2008年02月21日

さらに進んで、アマリエンボー宮殿などなど

アドミラル・ホテルから、さらに歩くと左手に広々とした広場が見えてきました。
早速、寄り道してみましょう。


4ee60ab5.jpg


写真では分かりづらいですが、広場の中央には1771年に作成されたフレデリクス5世の騎馬像があります。
また、広場を抜けたところには、ドームの姿が美しい、フレデリクス教会(大理石教会)が見えます。


235ef736.jpg


凜とした佇まいが美しい、ロココ様式の建築


バロック様式(派手で豪壮な王宮や館のイメージ)の反動として生まれたのがロココ様式(華やかだけど繊細で寛げる空間)です。
先ほどの騎馬像の人物フレデリクス5世の命によって建てられました。

実はこちら、デンマーク王室の居城であるアマリエンボー宮殿(アメリエンボー宮殿)なんです。
八角形の広場を、ニコライ・アイトブ設計の4棟が囲っています。
敷地内には、普通に一般車両も行き来していてビックリ。
日本でいう、皇居に一般車両が出入りしちゃうようなもんです。
開かれた王室なんですね。


クリスチャン7世が君臨していた1794年に、クリスチャンボー城が火事にみまわれ、当時は貴族の館だった4つの建物に移転をし、アマリエンボー宮殿として使用されるようになりました。
甘えん坊ー(アマエンボー)宮殿なんて言っちゃあいけませんぜ。

宮殿の屋根にデンマーク国旗が翻っていたら、王女在宮のしるし。
正午には、この広場で華麗な衛兵の交替式を見学できます。
デンマーク国旗はなし。
女王さまはただ今お留守のようです。


・・・がっ。


8f60bfb4.jpg


衛兵さんがいらっしゃった!


宮殿の入り口、赤い鉛筆みたいなもの?の前に一人ずつ衛兵さんがいらっしゃいます。
交替式が行われないだけで、常に宮殿を見守っているのですね。
遠くから軽く会釈をして、写真を撮らせていただきました。

熊の毛皮の帽子にロングコート、温かそうな制服。
なんとも素敵です。



98387737.jpg


ミニミニ交替式!!


時刻は五時ごろ。
急に他の場所から衛兵さんが一人で行進しながら近づいてくるではないですか。
そして、今いらっしゃる方と一対一の交替式が執り行われました。
それを眺めている親子とともにパチリ。
お子さんの、繋ぎ服の可愛らしいこと。

まもなく日が沈もうとしているコペンハーゲンの広場に、衛兵さんが銃をカシャンと降ろす音が静かに響いていました。
ゆっくりと静かに時が経ってゆく・・・。



9e423db3.jpg


フレデリクス教会 Frederiks Kirke


街頭の明かりが少しずつ灯されてきました。
こちらの設計も、アマリエンボー宮殿と同じ都市設計者であるニコライ・アイトブによるもの。

内部には大理石がふんだんに使われたロマネスク・バロック様式で、大理石教会とも呼ばれています。
ロマネスク様式は、厚い石壁であくまで禁欲的なイメージが特徴です。


もちろん内部の見学も可能ですが、時間的に無理でした。
北欧の冬、1月下旬でしたが思っていたよりも日は長く感じました。
5時を過ぎて、ゆっくりと夜がやってきます。
コペンハーゲンの夜もまた美しいのです。


dcfc5c70.jpg


室内から漏れる優しい明かり・・・



7f624289.jpg


王様の新広場付近のイルミネーション


明るい日中の街並みも好きですが、日が暮れて明かりが灯り、より一層美しくなる街並みを愛でながらの散策も楽しいです。


fc696919.jpg


そそられるモノたちで溢れる街


帰り道は、ストロイエを外れた小さなお店が立ち並ぶ通りを散策。
冬は夕方5時ぐらいにクローズするお店が多いのですが、ショーウィンドゥには明かりが灯され、素敵な店内を眺めることができるのです。

アンティークショップでは、大切に手入れされたキラキラと輝く銀食器の数々・・・。
小さなオフィスの会議室には、当たり前のように置かれたアルネ・ヤコブセンのありんこ椅子(アント・チェア)、しかも3本足バージョンがずらり。
もともとは3本足なのですが、彼の死後、安全性が考慮されて4本足となりました。


美しい雑貨や家具、食器たちばかりではありません。


e7e3fbe6.jpg


こーんなのもアリ






■デンマーク旅行記一覧


God dag! Danmark - こんにちは!デンマーク-
 デンマークの紹介と、カストラップ空港からコペンハーゲンの宿泊ホテルまで

The Square ホテル周辺散策ホテルからチボリ公園、中央駅あたりまで散策

歩行者天国・ストロイエ散策 その1市庁舎広場からスタート、前半編

街並み一望!-The Round Tower-ラウンドタワー

stroget ストロイエ散策 その2後半編 ニューハウンまで

Royal Copenhagen 本店 & The Royal Cafe

コペンハーゲンで最も古い教会 聖霊教会
 
アドミラルホテル ラウンジでコーヒーブレイク

開かれたデンマーク王室 アマリエンボー宮殿

宿泊ホテル ザ・スクエアホテル

THE SQUARE Hotel 朝食ビュッフェ

デンマークの鉄道を楽しもう!コペンハーゲン中央駅切符の種類や電車の乗り方など

中央駅からフムレベック駅へ

フムレベック駅からルイジアナ美術館へ

ルイジアナ現代美術館 LOUISIANA Museum of Modern Art その1

ルイジアナ現代美術館 カフェでランチ

ルイジアナ現代美術館 その2

イタリアンレストラン Ristorante Italiano

Rud Rasmussens ルド・ラスムッセン
 デンマークの素晴らしい家具をメーカーのショールームで楽しむ

ノアブロNorrebro うろうろ

A.C.PERCH'S THEHANDEL TEA ROOM アフタヌーンティー

またね!デンマーク  Vi ses ! Danmark
 緊急情報や救急病院、運転規則・駐車などについても触れています












at 23:59│Comments(2)TrackBack(0)★デンマーク・コペンハーゲン 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by りんご   2008年02月22日 20:32
やっぱりびっくりしました?
私も、アマリエンボー宮殿が一般車両の通り道だって知った時はびっくりしました。(ちなみに、国会議事堂があるクリスチャンボー城も一般車両通り抜け可です。うちはよくショートカットに使ってます。笑)
衛兵交代式は、正午の大きいのを行い、それ以外は一時間ごとにプチ交代が行われます。女王様が不在でも、毎日欠かさず交代式をしてます。ちなみに、帽子は熊の毛で、冬でも夏でも年中かぶってます。夏は絶対ムレると思うんだけどなぁ…あせもとか大丈夫かしらん?
衛兵交代式にはちょっとしたヒミツがあるんですよ。良かったらここの記事覗いてみて下さい♪(http://blog.so-net.ne.jp/georg/2007-09-07)
2. Posted by ハシビロコウ   2008年02月24日 01:22
りんご さま
コメントありがとうございます。
いやあ~びっくりしましたよ。
開けた王室だって事、リアルに感じることができました。
ショートカットに使えるなんて、日本じゃ考えられないですよねっ笑。
プチ交代式見学できて良かったです♪
なんと!あの温かそうな帽子、夏もですかっ?!
頭皮が大変なことになりそうですねー。
りんごさんの衛兵交代式の記事、読ませていただきました。
・・・・!!ぐわっ!!笑
このヒミツは情報誌には絶対に載ってませんねっ、さっすが地元情報です。
姿勢悪いのには思わず想像しちゃって噴出しちゃいました。
お宝情報ありがとうございます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字