2008年01月27日

日本出国!英国ヒースロー空港へ

先日、旅から帰ってまいりました。

行ってきたのは海の向こう。
ほぼ初めての海外旅行。
飛行機が苦手で英語が苦手で・・・不安も沢山ありましたが、楽しみも沢山。

無事に帰国できたことに感謝しつつ、ぽちぽちとレポしていきます。

今回の旅のためにデジカメ「Caplio R7」を購入しました。
海外の記事のみ、まだまだちっとも慣れていないデジカメバージョンの画像でご紹介します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



日本出国!英国ロンドンヒースロー空港へ



初めてづくしの旅の始まりは、初めての成田空港。
30分前に駅のホームに到着していたにもかかわらず、成田エキスプレスに乗り遅れてしまうというハプニングもありましたが、無事に成田空港に到着。

British Airways -ブリティッシュエアウェイズ-(BA)のジャンボ機で、時差マイナス9時間のイギリス、ロンドンのヒースロー空港へ・・・。

日本時間、午前11時過ぎに飛び立ち、イギリス時間、午後2時過ぎに到着予定。
12時間の空の旅でしたが、緊張のため一睡もできず。
しかし、飛行機はまったく揺れず、とても快適でした。
機内では、日本人3割ぐらい。
日本発なので、機内放送も英語と日本語で説明して下さり、とても助かりました。



561d0670.jpg


エコノミー機内食 お昼ごはん?


魚料理か肉料理かを選べます。
いつもの携帯画像と違い、綺麗に写りますね。
でも、どうもデジカメは使い慣れません。


084301c1.jpg


意外と?!美味しかったですよ



0938f068.jpg


ヒースロー空港到着前のごはん


パスタを選択しました。
ゼリーのような容器に入っているミネラルウォーターが新鮮に感じました。

サンドイッチの間食もでました。
喉が渇いた時などは、フライトアテンダントさんのいらしゃるデッキ?に行くと、飲み物が用意されています。
長時間のフライトだと席を立つことも多いので、通路側の席が便利ですね。
BAの場合、ウェブサイトで、出発の24時間前からチェックインできるので希望の座席指定も早めにできてとても便利。



地球の自転に逆らって移動するフライトは、ずっと太陽を追いかけている上体なので夜にはならないんですね。
とっても不思議な体験でした。


着陸予定一時間ほど前に、機内放送で・・・

「到着予定のヒースロー空港にある滑走路二つのうち一つは、ただ今閉鎖されています。空港の上空を30分ほど旋回し、着陸の許可を待ちますが、許可が下りなかった場合は別の空港へ着陸する予定です」

とありました。


しばらくして無事に着陸許可が下り、ほっとしたのですが、閉鎖された滑走路にはバーストした飛行機が・・・!!!
隣の席のイギリス人のご夫人が、私に身振り手振りで教えてくれました。
後で詳しく分かりましたが、中国からのBA機が、着陸直前にエンジンが突然ストップし不時着事故になったのですね。
実際に目にして、とても恐ろしかったです。
でも、死者がでなくて本当に良かった・・・。


dee5b18f.jpg


無事に入国審査を終えて、荷物の受け取り


初めての入国審査とあってかなり緊張しましたが、英語が下手な分、笑顔と挨拶を心がけ、落ち着いて答えて終了!
聞かれた内容は・・・
   ・どこから来たの?
   ・何日間滞在するの?
   ・旅行の目的は?
   ・次はどこに行くの?
の四つでした。

今回の飛行機事故の影響で、トランジットの人も一旦入国し預け荷物を受け取ってからまた出国という手続きをとらなければいけなくなり、観光シーズンではないのに入国審査には長蛇の列ができていました。
日本からのツアー客の団体もいましたが、乗り継ぎの飛行機が飛ばないかも知れないらしく、ロンドンで一泊するかもしれないとガイドさんからの説明が聞えてきました。


ヒースロー空港はヨーロッパでも激混みの空港なので、滑走路が一本閉鎖されると影響はかなり大きいですね。
どうやら、イギリスではやはりBA機が一番強いらしいので、優先的に着陸できたのではないかな。
無事に到着して本当に良かった。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イギリス・ロンドン旅行記


1、日本出国~ヒースロー空港到着 (BA機・機内食)

2、ロンドン・美味しいレストラン 「ビストロ ガルビン」 GALVIN bistrot de luxe

3、ロンドン Marylebone High street 街並み

4、ロンドン Marylebone High street ウィンドーショッピング

5、宿泊したお宿 Durrants Hotel - デュランツ・ホテル -

6、Durrants Hotel  イングリッシュ・ブレックファースト

7、ロンドンの夜

8、旅行中の体調不良話・・・

9、さようなら London  イギリス出国








at 23:34│Comments(9)TrackBack(0)★イギリス・ロンドン 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ずった   2008年01月28日 16:38
おっかえりなさーい!
英国でしたか! 
憧れの国です。
レポート楽しみにしています。
しっかし、これまで携帯で撮っていたのですか!?
すっごい腕前ですね! 感心!
2. Posted by 週末を原村で   2008年01月28日 21:38
お帰りなさい。
英国だったんですね。
豊富な資料に基づく紀行文。
楽しみにしています。
3. Posted by 自称・本物を知る男   2008年01月28日 21:49
ハシビロコウさん、お帰りなさい。無事に帰られてなによりです。
イギリスに行っていたのですね。
12時間もの空の旅。羽田から高知までの1時間足らずの飛行にも恐怖で凍りつく私にはとても無理です。
イギリスの旅のレポート、楽しみに待っています。
4. Posted by ハシビロコウ   2008年01月28日 23:20
自称・本物を知る男 さま
コメントありがとうございます。
そうなんです。
私も飛行機が苦手でロンドン行きの飛行機では、緊張で一睡もできませんでした。
でも、帰りはリラックスできたんですよ。
一概には言えませんが、国際線は国内線よりは全然揺れないです。
飛行機が大型でエンジンが4つ付いていたのもあると思いますが、
高度がとても高く、雲がずっと下に見える安定したエリアを飛行しているからだと思います。
国内線とは比べ物にならないくらい揺れなくて楽でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
週末を原村で さま
コメントありがとうございます。
英国ともう一ヶ国行ってきました。
さて、どこでしょう・・・??笑
今回は、さらっと写真のみで流してしまいそうな適当レポートになりそうですが、
お付き合い頂けると、とても嬉しいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ずった さま
コメントありがとうございます。
英国に行ってきました!
・・・がっ、しかし、色々ありましてまたいつかリベンジしたいと思っています。
日本を離れてみて、日本という国を別の方面から改めて感じる事が出来て、
実りの多い旅になりました。
写真、ありがとうございます!
嬉しいですっ。
5. Posted by naoko   2008年01月29日 08:58
ハシビロコウさん、お帰りなさい!
12時間の空の旅、ヒースローに降り立ったのですね。
大昔、一度だけ。その頃ってアラスカ周りでトランジット、すごく長い長い旅でした。
足がパンパン。。もうそんな元気ないなぁとあきらめていたのですが、
「12時間」に希望の光~っ。(笑)
レポ、楽しみにしています。
あっ、のっけから美味しそうなGALVIN。
お写真もグー☆
お次って・・・?フランスかなぁ。。(へへ希望的に。)
6. Posted by 某子   2008年01月29日 16:51
お帰りなさ~い。ロンドンだったんですね。いいな~。
それにしても、のっけから例の飛行機事故の機体に遭遇するとは!
楽しいお話、おいしいお話、ハプニングのお話など、楽しみにしています。
デジカメ、Caplioを選んだのもなかなかですね・・・。(意味あり気!?)
7. Posted by ハシビロコウ   2008年01月29日 23:01
某子 さま
コメントありがとうございます。
はーい!ロンドンでした。
あともう一ヶ国もいったんですよ。
ほぼ初めての海外旅行。違った視線で日本を考えることもできました。
グローバルな某子さんは、つくづく凄い!!と思います。
デジカメ・・・なんだろ??笑
某子さんも持ってらっしゃるのかな??
性能がすごくて使いこなせてないんですよ私・・汗。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
naoko さま
コメントありがとうございます。
はーい、かえってきました。
アラスカ周りでトランジット!!そ・・それはっ聞いただけでも疲れますよっ。
大変お疲れさまでした・・・。
今は直行便で12時間♪まぶしいほどの希望の光ですよ~。
寝たらすぐに英国??ですよ~!naokoさんも是非是非♪
次の国・・・さーてどこでしょうかっ☆
お楽しみにっ?!
8. Posted by 某子   2008年01月30日 15:07
こっそり?書いちゃいます。
そのあたりのマニュアルやカタログ関係をつくる会社にいたことがあるのです・・・。
日本ではそのメーカーの名前は超有名だけど、
カメラ関係ではあまり知られていないので、そのモデルを持っている人には
おおおっ!と「反応」するわけ。
9. Posted by ハシビロコウ   2008年01月31日 01:08
某子 さま
コメントありがとうございます。
こっそり読んじゃいましたよ~っ笑。
なるほどなるほどー
ちょっとマニアックで一目ぼれしたカメラではありますが、
カメラのメーカーとしては?だったのですよ。
もともと詳しくないので、ま、いっかと♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字