2008年06月13日

-修悦体- 日暮里駅のガムテープ芸術

修悦体ってご存知ですか?


私は、知りませんでした。
しかし、写真を見れば 「あーアレの事か」 と気づく方も多いはず。

場所は日暮里駅。


93be3b16.jpg


これが修悦体


遠くからでも、はっきりくっきりと分かります。
シンプルながらも、個性的。
しっかりとツボを押さえ、かつ調和のとれた気持ちよい文字。

では、もう少し近づいて見てみましょう。


640af89f.jpg


ガムテープで形作られた、ガムテープ書体


この書体が注目を浴びたのは、2003年に行われたJR新宿駅の大規模な切替工事の時。
毎日多くの人が利用する新宿駅で、利用客が混乱しないように・・・と、駅構内で警備員をされている佐藤修悦さんが、分かりやすい案内表示を自作したのです。

当初は、無断で駅の番線表示を始めたのですが、駅員に褒められて許可が降り、正式に製作を始めました。

それがこのガムテープ書体のはじまり。
彼の名前から「修悦体(しゅうえつたい)」と名付けられ、一部のウェブサイト等で話題となりました。


a1adf28f.jpg


カーブの部分など、細かい技が光ります


近づいて見なければ、ガムテープで作られた文字には見えません。

そうそう、なぜ日暮里駅なのかというと、佐藤修悦さんは2007年から再び工事中の誘導係として、日暮里駅で勤務されているからなんです。

日暮里駅に行けば、警備をするかたわら構内案内を作成している佐藤修悦さんにも会えるかも?


53a0b6b6.jpg


糸偏に感動!


彼のオリジナルフォントに脱帽です。
案内板を見て大騒ぎする私・・・ちょっと浮いていました。

佐藤修悦さんは現在53歳。
岩手県出身で、喫茶店勤務などを経て99年から警備員として働いていらっしゃいます。
特に美術の勉強をされたわけではないのがまたスゴイところ。



7fa51e03.jpg


好きな文字は、シンメトリー。
まさに「日暮里」はぴったりじゃないですか。

「駅の利用者に喜んでもらいたいだけ」
謙虚な彼の素敵な作品は、日暮里駅を利用するだけでもれなく楽しめます。


これぞまさしく活きたアートですね。














at 01:38│Comments(6)TrackBack(0)★上野・谷中 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヨシカワ   2008年06月13日 12:46
あー、知ってます。
「修悦体」って言うんですね。
何かのテレビで佐藤修悦さんが出演しているのを見ました。
普通の警備員のオジサン(失礼)でした。
個性的なのに読みやすくて良いですよね。{笑顔}{キラキラ}
2. Posted by よし   2008年06月14日 09:44
佐藤修悦さんの話は聞いた事があります。
今は日暮里にいらっしゃるんですね。
実際、修悦体をみるのは初めてでしたが、僕もこのオリジナルフォントは好きですね。なんか、やさしい印象を受ける字体です。
美術の勉強をしてないってのが、ホントにすごい。アートって技術というよりは、やはり「何かを表現したい」って気持ちが大事なんでしょうね。
利用客が混乱しない看板。そのやさしさがでている素敵なアートですね。
3. Posted by moimoi   2008年06月16日 01:30
こんにちは!
修悦体・・っていうネーミングは忘れてしまっていましたが、確かそんなに前じゃない(去年あたり?)時にTVでガムテープで作っている字体というのを見たことがありました。
でも今は日暮里で見られるんですね!
ハシビロコウさんがこの字体を見てわぁ~~!って思う気持ちに共感してしまいそうです♪
私もこの目で見てみたくなりました(^^)
4. Posted by ハシビロコウ   2008年06月16日 09:51
moimoi さん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
日暮里で、生の作品を見られますよ~。
私も、なんとなくは知っていたのですが、実際生で見て感動しちゃいました。
西口出口を出て、目の前の道を左に真っ直ぐ進み、墓地を越えて少ししたところを左にまがると「ショコラティエ イナムラショウゾウ」もありますよ♪
谷中の散策ついでにmoimoiさんもどうでしょう~
私も、西荻散策したいっ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よし さま
コメントありがとうございます。
こんなところまでお越しいただいて恐縮です。
そうなんですよ、別に芸術の学校を出たわけではないんですよ、彼。
文字が下手なのを気にして、昔からゴシック体を真似て書いていたそうです。
それにしても、人生って分かりませんね!
こういった形で世間に広まるなんて。
よしさんのおっしゃるとおり、「やさしさ」から成る生きた芸術ですねっ。
生の佐藤修悦さんを見てみたいもんです。
・・・きっと質問攻めにしてしまうでしょう笑。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヨシカワ さま
コメントありがとうございます。
こんな僻地(?)にまで足を運んで下さって恐縮です。
私はwebで佐藤修悦さんのお姿を拝見しましたが、
ヨシカワさんと同じく、普通の警備員だったので驚きました。
生で作品を制作している姿を見てみたいもんです。
「修悦体」近づいて見てみると、その繊細な技やこだわりが感じられて、
他の看板も見てみたい気持ちになります。
5. Posted by 某子   2008年06月19日 18:54
修悦体というのですね。どこかで見たことがある書体です。
カールおじさんのような「谷」の字もいいし、
「ら」と「で」も好き。「ち」に至っては記号のよう。
ところで、新宿駅はどこでお目にかかれるかご存じですか。
気になってキョロキョロしてみたのですが、分かりません・・・。
ああ、どこかで見たことがある気はするけれど・・・。
きっと、ふっと遭遇するのかもね。
6. Posted by ハシビロコウ   2008年06月19日 19:16
某子 さま
コメントありがとうございます。
わー某子さんも、「谷」カールおじさんに見えました?
笑顔のヒゲオヤジって感じで、可愛らしいんですよね。
一文字だけ見ると、ちょっと不思議な感じがするのですが、
並ぶとすごく調和していて、読みやすくって不思議な字体ですよね。
新宿駅、今はもう見当たらないかもしれません。
切替工事の時に見られたのですが・・・。
日暮里駅の工事も終わっちゃったら見れなくなるのかなあーと少し心配しています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字