★埼玉県・川越市

2007年04月30日

川越風景


cab5a251.jpg

5ecc5521.jpg

b59ba61d.jpg

148999a3.jpg

8f0c59c6.jpg









at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月29日

川越の蔵造り考

小江戸川越といえば、蔵造りの町


明治26年に旧市街地で大火が起こり、焼け残った建物が伝統的な蔵造り建築であったため、川越商人達が競って立派な耐火建築の店蔵(みせぐら)を建てたのがはじまりです。

昭和初期頃まで蔵が建てられ、現在では約30軒程が国や市の文化財に指定されています。



af5c46ef.jpg


天明3年(1783)創業の老舗和菓子屋 亀屋


でーん!と、どっしり構えた店蔵。
黒い外壁が美しい。
このような建物が通りにいくつも健在し、その景観に観光客は魅了されます。

二階部分の窓を見てください。
火事のときは、分厚い土の観音開き戸を外側から閉め、隙間に泥を塗ることにより防火の役目を果たしているんだそうです。

この外壁、建設された当初は黒光りするほど輝いていたんだとか。



96031eac.jpg


あたたかい黒壁


店舗の右脇に、商店裏に続く通路を撮影。

触ってみると、太陽の光を吸って温かい。
でも、それだけではない、手作りの・・・人の温もりのようなものも感じます。

このような黒い壁は、どうやって作られたのでしょうか?
ちょっと調べてみました。

普通の蔵の工程は、左官職人が白い漆喰の上塗りをしておしまいらしいのですが、川越の蔵はさらに手間をかけて・・・
牡蠣灰と墨を混ぜたものを3~4年寝かしてアクを抜き、角又(つのまた)という改装を煮て裏ごししたものと混ぜ、それを塗ったんだそうです。



そして仕上げがすごい!


手のひらで直接磨き上げていくのです。
それも、3年ほど毎日毎日・・・。
黒光りする光沢を出していたのは、人間の手の脂。
明日もいい脂がでるように・・と、店の旦那さんが仕事帰りの職人に一杯飲ませたりもしたんだとか。


「早く・安く」が当たり前の今のご時世、なんとも贅沢で素敵な話じゃありませんか。
店の旦那衆と職人との関係も、きっと深いものだったのでしょうね。

・・・やがて時が流れ、黒塗りはペンキで という時代。
技を継ぐ人がいなくなり、川越に職人さんもいなくなりつつあります。


その原因は、意外にも蔵が各種の文化財に指定されたから。

文化財の修復には行政から補助金が下りるのですが、そういった工事となると公共工事扱いとなり、業者選びは入札制となってしまうのです。
職人さんたちは個人営業である場合が多く、価格を安く提示した大手業者には敵わないそうです。


考えさせられますね・・・。




56e53dfb.jpg


亀屋山崎茶店


亀屋から明治10年に分家した店舗で、大火後に新築されたものです。


4a90819f.jpg


隣には明治時代のレンガ造りのアーチ門があり、奥にある蔵の見学ができるということで、早速入ってみました。


e24628e9.jpg


川越では珍しい白壁の大蔵


この蔵は、嘉永3年(1850)建築の、なんと明治の大火を免れた貴重なもの。
157年も時代を生き抜いてきた大きな土蔵。
お店の方のお話によると、もともとは味噌蔵として、次にお茶の蔵となったそうです。

3年ほど前に屋根部分などを復元し、蔵造りの構造を活かしたカフェギャラリー「茶陶苑」として、一般に開放しています。



31a05d31.jpg


蔵の二階から・・


圧巻です!
柱などは全て当時のまま。
こんなに大きな蔵が、地震にも耐え150年生き続けてきたのですね。

一階は陶磁器のギャラリーで、箱階段を上がって二階に上がれるのです。
天井部分を外したのかは分かりませんが、屋根裏部分の梁の構造がお見事。


927fd8ce.jpg


よく見てみると、釘を使っていません。
梁同士をはめ込んでいるんですね。



再び、蔵造りの町並みを散策。
休日は、観光客で大いに賑わっています。


c5a543c9.jpg


昔ながらの菓子屋さん巡りも楽しい



この町の賑わいは、
実は最近になってからのものなんです。



蔵の町として栄えたのは、城下町を流れる江戸へのルートであった新河岸川のおかげでした。
当時、江戸へは半日で材木や農産物などの物資を送ることができたので、川越は関東の物資の一大集散地となりました。
つまり、川越の蔵造りの大店は小売だけではなく問屋業も営んでいたのです。

時代は流れ、舟から電車や車の時代へ・・・。
いつしか川越は時代に取り残されてしまいました。


高度成長期からバブル期に至るまで、日本中の古いものは壊されていきましたが、川越の蔵は、地元民や学者や建築関係者等が「蔵の会」を発足して、守り抜いたのです。

それまで、古い建物はみっともない・・・と、蔵造り建築を隠すかのように大きな看板で覆ったり、大正浪漫夢通りにアーケードを付けたり、歴史ある建築物が目立たないようにしていたのですが、蔵の保存をきっかけに美しい町並み造りを行い、その結果、市民が恥ずかしいからと隠していた蔵造りの建築物によって町が活性化されてゆきました。

平成11年には旧市街地の蔵の町並みが、文化財保護法に基づき、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、人々を惹きつける観光の町として注目を浴びました。

川越の歴史を守り抜き、川越の町を蘇らせた市民のパワーに敬意を表したい。

町並みを保存し、景観を保つには数々の課題があるはず。
でも、町の人々の温かい想いをパワーに、乗り越えて欲しいと願います。



(参考:散歩の達人2002.6)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※下に表示される広告はドリコム側が挿入しているもので、
私の記事とは全く関係ありません。


at 10:53|PermalinkComments(5)TrackBack(2)

2007年04月24日

うなぎの小川菊 川越

川越といえば、うなぎ!老舗で頂きました

鰻 小川菊
   おがぎく

ランチを頂いたシマノコーヒー大正館のある大正浪漫夢通りを歩いていると、美味しそうな香ばしいタレの香漂ってきます。
その香りは川越の老舗うなぎ屋、小川菊から。

川越といえば、うなぎの町として有名ですね。
でもなぜ??
その理由は、川越の周りに流れる川で、昔たくさんの天然うなぎが獲れたからだと言われています。

今でも、川越には100年以上続くウナギ屋さんが何軒もあるそうです。


4f197a32.jpg


趣ある店構え 小川菊


大正13年に立て替えられた3階建ての建物。
川越市の「都市景観重要建築物等」に指定されています。


小川菊は、江戸時代は文化文政期の創業。
創業200年という歴史あるウナギ屋の老舗で、現在7代目になるご主人が、国産のうなぎを焼いています。


4af3abd7.jpg


裸電球の柔らかくて優しい光が包む


早めの夕食に、5時ごろ入店。
テーブル席とお座敷席がそれぞれ3つ程の店内は、地元の方と思われるお客さんで、すぐに満席になりました。
普段は上の階は使用されていないようです。

昔は、ウナギは旦那衆の食べ物で、上の階で漬物を肴にお酒を楽しみながら碁などを打ちながらウナギが焼き上がるのを待っていたそうです。

メニューは、うな重の並・上・特上と、柳川、うざく、白焼きのみ。
うな重のグレードは、ウナギの大きさの違いによるものです。


2cb6faf2.jpg
2ab6286c.jpg


うな重 並 1800円


このテリっぷり・・・美味しそうでしょっ?
重の蓋を開ければ、ふわっと漂う香ばしい匂いがたまりません。

ふんわりと柔らかめの身に、程よくしっかりと焼かれた表面の香ばしさと甘めのタレが食欲をそそります。
どんどん口に運んでしまうのが、もったいないぐらいの美味しさ。

ちなみに、うな重の上は2100円、特上は2500円。

ウナギは、九州、四国、静岡のもので、朝届いたものを捌いているそうです。
注ぎ足して受け継がれてきたタレには、長い年月、このタレをくぐったウナギの旨みが溶け込んでいるのですね。


老舗の味には、歴史があります。



■お店情報


住所 埼玉県川越市仲町3-22
    地図 西武新宿線本川越駅から徒歩10分程
時間 11:30~14:00、16:00~19:00
   売り切れ次第閉店ですが、予約で取り置き可
電話 049-222-0034
定休 木曜(祝日の場合は翌日休)







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※下に表示される広告はドリコム側が挿入しているもので、
私の記事とは全く関係ありません。


at 23:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年04月22日

川越 シマノコーヒー大正館

大正浪漫夢通りの素敵な喫茶店でランチ

シマノコーヒー大正館

蔵造りのメインストリートから一つ奥にある、蔵造りの町並みとはちょっと違った、ハイカラな雰囲気が漂っている大正浪漫夢通り。

そんな大正浪漫夢通りで、ひときわ目を引く素敵な洋館の喫茶店があります。


c32840f3.jpg


シマノコーヒー大正館


昭和初期の元呉服屋さんの建物を利用して、平成8年にオープンしたお店で、川越市の都市景観賞を受賞しています。

休日の2時ごろ店内に入ると、外の賑わいが嘘の様に、ゆったりと落ち着ける空間が広がっています。
コーヒーなどを楽しむお客さんで、8割ほど席が埋まっていました。


71aa6cab.jpg
2c8e38e9.jpg


店内の様子



サイフォンで淹れる自家焙煎の美味しいコーヒーの香りが漂っています。

ウェイトレスさんの制服が、レトロなメイドさん風で、ちょっとフリルのついた白いエプロンに、萌え~笑。
お店の雰囲気にとても合っています。


こちらのランチタイムは、12時~19時までのゆったり設定。

Aランチ(トースト)    730円 
Bランチ(ヤキサンド)   930円
Cランチ(ピザトースト)  950円
Dランチ(ツナトースト)  950円

それぞれに、サラダ・スープ・ドリンクが付き。
ドリンクは、ブレンドコーヒーや紅茶をはじめ、6種類から選べます。




22b2aa9d.jpg


セットドリンク


アイスティーとブレンドコーヒー



e87f4f04.jpg
5d3d08d5.jpg


ヤキサンドランチ


具は、ハムチーズエッグ・ツナレタス・ポテトレタス。
ヤキサンドは、同じ種類の具のみで単品のメニューにもあるのですが、ランチセットだと、それぞれの味が楽しめて、得した気分。

香ばしくサクサクッとしたトーストに、しっとりとした具がとっても美味しい。


ac1047fe.jpg
a29d5b20.jpg


ピザトーストランチ


熱々のふんわりトーストに、香ばしく焼けたとろっとろのチーズ。
こちらもいけます。



e4c793b3.jpg



ちなみに、モーニングタイムは8時から12時まで。
こちらもゆったり時間設定ですね~。

Aモーニングセット(トースト)   630円
Bモーニングセット(ヤキサンド) 650円

サラダ・ゆで玉子・ドリンク付きです。


営業時間が8時~19時までなので、どの時間帯でも常にセットメニューが存在するのが嬉しいですね。


ヤキサンドやトーストは単品でもメニューにありますし、もちろん、コーヒーのメニューも豊富。
コーヒー豆は、挽き売りもしてくれますので、お土産にもできますね。

ソフトドリンクでは、バナナミルクシェイクやブルーベリーヨーグルトシェイクなど、デザートでは、手作りケーキをはじめ、チョコレートパフェなどなど・・・気になるメニューがいっぱいドキドキ小


なんと!飲み物を注文したらケーキをサービスしてくれるクーポン券もあります。


川越を訪れたら立ち寄りたくなる素敵な喫茶店です。



■お店情報


住所 埼玉県川越市連雀町13-7
     地図
時間 8:00~19:00
電話 049-225-7680
定休 不定休





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※下に表示される広告はドリコム側が挿入しているもので、
私の記事とは全く関係ありません。


at 11:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年04月20日

川越散策・やきとり大松

埼玉県の小江戸、歴史と文化の町 川越を散策

やきとり エース大松

小江戸川越といえば、蔵造りの町並み、川越城、喜多院などで有名な観光地。
JRをはじめ、西武線、東武線の駅もあり、交通の便も良いので東京からもふらっと気軽に遊びに行けるのが魅力ですね。

四月上旬の少し肌寒い日曜日、西武新宿線を使って本川越駅に到着。
駅から徒歩5分程で、川越の重厚な蔵造りの町並み に出会えます。


75ea3a5d.jpg


時の鐘


残したい日本の音風景百選に選ばれています。

時の鐘は、400年ほど昔から時を知らせてきた川越のシンボルで、川越藩主の酒井忠勝が作らせたもの。
大火で焼け、明治時代に復元され、現在のものは4代目になります。
3層構造の塔の高さは。奈良の大仏と同じく高さ19メートル。
今でも一日に4回、自動で鐘が鳴るそうです。


蔵造りについては後日触れますが、メインストリートの一番街の町並みを散策していると、香ばしくて美味しそうな匂いが・・・。


74b26f52.jpg


香ばしい炭火焼の焼き鳥


創業昭和47年の焼き鳥屋さん、大松。
辛味噌だれを付けて頂く、ねぎまが人気です。

実は、鶏肉の「やきとり」ではなく、豚肉のカシラを使用した、やきトン。
やきトンを炭火でじっくりと焼き、特製韓国風辛味噌を付けて頂くんです。

豚のカシラ肉(豚のほほとこめかみの部分)に辛味噌タレを付ける方式の「やきとり」は、埼玉県東松山市の名物。
本場東松山市では、100件ほどのお店が東武東上線東松山駅を中心に立ち並んでいるそうです。




d5574aea.jpg


ねぎま 120円


う~ん、旨い!

豚のカシラ肉が程良くしまって歯ごたえもっちもち!
特製ピリ辛の味噌ダレが、まろやかな辛味で、豚肉にとても良く合っています。
美味しくて、何本でも食べたくなってしまいます・・・。
ここでお腹をいっぱいにしてしまっては、他のお楽しみが食べれなくなってしまうので、ぐっと我慢。


大松では、特製キムチやマッコリ、特製辛味噌のみの販売もされています。
中で頂くスペースもありますので、やきとりをほおばりながら、川越散策で疲れた足を休めても良いですね。






■お店情報


住所 埼玉県川越市仲町6-7
    地図
時間 お昼頃-19:00
    土日祝は11時ぐらいから開店
電話 049-224-9846
定休 月曜
    (月曜が祝日の場合は、翌日休み)







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※下に表示される広告はドリコム側が挿入しているもので、
私の記事とは全く関係ありません。


at 11:06|PermalinkComments(5)TrackBack(1)