★新潟県・越後湯沢

2007年03月21日

ふたたび、雪を求めて・・・

エルニーニョ現象が終わりを告げ、3月も下旬だというのに、急に冬が戻ってまいりました。



越後湯沢が呼んでいる。

さあ!雪国へ・・・。


・・・
・・


c82e5625.jpg


早朝6時の東京駅では、
カモ科の乗り物が待機していました。


東京駅から75分ほどで越後湯沢駅に到着。
まるで、今まで我慢していたものを噴出すかの様に、雪が激しく降り続いています。


43a8280a.jpg



路線バスで、湯沢町三俣にある「かぐらスキー場」へ。

神楽ヶ峰(2029m)に広がる広大(かぐら・みつまた・田代エリアからなる)なスキー場で、ドラゴンドラで苗場スキー場ともつながっています。

私にとっては初めて行くスキー場です。

みつまたロープウェーで3分、山頂駅に到着。


6d6c4d71.jpg


最高気温は-6℃



c17182bc.jpg


リフトに乗り、降りる頃には1cmぐらい自分に雪が積もります。

大雪、極寒を満喫して宿へ。

今回は、初めての一人泊スキー旅。

雪景色を楽しみつつ、三国街道三俣宿の街道温泉へ向かいましょう。



d1930672.jpg


三国街道脇本陣跡 池田家


三国街道は、江戸と越後をむすぶ江戸時代の幹線路で、諸大名の参勤交代をはじめ人馬や物資の往来がさかんで、街道ぞいに多くの宿場があったそうです。
池田家は、当時三俣宿の脇本陣として、諸大名、奉公代官等の宿所であり、かつ、問屋業も兼ねた豪家であったとか。


地元の方の話によると、当時は今の越後湯沢周辺よりもずっと賑わっていたそうです。

なんとも風情がありますね。



60f1377c.jpg


雪災碑のお地蔵さん


雪をかぶって、お顔だけのぞかせています。

大正7年に大雪雪崩が起こり、三俣を襲いました。
158人もの尊い命を奪った世界的にも類を見ない大災害となったそうです・・・。



街道の湯は、湯沢の公共浴場のひとつ。
小雪が舞い、雪山を眺めながらの露天風呂は格別。

・・・
・・


1edc380f.jpg


翌日、晴れ間が少し。
しかし、風が強い。
シャトルバスを使って、田代湖が見える田代エリアのスキー場へ。

本来なら連絡コースを滑って行けるのですが、強風のため閉鎖されてしまいました。
私の場合スキー技術が足りず、はじめからバスを利用しないと無理なのです。



86c24754.jpg


田代ロープウェーで約7分。
標高1413mの山頂駅まで一気に登ります。

標高が高いので雲がすぐ上に見えます。
風がかなり強く、雲もどんどん進んでゆきます。

さらにリフトを乗り継いで・・・


15dc33d8.jpg


標高1600mからの眺め



眼下に田代湖が見渡せます。
田代湖は、別名カッサダムというダム湖なんです。


かなり風が強く、写真を撮るのも一苦労。
強風で、行きたくない行けない中級コースに流されてしまいそう。

田代湖に向かって、吸い込まれていくように滑り降りてゆく快感。
嬉しくて、にやけていると歯が凍ってしまいそう~!



0f1c0d9a.jpg


永遠のボーゲン?


5年ほど前からスキーを始めたのですが、未だに足が揃わない。

昨日よりもさらに気温は低く、時折粉雪が舞い上がり目の前が真っ白になりながらも、雪の風景と感触をしっかりと味わうことができました。

ありがとう。
湯沢町。













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※下に表示される広告はドリコム側が挿入しているもので、
私の記事とは全く関係ありません。


at 20:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)