★飯田橋・神楽坂

2007年02月05日

韓国宮廷料理・松の実 @神楽坂

韓国の本格宮廷料理・薬膳料理が楽しめます

薬膳 家庭料理 松の実

オーナーの、日本生まれの韓国人である全芳江さんの自宅の一階に、お店があるんです。
アットホームな雰囲気で頂くお料理は、体に優しくて美味しい韓国の宮廷料理。
小さなお店なので、夜のみの営業、一日4組限定なんです。

場所は、JR飯田橋駅方面から神楽坂通りを上り、左手に毘沙門天善國寺
が見えたら、右手の細い石畳の路地裏(神楽坂らしい雰囲気がある裏路地ですよ)を入っていくと、看板の明かりが見えます。
看板がなければ、民家なのでそのまま通り過ぎてしまいそうです。



3d99adca.jpg


玄関を入ると、お店の方が出迎えてくださり、靴を脱いでリビングに案内されます。
椅子のテーブル席が一つと、お座敷で座るタイプのテーブル席が3つ。
木曜日ですが、もちろん満席です。

店内には、韓国の調度品が上品に飾られていて、韓国の民家はこんな雰囲気なのかな?と想像させてくれます。
そして、民族衣装であるチマチョゴリを美しく着こなした親子のお店の方から、温かいおもてなしを受けます。


NHKで放送されていた「チャングムの誓い」(1500年代初頭、朝鮮王朝時代の王宮が舞台のドラマ)で分かるように、医食同源に基づく伝統的な韓国料理は全て薬膳。
(番組自体は少ししか観たことないんですが・・・)

韓国料理といえば、唐辛子。
辛くてスタミナが付くお料理をイメージするのですが、宮廷料理では唐辛子は使用しません。
なぜなのかというと、なんと、唐辛子は日本から韓国に入ってきたスパイスなんだそうです。
宮廷が力を持っていた時代には、唐辛子はまだ韓国には入っていなかったんですね。


メニューは一種類のみで、「冬の宮廷料理コース」5500円。
季節により、内容が少し変わるようです。

さあ!韓国宮廷料理を早速頂きましょう音符
メニュー全て写真を撮ってまいりましたよ。

・・・
・・

1bfaf4ee.jpg


松の実粥(チャツチュク)


少量飲むことで胃壁を保護するそうです。
ちょっぴり塩味の、ねっとりとした滋味深い味。

その後飲み物を注文します。


cb3e604f.jpg


九節板(グジョルパン)


八種類の具材を特製の小麦粉の皮で包んで頂く宮廷料理。
それぞれの味と食感が口の中でミックスされて、繊細で絶妙な味わい・・・。
目にも美味しいお料理です。


お店の方が、韓国宮廷料理について説明してくださいました。


韓国宮廷料理は、食材から味付け、色取りにいたるまで、一つ一つに意味があるそうです。
五味五色と言うそうなのですが、この五色とは、宇宙を象徴する5色の事で、空間の方向・春夏秋冬と季節の変化・時間を表しているそうです。


また、味付けにも関係していて、簡単にまとめると・・・

黄色 ・・  中央(しょっぱい)
青色 ・・  東(すっぱい)
白色 ・・  西(甘い)
赤色 ・・  南(にがい)
黒色 ・・  北(辛い)


となります。

彩りや味付け、一つ一つに深い意味があるんですね。


290cd181.jpg


上から・・・

豆腐チム(トゥブチム)豆腐とひき肉のはさみ煮
煎(ヂョン)野菜の焼き物
チヂミ ゴボウのチヂミ

どれも丁寧に料理されていて、一つ一つしっかりと味わえました。
味付けも濃くなく、体に優しく染み込んでゆく感じです。

豆腐チムは、旨みがぎゅっと詰め込まれていて美味しい。
煎は、ナスの焼き物。
ナスそのものの味と甘辛いタレがよく合います。
ゴボウのチヂミは、タレに付けて頂きます。
とてもシンプルなんですが、不思議と食が進むんですよね。


13d746be.jpg


ここで、韓国料理といえば!のキムチ登場。
白菜のキムチです。
マイルドな辛さで、さっぱりと頂けます。


b49988ab.jpg


宮廷トッポッキ


トッポッキとは、餅の甘辛炒めの事。
韓国餅と野菜、肉の炒め物です。
こちらのお料理も、色鮮やかですね~。
餅のもっちもちとした食感とシャキシャキの野菜、お餅の甘みと、味付けの塩味が効いていてとても美味しい。

ちなみに、トック(餅)とポッキ(炒め)の合成語だそうです。
巷で見かけるトッポッキはコチュジャンで炒めていて真っ赤ですが、さすがは宮廷料理、唐辛子を使ってないので赤くないんですよね。



7f6e49d5.jpg


ペジュフェ (帆立貝のお刺身)


なんと美しい盛り付けでしょう。
とても手が込んでますね。
目にも舌にも美味しいお料理。


05efab9f.jpg


参鶏湯 サムゲタン


ひな鳥に、高麗人参・もち米・なつめ・松の実・栗・にんにくを詰めて、じっくりと煮込んだ韓国の代表的な薬膳料理です。

お店の方が、ぐつぐつと煮えたひな鳥の身を、さくっとほぐします。
見るからに柔らかくて美味しそう!
実際に頂いてみると、鳥の旨みがしっかりしていて、柔らか~いんです。
骨まで美味しく食べられました。
添えられている塩コショウを付けて、これまた美味しい!


725a47f7.jpg


柚子の寒天ゼリー


最後は、さっぱりと柚子の酸味と甘みで。


39dd712e.jpg


とうもろこし茶


韓国らしい青磁のゆのみ。
二重構造になっているので、熱々のお茶は冷えません。
そして持つ手も熱くありません。

ご馳走様でした。
上品で滋味深く、温かみがあって、美味しいお料理でした。
かなりお腹いっぱいになりましたが、胃はもたれません。
さすが薬膳ですね。

お会計を終えてお店を出ると、お店の方も外まで出て、「外は寒いですから、お気を付けて・・」と、お見送りしてくださいました。
最後まで、温かいおもてなしを受けて、お腹も身も心もポカポカになりましたよ。


完全予約制で予約は三名から。一日四組限定。
特に週末は、お早めに予約されたほうが良さそうですよ。
また、月に一度、韓国民族楽器による生演奏を毎月第三土曜日に行っています。
演奏に耳を傾けながら、美味しい宮廷料理に舌鼓なんて素敵ですね。




■お店情報


住所 東京都新宿区神楽坂4-2
時間 17:00~22:30
電話 03-3267-1519 (予約は午後から受付です)
定休 日曜 (祝日は営業)

 



at 23:20|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2006年11月03日

神楽坂 巴有吾有

神楽坂の素敵な山小屋風喫茶店

巴有吾有
パウワウ


神楽坂を少し登ると、左手に山小屋風のカフェ(というより喫茶店の方がしっくりするかな?)があります。
前を通りがかると、いつも人で賑わっていて気になっていました。

で、先日、飯田橋の「れもん屋」で広島お好み焼きをつっついた後、7時過ぎにふらりと立ち寄ってみました。


2687d8f7.jpg


なぜか扉がふたつ。
テーブル席の見える店内が覗ける方の扉から入ったのですが、カウンター席とテーブル席、それぞれ専用の扉と思っていたら店内で繋がってるそうな。ちなみに二階はギャラリーになっています。


170a24b8.jpg


私が入店した時はまだ席に余裕がありましたが、10分もすると満席になってしまいました。
特に分煙はされていないようです。
気の温もりのする店内で椅子に腰掛けると、心がほーっと落ち着きます。
年代も様々で、20代~60代ぐらいまで、カップルやグループでワイワイと賑わっています。


52f10782.jpg


手前は紅茶、奥はコーヒー・・・の器


器もとっても素敵。
先に温められた器が出てくるんですね。
ロシアンティーのジャムは、ブリキの容器で。
右に見えるのは、なんとシュガーポット。
木・ブリキ・陶器・・・それぞれに味わいがありますね。



7dfeb550.jpg


巴有吾有は、神楽坂の老舗の喫茶店。
やさしくて温かい白熱灯のランプが、今も昔もお客さんを温かく迎えてくれるのですね。

雰囲気はもちろん、とっても美味しい飲み物を楽しみながら素敵な時間を過ごせます。

カウンター席ですと、コーヒーをサイフォンで入れてくれるのを眺められるようなので、次回は是非カウンターでも楽しんでみたいです。


ガガーン!!年内で閉店してしまうんだそうです。
永く愛されてきたお店がなくなってしまうのは、とても悲しい事です。




■お店情報


住所 東京都新宿区神楽坂2-7
時間 平日・土曜 10:30 - 22:30 
   日曜 12:30 - 19:00
電話 03-3267-8324
定休 年末年始







at 23:20|PermalinkComments(10)TrackBack(1)

2006年08月29日

神楽坂の和カフェ・昼行灯ろびん

神楽坂の、番茶とお漬物のカフェ

昼行灯ろびん


お昼は番茶カフェ「昼行灯ろびん」、夜はお酒メインの「赤提灯ろびん」に変身する二つの顔を持ったお店。
神楽坂らしい小路を少し入っていったところにあります。
散策の足をこちらで休めてみました。


d8525c33.jpg


入り口の看板


古い民家をお店にしているので、とても味わいがあります。
入り口からはキッチンが見えます。
お店の方に一声かけて、玄関で履物を下駄箱に置き、二階へ上がります。
そうそう、クーラーはあるものの使用されていないので、置いてある団扇を片手に席に着きましょう。



d7ebf7b1.jpg


店内の雰囲気


板敷きの部屋に、ちゃぶ台の席が10席ほど?
休日でしたので、1~2ちゃぶ台しか空いていませんでした。
み~んな、とても、ま~ったりしていて、いかに居心地がいいかが分かります。
なんだか、田舎のおばあちゃん家に遊びに来たような・・・昔ながらの佇まい。

扇風機が数台回っており、団扇片手にパタパタあおいでいると暑さも次第に引いていきました。



eac109bb.jpg


イチゴのカキ氷 500円


氷とイチゴ液が別々に出されました。
容器がビーカー風で、理科の実験みたい。



b4fb13d3.jpg


番茶カルピス 600円


物珍しいので注文してみました。
暑い日には飲みたくなりますね!カルピス。
・・・でも、すっかり子供の頃の思い出の味となってしまいました。

さて、お味はというと、カルピスの味が、番茶でちょっとマイルドになったような??そんな感じです。
麦チョコが添えられていました。



924eade2.jpg


お茶の葉がずら~り



番茶カフェなので、メニューのメインは番茶と、お茶請けのお漬物。

たかが番茶?されど番茶!
○阿波番茶
 (乳酸菌発酵されている、少し酸味のあるもの)
○碁石茶
 (中国から伝わったと言われる、手の込んだ仕込みでつくられている大変珍しい日ノンの発酵番茶)
○石鎚黒茶
 (川海苔の風味のする番茶。少しお塩を加えるとお吸い物っぽくなるそう)

・・・などなど、飲み比べてみたくなりますね。


お漬物はというと・・・
○メロンのたまり漬け
 (赤ちゃんメロンをお醤油で漬けた、あっさりとした甘みの漬物)
○スイカの奈良漬け
 (赤ちゃんスイカを奈良漬けにしたもの。番茶にぴったり)
○割り干し大根のたまり漬け
 (歯ごたえが良く、ビールにも良くあう漬物)
○ちょい辛子ナス
 (芥子(けし)と唐辛子で漬けた、一口子ナス) などなど。

・・・個性的なお漬物もありますね。番茶がすすみそうです。

番茶とお漬物のお茶漬けセットもあります。
これはたまりませんね~!

他には、蒸しパンのプレート(キンピラ等のお惣菜をのせて頂く)、パンケーキといった軽食やおやつもあり。

飲み物は、冷やし甘酒、ビールやワインや日本酒も昼間っから頂けますよジョッキ


■お店情報


住所 東京都新宿区岩戸町19番地
地図 Google map
時間 昼行灯 12時頃~17時
   夜提灯 17時頃から22時過ぎ頃

電話 03-5261-2813


at 22:55|PermalinkComments(4)TrackBack(2)

2006年08月28日

ビストロ ル・ミディ

神楽坂のアットホームなビストロフレンチ

ビストロ ル・ミディ
bistro le midi


神楽坂のメイン通りから少しはなれた、大江戸線牛込神楽坂駅近くにある南仏料理のお店。
ランチタイムに伺ってみました。

手作り感のある可愛らしいお店の木の扉を開けると、にこやかなお店の方に迎えられる、アットホームな雰囲気のお店。
カウンターとテーブル席があるので、一人でも気軽に入れますね。
フレンチですが、気楽に頂けるビストロ。


ランチメニューは・・・

○メインディッシュ・自家製パン・飲み物 1050円
○上記+デザート 1260円
○上記+オードブル 2100円


の、3つの価格帯から選べます。
なんと良心的なカジュアル価格!嬉しいですね。
オードブル・メイン・デザートはいくつかのメニューの中から選べます。
それぞれ5種類ぐらいあるので、結構真剣に迷ったり・・・。


デザートの付いたコースをお願いしました。


80df64fd.jpg


お魚のお料理と、自家製ライ麦パン


自家製パンは、身がぎっしりどっしり。
ライ麦が香ばしく、もちもちとしていて、美味しい。
食べ終わると、「もうひとついかがですか?」と声をかけてくれます。

メインはどれもしっかりとした味。
このお値段でこれだけ美味しいお料理が頂けるのは幸せです。

友人と同じメイン料理でしたが、付け合せの内容は変えていて、それは何?なんていう会話も弾みます。



7f32b55e.jpg


アールグレイのプリン


色々なフルーツの甘酸っぱさと、プリンの上品な味、アールグレイの香りがとても合っています。

すっかりリラックスして楽しめちゃいました音符

なんとなんと、夜のコースメニューは2840円~ですぞラブ


■お店情報


住所 東京都新宿区横寺町68番 唐沢ビル1階
地図 Google map
時間 11:30 - 14:00 18:00 - 22:30
    (21:30 L.O.)

電話 03-3267-8808
定休 日曜日


at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月23日

ペコちゃん焼・神楽坂名物

紀ノ善・神楽坂の紹介に続きまして、紀ノ善の手前にある


不二家 飯田橋神楽坂店



をご紹介します。
ここには、神楽坂の名物・・・いや、東京名物・・・
いやいや、日本名物といっても過言ではない

ペコちゃん焼 が頂けるのだ!

ペコちゃん焼とは、大判焼きのペコちゃんバージョンです。

全国の不二家の中で、飯田橋神楽坂店のみ販売しているんですよ。



8d8a166e.jpg



常に、ペコちゃん焼を買い求める行列で、
店内では、次々とペコちゃん焼が生まれます。




c72f0488.jpg



中身のあんこは、
オーガニック小倉・カスタード・チーズ・チョコの定番と、
月替わり・季節替わりが一種類ずつの計6種類。

6月にお店にお邪魔した時は、
月替わりは抹茶・季節替わりはマンゴーでした。



・・・右下のペコちゃん焼をじーっと見ると・・・




9e583760.jpg


拡大写真

ちょっぴりホラーよ ハート



0dddfa9c.jpg



ペコちゃんに、情けは無用!

焼きたてを、がぶっと頂きましょう~音符

お持ち帰りで、冷めてしまった時は、
オーブントースター等でちょっと温めると、焼きたての味復活。



口の部分を上手に割って、仲の餡を口から出すと、ホラーな感じに。
えぇ、お下品ですとも!
冷めてしまうと餡が固くなるので、至難の技なんです 
ウインク


神楽坂に不二家が誕生したのは1967年。
ペコちゃん焼もそのころから販売されていたそうです。
その頃は数店舗でペコちゃん焼を売っていた様ですが、
しばらくして販売を辞めてしまったようです。

飯田橋神楽坂店のみが、ペコちゃん焼を守り抜いてきたんですね。

名物に歴史あり!!



運がよければ、ポコちゃん焼も登場するとか!!
かなりのレアですね キラキラ



■お店情報


住所 東京都新宿区神楽坂1-12
   (JR飯田橋駅 西口徒歩2分・地下鉄飯田橋駅B3出口すぐ)

電話 03-3269-1526
時間 平日10:00~22:00
   土日祝11:30~19:00
   (ペコちゃん焼は開店30分後より販売です)

定休 無休




at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(2)