店せざるを得なくなったりしないように
願うばかりです。
京都の喫茶店も行かれたんですねっ!
京都はすっごく魅力的なお店多いですね~私も行ってみたいです。
ミロに行かれたら。また是非ブログで教えてくださいね。
今年もお世話になります♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
花宵 さま
コメントありがとうございます。
こちらこそ、今年もお世話になります♪
いいですねーいいですねー、
あのあたり是非迷いながら探してみてください。
花宵さんの味わいある視点から、ミロがどういうふうに映るかな・・・
とっても楽しみにしていますよー!
迷子楽し。
こちらこそ、読んで頂いて感謝ですよっ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字