2008年08月04日

つけ麺屋 やすべえ @下北沢店

つけ麺屋 やすべえ
下北沢店


下北沢駅の南口出口を出て、左から二番目の道を少し下った先にある交差点の右角に、つけ麺チェーン店の「やすべえ」があります。

時々目の前を通りかかるのですが、大体いつも行列ができていて、下北沢のラーメン屋さんの中ではかなりの人気店のようです。
平日の3時過ぎぐらいは比較的空いていて、並ばずにすぐ入店できました。


行列が出来ている場合は、お店の前に設置してある自動券売機で食券を購入してから待ちましょう。


7e00b04b.jpg


店内は、I字型カウンター7席のみ。
どうりでいつも行列ができている訳ですが、お客さんの回転は早いので比較的早く着席できます。
ただ、私も含め一人客が多いので、二人以上のグループだと席が上手く空かずに、しばらく待たされるかも知れません。

カウンター席の後ろは狭く、奥の席に案内される時は注意が必要。
また、席の後ろに荷物をかけるフックが付いています。


メニューはすっきりと「つけ麺」のみ。
「つけ麺」「辛味つけ麺」「味噌つけ麺」「辛味味噌つけ麺」の三種類あります。
前者の二種類は720円、後者の二種類は820円。
ボリュームはそれぞれ、並・中・大盛りの三種類ありますが、お値段はそのまま。
分かりやすい料金設定です。

そのほか、チャーシューや味玉などのトッピングもできます。


eaa067fe.jpg


つけ麺 並盛 720円


初めてなので、まずはスタンダードなメニューを頂きます。
最初につけ汁タレ(スープ?)が登場。
チャーシュー・ねぎ・焼きのり・メンマなどの具が入っています。

次に、茹で上がった麺を冷水でシャッキリ冷やした麺が登場。
早速頂いてみましょう。



c70f6e33.jpg


つけ麺ならではの太めのつやつやもっちり麺を、ほのかに魚介が香るタレに絡ませて頂きます。

醤油ダレをベースにした魚介のダシ、さらには野菜と肉のコクに甘味を加えた感じのタレは、最後まで飽きずに麺の歯ごたえと味わいを楽しませてくれました。

ラーメンは特に、お店によって個性や味付けが違うので、美味い・美味しくない・・・というのではなく、完全に個人の味覚の好みですね。
私は結構好きでした。


ab2c880b.jpg


ダシスープ


〆は、残ったつけ汁にスープを足してもらうのが「つけ麺」の王道?!
早速お願いすると、別の容器にスープを入れて持ってきてくれました。

また味わいが変わって楽しいですね。
私がつけ麺を頂く時は、いつも麺を少しだけ残してスープをお願いしています。
スープで割ったつけ汁に麺を入れて味わってから、スープを飲みます。


並盛の麺の量は、女性には丁度良いボリュームでした。


3082c4ab.jpg


味噌つけ麺のつけ汁


後日、再訪。
今度は味噌つけ麺を注文しました。
麺は中盛。
並盛よりちょっと多いぐらいだろうと考えていましたが、想像以上にボリュームがあり、かなりお腹一杯に。


ここでちょっと一休み



日本における「つけ麺」の発祥は諸説あるようです。
その中で最も有名なのが、あの池袋「大勝軒」の話。
私が聞いたことがある話としては、荻窪駅近くにある「丸長」説。

食べ方で想像できるかと思いますが、お蕎麦のラーメン版なんですよね。
戦後に、長野県出身の蕎麦職人達が、ラーメンのスープに鰹節を使って蕎麦のような食べ方を提案したのが始まりとか・・・。


丸長も大勝軒と同じく、のれん分けされたお店がいくつかあるのですが、時々食べに行きます。
荻窪店をはじめ、三店舗ほど。
ジャンキーな味で、ちょっと虜になる味がなかなか好み。
この味も、完全に好みが分かれるところですね。

麺をつゆに付けて食べるという「つけ麺」は、やはり日本人にぴったり馴染む食べ方といえますね。






■お店情報


住所 東京都世田谷区北沢2-12-15
    地図
時間 11時~26時 
電話 03-3422-2711
定休 無休
















at 22:40│Comments(0)TrackBack(0)★下北沢 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字