2008年02月01日

Durrants Hotel イギリスの美味しい朝食

Durrants Hotel では、朝食も頂きました。

朝食は二種類から選べます。
ひとつは、ヨーロッパの一般的なスタイルであるコンチネンタル・ブレックファースト (オートミールやシリアル、ドライやフレッシュなフルーツ、ヨーグルト、ミルク、チーズ、生ハムやサラミのような火の通らない冷たいメニューとパン類に飲み物のシンプルな組み合わせ)。
もうひとつは、今回ご紹介するイングリッシュ・ブレックファースト


24af3c72.jpg


せっかくなのでイングリッシュ・ブレックファーストを選択してみました。
日本人スタッフの丁寧な解説によると、大変ボリュームがあるので遠慮せず少しずつ残していくのがコツなんだそう。


23d4341b.jpg


最初のお料理


最初にフレッシュジュースとコーヒーか紅茶の飲み物を頂きます。
次に、こちらのお料理。
穀類を牛乳で柔らかく煮込んだものです。
オートミール等、数種類から選択できますが、一番日本人の口に合いやすいというこちらを選んで見ました。

お味は、思っていたよりあっさりとしていて体に優しそう。
牛乳の爽やかなコクと、穀類のほのかな甘みがとてもよく合いました。
しかし、この一皿でもかなりボリュームがあります。
全部一気に頂いてしまわずに、少し残させて頂きました。



edffa9d8.jpg


カリカリに焼かれた細身のトースト


こちらも、た~っぷり。
穀物の香ばしさと、薄くサクサクっとした歯ごたえが美味しかったです。
備え付けのバターやジャム、ハチミツをつけて。
もちろん、そのままでもとっても美味ですよ。


5fc5896a.jpg


メイン登場!


卵の料理法を聞かれたので、スクランブルエッグにしました。
オムレツだと相当のボリュームがあるそうです。


349cd4cf.jpg



スクランブルエッグの味付けはされていないので、卓上の塩コショウ等で好みに味付けします。
しかし、他の料理の味がしっかりなされているので、このまま頂きました。
他には、厚みがあってジューシーなベーコンと焼きトマト、ブラック・プディング(豚の血で作った黒ソーセージ)、豆の煮物にマッシュルームとソーセージが所狭しとお皿にのっています。

ブラック・プディングは、デザートではなく、真っ黒い豚の血でできたソーセージを切ったもの。
お店によって味が違いますが、味はレバーのような感じです。
量が多くて少し残してしまいましたが、どれもなかなか美味しかったのでした。
ごちそうさまでした!


ちなみに、イングリッシュ・ブレックファーストを頂くと、夕方までお腹は空きませんでした。


ffcf0679.jpg


ホテルの客室からの眺め



9f584964.jpg


ロビーのソファー


99d50fcf.jpg


レストラン横にあるバー


暖炉があってとてもいい雰囲気です。
カウンターもあります。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イギリス・ロンドン旅行記


1、日本出国~ヒースロー空港到着 (BA機・機内食)

2、ロンドン・美味しいレストラン 「ビストロ ガルビン」 GALVIN bistrot de luxe

3、ロンドン Marylebone High street 街並み

4、ロンドン Marylebone High street ウィンドーショッピング

5、宿泊したお宿 Durrants Hotel - デュランツ・ホテル -

6、Durrants Hotel  イングリッシュ・ブレックファースト

7、ロンドンの夜

8、旅行中の体調不良話・・・

9、さようなら London  イギリス出国








at 22:50│Comments(4)TrackBack(0)★イギリス・ロンドン 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by moimoi   2008年02月02日 08:38
ハシビロコウさん、お帰りなさいませ~!
やっぱり海外に行かれてたんですね(^^) 
イギリスとか行ったことがないので
ひとつひとつのお写真に興味深々です♪
街並みが落ち着いていて、とても素敵・・
実際に行ったらきっと夢に出てきちゃいそうです(笑)
引き続きのレポを楽しみにしています。
2. Posted by ハシビロコウ   2008年02月03日 19:02
moimoi さま
コメントありがとうございます。
帰って参りました~!
はいっ、飛行機に13時間ほど乗って、海外に行ってきました。
ヨーロッパ自体初めてだったので、見るもの全てが新鮮でした。
moimoiさんがおっしゃるように街並みの美しさはホント感動です。
古いものをリフォームして大切に使い続けているんでしょうね。
読んで頂いて嬉しいです!
3. Posted by 某子   2008年02月06日 15:07
これこれ! これぞイギリスのボリューム満点の朝食。
イギリスの代表料理といってもいいですよね。
忘れられないのが、薄くてカリカリのトースト。大好きです。
薄いから、焼きたてでもすぐにさめてしまうのが難点ですが。
ところで、あちらでは病院のお世話になったそうですね。
海外で体調を崩して、さぞ不安になったことでしょう。
ちなみに、私は海外に住んだこともあるし旅行もたくさんしていますが、
病院に行ったことが全くありません・・・。
なので、そういうところで使う英語にヨワイ・・・。
4. Posted by ハシビロコウ   2008年02月06日 18:26
某子 さま
コメントありがとうございます。
そうそう、コレですよねっ♪
あまり何もできなかったロンドン滞在ですが、イギリスらしいものが頂けて幸せです。
カリカリトーストだからバターも塗りやすいし・・・あぁ思い出したら食べたくなりました笑。
自分の体調管理がなってなかったので仕方ないのですが、それにしてもナカナカ貴重な体験ができました。
英語力がとても乏しいので、海外であんな事になり、不安で不安で仕方なかったです。
でも、都市ってすごいですよね!
ロンドンには日本人の病院があるので本当に救われました。
あんな状況で英語だなんて・・・無理!(キッパリ)
海外経験が豊富で、英語が出来る某子さんは尊敬です。
ボランティアで海外の旅行者に日本の案内をされたり・・・いつも感服していますです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字